東京感動線

日本酒の聖地二大巨頭 Vol.1
003

この記事をシェア

お気に入りに追加する

串駒 本店

串駒 本店 2代目女将大林 雪江さん
大林 雪江さん
Scroll

「やっぱりうまい!」が何度も味わえる銘酒居酒屋

強いていえば、美味しい日本酒の店というより、日本酒が美味しく飲める店。
なぜなら串駒本店は、アテが極めて美味な居酒屋だから。
たとえば、2階の関西火鉢で女将の大林雪江さんが焼く「いしり餅」。先代の大林禎氏が銘酒を探す道中で出合った能登の漁醤、いしりを使った串駒の冬の名物だ。

無論、日本酒へのこだわりも強烈だ。
かつて蔵元でしか飲めなかった生酒を仕入れるため、農大教授に教わりながら専用冷蔵庫を自作したこと。
後に入手困難になった山形県・高木酒造の十四代を全国に広めたこと。
それら幾多の逸話を創った先代は4年前に他界した。「けれど」と女将が一言。

「その後も従業員たちは全国の蔵元を訪ね、地元の食材を学んでいます。日本酒に合う料理を出すべきと決めたのが大林でしたから」

串駒の店頭に記された「やっぱり日本酒はうまい!」の「やっぱり」を何度も味わえる店だ。

十四代 本丸(850円)×ウニ白子ホイル焼き(2,900円)






音と一緒に楽しむ

音と一緒に読むことで、臨場感と共に記事をお楽しみください。

BRANDED AUDIO LABEL[SOUNDS GOOD]
Kansai Hibachi in "Kushikoma" around Otsuka Staion (Loop) - YAMANOTE / OTSUKA STATION

アクセス

所在地:東京都豊島区北大塚1-33-25
Tel:03-3917-6657
営業時間:午後6時00分〜午前0時00分(L.O.午後11時00分)
定休日:月曜
www.kushikoma.com

串駒 本店 2代目女将 
大林 雪江さん

大林 雪江さん

串駒本店は1980年開業。十四代は1994年生まれ。
喉の通りのよさに先代が惚れ込んだという。
女将曰く「大林の串駒が十四代の串駒と呼ばれるようになったのが癪だと笑っていました」。本醸造酒の本丸には旬の焼き物を。

この記事をシェア

お気に入りに追加する

関連記事