東京感動線

民と寄り添い続ける
駒込の青果
010

この記事をシェア

お気に入りに追加する

スターフルーツ駒込店

Scroll

今日はやめときな。特売は明日だから!

JR駒込駅北口を出て本郷通りを北に徒歩数分。
霜降橋交差点の手前の細い路地を左折すると、昭和風の霜降銀座商店街がはじまる。
生花店、鮮魚店、精肉店が軒を連ねる中、スターフルーツは最初の十字路の角。
「開店です」と店長の宇佐美人士さんが発した午前10時ちょうど。
その前から店内にいたお客が声を合図にレジで列をつくるのは、ここでは毎日のことのようだ。
開店後も店頭を整えるのに忙しい店長に声をかけてみた。

「心掛け?安さに尽きるね。そう、この夏は台風のせいで値段が荒れたけれど、そういうのもそん時そん時でやるしかないよねぇ」

近くにある豊島市場の起源は17世紀初頭。
駒込周辺の農民が江戸中心地に担ぎ売りに行く途中、近隣の人々に青物を分けたのがはじまりだとか。そんな駒込の歴史とスターフルーツには縁があるのだろうか。

「どうなんだろうね。何しろ店ができて20年だし。野菜も売っているのにスターフルーツと名乗った理由も、たぶん社長はわかってないんじゃないかな。その辺、ちょっといい加減なのよ。あ、ごめんね、お客だ。柿?柔らかいのはこっちのほうだよ」

端的にいえば昔ながらの八百屋。しかしこの店はいまも昔も変わらず、お客に応じながら青果を売る。
1956年にできた商店街を成す一商店として誠実に。紋切り型の口調
で活気を醸しながら。

「キウイ?今日はやめときな。特売は明日だから!」

アクセス

所在地:東京都北区西ヶ原1-58-13
Tel:03-3916-7710
営業時間:午前10時00分〜午後7時00分
定休日:不定休

http://www.shimofuri-ginza.com/star-fruit/

関連記事