TOHOKU EMOTION

運行路線図

列車全体がレストラン空間
東北レストラン鉄道

TOHOKU EMOTION[ 青森県・岩手県]

列車全体がレストラン

デザイン、食、アート、景色など様々な魅力が詰まっており、特に「食」については、目の前で調理されるオープンキッチンをはじめ、列車全体がレストラン空間となる「東北レストラン鉄道」です。三陸の海を眺めながら、東北の食材をふんだんに使ったメニューをお楽しみいただけます。

東北の美味

人気シェフによる東北の食材を使ったオリジナルメニューが、ライブキッチンから運ばれます。「食のサーカス」という言葉をヒントに、年2回担当シェフが替わり、メニュー内容は4回替わるという企画で、繰り返しご利用いただいても飽きのこないものに仕立てます。

上質な車内

列車内は象徴的なライブキッチンスペースをはじめとして、全体がレストラン空間となる設えでつくられた「東北レストラン鉄道」です。
そのほか、随所に東北各地の伝統工芸をモチーフにしたインテリア、オリジナルBGM、車内アートなど、各ジャンルのスペシャリストが担当しています。

運行路線図
デビュー年
2013年10月
運行区間
八戸駅〜久慈駅間

沿線ガイド Travel Guide

TOHOKU EMOTIONが走る沿線各地の
オススメスポットをご紹介します。

TOHOKU EMOTIONの運行ルート地図
  • 沿線スポット1:洋野エモーション
  • 沿線スポット2:種差海岸天然芝生地
  • 沿線スポット3:蕪島
  • 沿線スポット4:葦毛崎展望台
写真:洋野エモーション
洋野エモーション
写真:洋野エモーション

洋野エモーション

東日本大震災の被害を受けたJR八戸線が運転再開し、TOHOKU EMOTIONはデビュー。
沿線地域の皆さまがご乗車のお客さまへ、感謝の気持ちで手を振ってくださいます。
※不定期に開催(往路のみ)

写真:種差海岸天然芝生地
種差海岸天然芝生地
写真:種差海岸天然芝生地

種差海岸天然芝生地

多くの文人たちに愛された種差海岸のなかでも代表的な景観。美しい芝生が波打ち際まで広がっています。

アクセス
種差海岸駅から徒歩約5分
写真:蕪島
蕪島
写真:蕪島

蕪島

春には3万羽以上が飛来するウミネコの繁殖地。日本で唯一間近で巣を観察できる場所です。

アクセス
鮫駅から徒歩約15分
写真:葦毛崎展望台
葦毛崎展望台
写真:葦毛崎展望台

葦毛崎展望台

この展望台は、幕末には異国船の監視に、太平洋戦争では日本軍も監視所として利用していました。

アクセス
鮫駅から車約10分

列車紹介 Introduction

八戸駅でお迎えする列車の外観デザインは「走るレストラン」をイメージした大胆なデザインです。
列車内は、ライブキッチンを中心とした全席レストラン空間。コンパートメント個室車両、ライブキッチンスペース車両、オープンダイニング車両の3両編成。
各車両ごとに、福島の刺子織、青森のこぎん刺し、岩手の南部鉄など、東北各地の伝統工芸をモチーフとしたインテリアを施すなど、随所に発見があり、ライブキッチンスペースでは、調理される様子を目の前で楽しみ、味覚だけでなく、視覚も刺激してくれます。

車内紹介

1号車

コンパートメント個室車両

1号車は7室のコンパートメント個室席とし、壁面ファブリックは「刺子織」(福島)をモチーフとしています。

2号車

ライブキッチンスペース車両

2号車はライブキッチンスペースとし、キッチン背面は「こぎん刺し」(青森)、カウンター壁面は「南部鉄」(岩手)や「南部姫毬」(青森)をモチーフとしています。

3号車

オープンダイニング車両

3号車はオープンダイニングスペースとし、床は「こぎん刺し」(青森)、照明は「琥珀」(岩手)、什器の仕上げ材は「雄勝硯」(宮城)をモチーフとしています。

車両編成

列車の楽しみ方 How to Fun

デザイン、食、アート、景色など様々な魅力が詰まっており、
特に「食」については、目の前で調理されるオープンキッチンをはじめ、
列車全体がレストラン空間となるTOHOKU EMOTIONの楽しみ方をご紹介します。

お食事のご案内

サービススタイル

重厚感のあるサービスというよりも、細かい所作、楽しい仕掛けに心を配ったサービススタイルをめざしました。

人気シェフによる東北の食材を使ったオリジナルメニューが、ライブキッチンから運ばれます。「食のサーカス」という言葉をヒントに、年2回担当シェフが替わり、メニュー内容は4回替わるという企画で、繰り返しご利用いただいても飽きのこないものに仕立てます。

2020年10月~2021年3月のメニューを監修するのは、「CRAFT(手技)」と「TALE(物語)」を合わせた店名に料理と生産者そしてお客様でレストランという物語を紡ぎたいという思いを込めた東京・目黒のフレンチレストラン「CRAFTALE(クラフタル)」の大土橋 真也氏。

2021年4月~9月の往路のメニューを監修するのは、岩手県盛岡市で“食べ終えた後に、心から満足して元気になっていただくための料理づくり”をモットーに正統派フレンチレストランを営む「Chez mura bleu lis(シェムラ ブル・リス)」のシェフ村上知規氏。

往路では、人気シェフの感性と地元食材の融合が織りなすコース料理のお食事を、復路はホテルメトロポリタン盛岡がお届けするTOHOKU EMOTIONオリジナルデザートをゆっくりとお楽しみいただきます。お料理を飾るのは、TOHOKU EMOTIONのためにオリジナルで製作された、東北伝統の技と美の結晶である食器や備品の数々。東北全域の伝統工芸を現代(いま)にあった使い方で演出します。

▍Menu Direction

大土橋 真也
CRAFTALE
(クラフタル)

2020年10月~2021年3月

1984年鹿児島県生まれ。辻調理師専門学校のフランス校を卒業後、東京・西麻布の伝説的なレストラン「ザ・ジョージアンクラブ」(現在閉店)、「シャトーレストラン ジョエル・ロブション」(東京・恵比寿)を経て渡仏。パリのネオビストロ「サチュルヌ」で経験を積む。帰国後、「アニス」(東京・初台)を経て2015年9月に「CRAFTALE」のシェフに就任する。一見すると斬新で個性的な料理も、フランス料理のクラシックなスタイルやロジックを基本として、単なる創作でない、確かな技術に裏付けされた料理を提供しています。

▍Menu Direction

村上 知規
Chez mura bleu lis
(シェムラ ブル・リス)

2021年4月~2021年9月

1969年岩手県盛岡市生まれ。辻調グループフランス校を卒業後、オーヴェルニュ地方の4つ星ホテル「オセアニア・クレルモン・フェラン」にて研修。帰国後はホテルニューオータニ「トゥールダルジャン東京」にてソース部門を始めさまざまな部門のシェフを経て、スーシェフとして活躍する。2013年に地元盛岡にてフランス料理店「Chez mura bleu lis(シェムラ ブル・リス)」を開業。フレンチの伝統を守りながらも、季節感や地元の食材にこだわった「みちのくフレンチ」を提供しています。

▍Dessert Direction

熊谷 崇
Hotel Metropolitan Morioka
(ホテルメトロポリタン盛岡)

復路デザート担当

Lunch Course(往路区間)
*メニュー画像はイメージです。
▍2021年1月~3月

・アミューズ
さつまいものスープ、ビーツのサラダ、柿とかぶのマリネ、菜の花のワサビ和え、カリフラワーのブランマンジェ

・前菜
ぶり大根のサラダ

・魚
白子のムニエル 春菊のスープ

・パン

・メイン
牛タンのマデラ煮込み 麦のリゾット

・プティフール
ケークシトロン、マカロンラズベリー、マルジョレーヌ、ピスタチオとカカオニブのフロランタン

*メニュー画像はイメージです。
▍2021年4月~6月

・アミューズ
新緑の“ベール・マンジェ”
八幡平マッシュルームのクレーム
姫神サーモン オレンジのマリネ
若鶏胸肉“紫波リースリングリオン”ヴァプール
 エストラゴンのマスタードソース
三陸帆立貝 プティレギューム サフランのジュレ

・魚
真鯛“ポーピエット”シャンパーニュのクリーム ハーブの香り

・メイン
牛ほほ肉の煮込み

・プティフール
フォルム ミニョンなフィナンシェ
マドレーヌ
プティシュー
ショコラ トリュフ

▍お飲み物

ビール、白ワイン、赤ワイン、ソフトドリンク、コーヒー&紅茶などをお好きなだけ

  • *メニューの内容・順番は変更する場合がございます。
  • *画像はすべてイメージです。
Dessert & Afternoon Tea(復路区間)
*メニュー画像はイメージです。
▍2020年10月〜2021年3月

・デザートのアソートプレート
・デザートブッフェ
・オードブル

※現在、デザートブッフェとオードブルはお席での提供に変更させていただいております。

*メニュー画像はイメージです。
▍2021年4月〜2021年9月

・デザートのアソートプレート
・デザートブッフェ
・オードブル

※現在、デザートブッフェとオードブルはお席での提供に変更させていただいております。

▍お飲み物

ソフトドリンク、コーヒー&紅茶、ハーブティーなどをお好きなだけ

  • *アルコールの提供もございます。
  • *画像はすべてイメージです。
  • *メニューは一例であり、予告なく変更になることがございます。

アレルギー表示一覧

Adobe Acrobat Readerをダウンロード

PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerダウンロードへ

周辺情報

ロケーション

車窓の景色も
周辺観光も見逃せない魅力

TOHOKU EMOTIONは、三陸の海が広がる八戸線(八戸駅~久慈駅間)を走ります。

景色を眺めながらゆっくりとお食事を楽しんでいただけるよう、各ビュースポットではスピードを落として走行します。

八戸~久慈というロケーションは、ウニ、アワビ、イカ、サバ、短角牛、山ブドウ、シイタケといった海や山からの豊富な食材、小久慈焼きをはじめとする焼き物や織物などの伝統工芸、日本一の白樺林を有する平庭高原、「ウミネコの繁殖地」として国の天然記念物に指定されている蕪島をはじめ、かつて文豪もその美しさを評したという種差海岸など、魅力に溢れるエリアです。

ちょっと足を延ばして、十和田湖や奥入瀬渓流、さらに陸奥湾を望む浅虫温泉、三内丸山遺跡、そして津軽、22万坪の敷地に広がる古牧温泉から下北半島へ。旅の魅力がさらに深まります。

時刻表・運転日 Route & timetables / calendar

ご利用方法 How to Board

旅行商品
発売方法について

発売箇所

最新の空席状況・お問い合わせは、びゅう予約センター03-3843-2001までお電話にてお問い合わせください。

よくある質問

よくある質問はこちら