「SLぐんま みなかみ」と「SLぐんま よこかわ」は、「D51 498」と「C61 20」という2種類の蒸気機関車によって群馬の壮大な自然の中を力強く走っています。
「D51 498」はもともと貨物列車を引くため、「C61 20」は客車を引くための機関車としてつくられました。そのため、この2種類の蒸気機関車は動輪の大きさと数に違いがあります。
「D51 498」は小さい動輪が4軸、「C61 20」は大きい動輪が3軸あります。
動輪が小さいと、走りに「ねばり」が出て坂道に強くなり、動輪が大きいと、振動が少なく乗り心地が良くなります。SLに乗ると、この違いが分かると思うので、ぜひ乗り比べてみてください。

沿線ガイド Travel Guide

SLぐんま みなかみ / SLぐんま よこかわの運行ルート地図(・SLぐんま みなかみ:高崎から水上まで ・SLぐんま よこかわ:高崎から横川まで) SLぐんま みなかみ / SLぐんま よこかわの運行ルート地図(・SLぐんま みなかみ:高崎から水上まで ・SLぐんま よこかわ:高崎から横川まで)
  • 沿線スポット1:水上温泉郷 沿線スポット1:水上温泉郷
  • 沿線スポット2:たくみの里 沿線スポット2:たくみの里
  • 沿線スポット3:吹割の滝 沿線スポット3:吹割の滝
  • 沿線スポット4:谷川岳 沿線スポット4:谷川岳
  • 沿線スポット5:碓氷峠鉄道文化むら 沿線スポット5:碓氷峠鉄道文化むら
  • 沿線スポット6:めがね橋(碓氷第三橋梁) 沿線スポット6:めがね橋(碓氷第三橋梁)
  • 沿線スポット7:磯部温泉 沿線スポット7:磯部温泉
  • 沿線スポット8:アプトの道 沿線スポット8:アプトの道
写真:水上温泉

水上温泉

写真:水上温泉

水上温泉

利根川の源流に沿うようにして続く路線上の各駅には、水上温泉や谷川温泉をはじめとする、水上温泉郷など数々の温泉が点在しています。

アクセス
JR上越線「水上駅」から徒歩約5分。
写真:たくみの里

たくみの里

写真:たくみの里

たくみの里

約350ヘクタールの農村地帯に、農産物加工や陶芸、わら細工、竹細工など観光客が気軽に農村文化を体験できる工房が点在しています。

アクセス
JR上越線「後閑駅」からタクシー約15分。または、JR上越新幹線「上毛高原駅」からタクシーで約15分。
写真:吹割の滝

吹割の滝

写真:吹割の滝

吹割の滝

「東洋のナイアガラ」とも呼ばれる国の天然記念物で、滝の周囲を巡れる遊歩道には3カ所の観瀑台もあり、違う流れの風景が楽しめます。

アクセス
JR上越線「沼田駅」から関越交通バス約40分「吹割の滝」下車後、徒歩約10分。(冬期閉鎖)
写真:谷川岳

谷川岳

写真:谷川岳

谷川岳

スキーやロッククライミングなど山岳スポーツが盛んな、日本百名山の一山です。断崖絶壁と木々が織りなす景色は、まさに絶景です。

アクセス
JR上越線「水上駅」から関越交通バスで約25分、「谷川岳ロープウェイ駅」で下車。谷川岳ロープウェイ「土合口駅」からロープウェイ乗車。
写真:碓氷峠鉄道文化むら

碓氷峠鉄道文化むら

写真:碓氷峠鉄道文化むら

碓氷峠鉄道文化むら

機関車などの野外展示、トロッコ列車の運行や列車の運転体験がある碓氷峠鉄道文化むらをはじめ、沿線では多くの鉄道遺産を楽しめます。

アクセス
JR信越本線「横川駅」隣接。
写真:めがね橋(碓氷第三橋梁)

めがね橋(碓氷第三橋梁)

写真:めがね橋(碓氷第三橋梁)

めがね橋(碓氷第三橋梁)

碓氷川にかかるレンガ作りのアーチ型の橋です。横川~軽井沢間がアプト式鉄道だった時代に使われたものです。

アクセス
JR信越本線「横川駅」から車約10分。横川駅~軽井沢間で、碓氷峠の名所アクセス路線バスの運行あり(季節限定)。
写真:磯部温泉

磯部温泉

写真:磯部温泉

磯部温泉

古くから中山道をゆく旅人に親しまれてきた、碓氷川のほとりの温泉です。温泉マークの発祥の地として知られ、「磯部せんべい」が名物です。

アクセス
JR信越本線「磯部駅」下車。
写真:アプトの道

アプトの道

写真:アプトの道

アプトの道

アプト式鉄道の廃線敷を活用した遊歩道で、ルート上には、碓氷第一トンネルやめがね橋など、明治時代の鉄道遺産が続いています。

アクセス
JR信越本線「横川駅」からすぐ。

全ての場所

車内の紹介 Introduction

C61形蒸気機関車のしくみ

C61の運転台

C61のナンバープレートの記号

D51形蒸気機関車のしくみ

D51の運転台

D51のナンバープレート

車内を楽しめる他の列車 Information