ウェスパ椿山駅

藤崎町の情報はこちら >

観光に関するお問い合わせ

弘前市立観光館 【TEL】0172-37-5501

観光案内所で現地情報をチェック!

弘前市観光案内所(弘前駅1F)
【TEL】0172-26-3600

弘前の冬の景色は、
春の桜に負けない美しさ
幻想的な冬のイベントでうっとり

弘前駅で到着を出迎えてくれたのは、津軽の伝統工芸「こぎん刺し」をイメージした壁面装飾。「弘前城」や「弘前ねぷた」などのデザインが目を楽しませてくれる。りんごの生産量日本一の弘前市。駅構内さまざまなところにりんごモチーフがあるので探してみよう。春の桜で有名な弘前は、冬も見どころいっぱい。大小約200基の雪燈籠や雪像が並ぶ「弘前城雪燈籠まつり」や「洋館のライトアップ」など幻想的な冬のイベントが楽しい。

ウェスパ椿山

スポット

弘前公園(国指定史跡)(弘前城天守・国指定重要文化財)

弘前公園(国指定史跡)
(弘前城天守・国指定重要文化財)

広々とした公園に冬ならではの雪景色が美しい。桜の木に雪が積もり追手門の黒塀に雪が映える。雪燈籠まつりの期間はさらに情緒豊か。ねぷた絵の燈籠に灯りがともり、曳屋によって移動した天守が借景の岩木山に映える様子もこの冬の見どころ。

  • 【お問い合わせ】弘前市立観光館
  • 【TEL】0172-37-5501
  • 【交通】弘前駅からバスで約15分

※弘前城天守、弘前城植物園は11月24日から冬期休館

ホームページはこちら

弘前城本丸石垣修理事業 ~100年ぶりの大修理~

弘前城本丸の石垣に天守を巻き込んだ崩落の恐れが生じ、現在石垣修理事業に着手しています。それに伴い2015年、弘前城天守を約2か月半かけて本丸中央側へ、直線距離にして約70m曳屋しました。石垣修理完了後、再び天守を元の位置に曳き戻す予定ですが、しばらくの間は岩木山を背景にした天守の光景を見ることができます。石垣解体工事が現在進行しており、2019年3月末までに約3,000個の石を取り外します。2017年3月から開始しています。

ホームページはこちら

津軽藩ねぷた村

津軽藩ねぷた村

年中「弘前ねぷた」をお囃子の実演とともに体験でき、津軽の民工芸品の製作実演、津軽三味線の生演奏も体験できる大規模施設。岩木山と弘前公園の老松を借景した津軽独特の大石武学流庭園も趣きがある。

  • 【TEL】0172-39-1511
  • 【交通】弘前駅からバスで約20分

ホームページはこちら

藤田記念庭園

藤田記念庭園

日本商工会議所初代会頭、藤田謙一氏の大正時代の別邸。高台から望む岩木山など借景も素晴らしい。

  • 【お問い合わせ】藤田記念庭園事務所
  • 【TEL】0172-37-5525
  • 【交通】弘前駅からバスで約15分

ホームページはこちら

旧弘前市立図書館(県重宝)

旧弘前市立図書館(県重宝)

明治39年(1906年)に建てられたルネサンス様式と和風様式の調和した建築は、レトロながら今もモダン。

  • 【お問い合わせ】弘前市教育委員会文化財課
  • 【TEL】0172-82-1642
  • 【交通】弘前駅からバスで約15分

ホームページはこちら

虹のマート(弘前食料品市場)

虹のマート(弘前食料品市場)

愛称「虹のマート」こと弘前食料品市場は、見て楽しい、食べて美味しい弘前市民の台所。ポピュラーなものから珍しいものまで数多く取り揃え、ご当地グルメの宝庫として親しまれている。

  • 【TEL】0172-32-6411
  • 【交通】弘前駅から徒歩約3分

※毎週日曜日は休業となります。

可否屋葡瑠満(こうひいやぶるまん)

可否屋葡瑠満(こうひいやぶるまん)

注文を受けてから豆を挽き、1杯ずつペーパードリップでコーヒーを淹れる。自家製ケーキも人気がある。

  • 【TEL】0172-35-9928
  • 【交通】弘前駅から車で約10分

※毎週月曜日・第1日曜日は休業となります。

ホームページはこちら

名曲&珈琲ひまわり

名曲&珈琲ひまわり

現在の場所に店を構えて58年。弘前市の「趣のある建物」にも指定される、ほっと落ち着ける店内。テイクアウト可能な「ミートパイ」は熱々サクサク。ジューシーなお肉に玉ねぎの甘さが引き立つ。

  • 【TEL】0172-35-4051
  • 【交通】弘前駅から徒歩約15分

※毎週木曜日は休業となります。

ホームページはこちら

五能線終点駅標識

五能線終点駅標識

五能線の終点・川部駅でかわいいりんごの標識を発見!東能代駅の起点駅標識とあわせて旅行の思い出に記念撮影をどうぞ!!

弘前城雪燈籠まつり

弘前城雪燈籠まつり

一面の雪におおわれた公園に大小約200基もの雪燈籠が並ぶ。ねぷた絵に灯りがともり、ミニかまくら群や雪像に照明が当てられると詩情あふれる光景が浮かび上がる。天守が曳屋されたことにより、いつもと違った景色が見られる。

日時:2018年2月9日(金)〜12日(月)

  • 【お問い合わせ】弘前市立観光館
  • 【TEL】0172-37-5501

ホームページはこちら

冬に咲くさくらライトアップ

冬に咲くさくらライトアップ

満開のさくらかと思いきや、目の前に広がるのは一面に降り積もった雪。弘前公園では春のさくらのような景色を冬にも楽しむことができる。木々にまとう雪がライトアップされ、美しく雪の華を咲かせる幻想的な光景をぜひご覧あれ。

日時:2017年12月22日(金)~2018年2月下旬

  • 【お問い合わせ】弘前市観光政策課
  • 【TEL】0172-35-1128

※実施場所は、追手門前のお濠です。

ホームページはこちら

グルメ

白神めぐみ寿司

白神めぐみ寿司

海、山、里にあふれる白神の恵みを自由にアレンジ。「五感に響く、心で味わう」をテーマにコース料理を提供。市内8店舗が自慢の味を競う贅の極みを堪能してはいかが。

  • 【お問い合わせ】白神めぐみ寿司実行委員会(TEKUTEKU編集部内)
  • 【TEL】0172-31-2136

ホームページはこちら

白神の魚

白神の魚

津軽西海岸で獲れる様々な魚介を、弘前市内約22店舗の居酒屋、寿司屋、バーなどで提供。各店自慢の料理を楽しもう。

  • 【お問い合わせ】白神の魚普及実行委員会・事務局(TEKUTEKU編集部内)
  • 【TEL】0172-31-2136

ホームページはこちら

けの汁

けの汁

隠し味のズンダが食感のアクセント!山菜や野菜を細かく刻んで煮込んだ津軽地方の郷土料理。

  • 【お問い合わせ】弘前市立観光館
  • 【TEL】0172-37-5501
八助

八助

濃厚な煮干しベースのスープに、細麺、太麺の麺が選べる。濃厚背油コク煮干しに太麺を合わせてピリッと一味でいただくのも絶品。

  • 【TEL】080-5568-4453
  • 【交通】弘前駅から徒歩約7分

※毎週木曜日は休業となります。

おみやげ

ブナコ「Piccolo(ピッコロ)」

ブナコ「Piccolo(ピッコロ)」

丸いフォルムが可愛らしい小物入れ。独自の製法により、美しい木目が生かされる逸品。

  • 【お問い合わせ】ブナコショールーム「BLESS」
  • 【TEL】0172-39-2040
  • 【交通】弘前駅からバスで約10分

ホームページはこちら

津軽こぎん刺しのお土産

津軽こぎん刺しのお土産

津軽の伝統工芸を現代風にアレンジした女性にオススメのお土産。こぎん刺しの素朴な美しさが評判。

  • 【お問い合わせ】弘前こぎん研究所
  • 【TEL】0172-32-0595
  • 【交通】弘前駅からバスで約15分

※土・日曜日・祝日は休業となります。

列車旅の必須アイテム!「ご当地駅弁」

「津軽弁」

津軽の名物をたっぷり詰め込んだお弁当。昔ながらの素朴なごちそう「ばっちゃ御膳」など、豊かなラインナップに舌も喜ぶ。

ばっちゃ御膳 《1,290円・JR弘前駅で販売》

貝焼き味噌や、いがめんち、棒鱈と蕗の煮付けや身欠きニシンの醤油漬など、津軽の家庭の味たっぷりの弁当。

※都合により、注文をお受けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

  • 【お問い合わせ】津軽振興会
  • 【TEL】070-5326-7771

ハタハタ館の晩酌セット

駅周辺マップ

駅周辺マップ

観光にお役立ち!耳より情報

弘前市内循環100円バス

どこから乗ってもどこまで乗っても100円!

100円バス(土手町循環)は弘前駅中央口❷番バス乗り場左横から、10:00〜17:00の間に10分間隔で運行(4月〜11月は10:00〜18:00の間運行)

※城東環状バスは乗り場・運転時間が異なります。

※道路状況によって、運転時間を要する場合があります。

「100円バス共通1日乗車券」を利用すればさらにおトク!1日中100円バスが乗り放題だから、弘前市内観光にピッタリ!

料金:大人500円、中学生300円、小学生200円

当日に限り何回でも乗り降り自由

販売所:弘前バスターミナル、弘南バス弘前駅前案内所

  • 【お問い合わせ】弘南バス(株)弘前バスターミナル
  • 【TEL】0172-36-5061

※100円バスは津軽フリーパスでもご利用できます。

観光体験メニュー

普通列車で藤崎町へ!

観光に関するお問い合わせ

藤崎町企画財政課 【TEL】0172-88-8258

りんごの樹に囲まれ、走る列車
「ふじ」りんごのふるさとへ

川部駅または弘前駅で途中下車して普通列車で藤崎駅へ。列車は、雪化粧をしたりんご畑の間を走る。藤崎町は、日本を代表するりんごの品種「ふじ」発祥の地。町役場前には、「発祥の地」のりんご型の石碑あり。りんご好きには記念撮影をおすすめしたいスポットだ。

ウェスパ椿山

スポット

手作り工房 このはずく

手作り工房 このはずく

旬の野菜などの収穫体験やオリジナルピザを作る食農体験などが体験できる。(要予約制)

  • 【TEL】080-6050-0153(10:00〜15:00)
  • 【TEL】0172-75-4884(18:00〜20:00)
  • 【交通】藤崎駅から徒歩約10分
喜龍温泉 玉の湯

喜龍温泉 玉の湯

広い浴槽にあふれんばかりの源泉が注がれ、細かい泡が心地よい。打たせ湯、サウナも完備の気さくな温泉。

  • 【TEL】0172-75-5666
  • 【交通】藤崎駅から徒歩約10分

※不定休

白鳥ふれあい広場

白鳥ふれあい広場

12月~3月末まで毎年たくさんの白鳥が飛来する藤崎町。この広場には暖かいログハウスもあり野鳥観察にも最適。

  • 【お問い合わせ】藤崎町企画財政課
  • 【TEL】0172-88-8258
  • 【交通】藤崎駅から徒歩約15分

グルメ

いかすみシュー・どらミス

いかすみシュー・どらミス

「いかすみシュー」は、イカスミパウダー入りでシュー皮まで黒いシュークリーム。「どらミス」は、どら焼き&ティラミスのコラボお菓子。

  • 【お問い合わせ】きくち覚誠堂
  • 【TEL】0172-75-2234
  • 【交通】藤崎駅から徒歩約10分

※不定休

ホームページはこちら

大の里

大の里

藤崎出身力士「大ノ里」の名を冠した銘菓。中にはりんごあんがたっぷり。

  • 【お問い合わせ】アントルメ佐藤菓子店
  • 【TEL】0172-75-2217
  • 【交通】藤崎駅から徒歩約7分

※毎週水曜日は休業となります。

ホームページはこちら

かりんとうまんじゅう

かりんとうまんじゅう

ひとくち食べると皮のカリカリ感と、たっぷり詰まったこしあんが幸せな気分にさせてくれる。沖縄産の黒糖を使った皮に餡を包んで揚げた一品はお土産にぜひどうぞ。

  • 【お問い合わせ】きくち覚誠堂
  • 【TEL】0172-75-2234
  • 【交通】藤崎駅から徒歩約10分

※不定休

ホームページはこちら

最寄り駅 奥羽本線 北常盤駅

食彩ときわ館

食彩ときわ館

地元産の新鮮な農産物が並び、旬の時期には、りんごやニンニク、アスパラガスが人気を集める。

  • 【TEL】0172-65-3660
  • 【交通】北常盤駅から徒歩約20分

ホームページはこちら

たまご最中・ジャン坊くん

たまご最中・ジャン坊くん

「たまご最中」は、見た目が半熟たまごそっくりの最中。「ジャン坊くん」は、藤崎町のマスコットキャラ・「ジャン坊くん」をモチーフにした生どら焼き。

  • 【お問い合わせ】イシザワ菓子舗
  • 【TEL】0172-65-2245
  • 【交通】北常盤駅から徒歩約5分

※不定休

ホームページはこちら

観光体験メニュー

上に戻る