八郎潟駅

観光に関するお問い合わせ

八郎潟町産業課 【TEL】018-875-5803

大潟村観光案内所(干拓博物館内)【TEL】0185-22-4113

大潟村産業建設課【TEL】0185-45-3653

(一社)男鹿市観光協会 【TEL】0185-24-4700

八郎潟駅では、「リゾートしらかみ4号・6号」の出発時間帯は、乗車券・指定席券などの発売はおこなっておりません。

酒蔵の中で写真展を鑑賞!?

日本一の干拓地・大潟村や「なまはげ」の里・男鹿半島の最寄り駅が八郎潟駅。ここで途中下車して奥羽本線に乗り換え、電車で約7分の羽後飯塚駅へ。駅から歩くこと約10分、秋田を代表する酒・味噌・醤油の醸造元「小玉醸造」に到着だ。ここは蔵の中にフォトギャラリーを持つ珍しい蔵元。アートと酒蔵見学、両方楽しめる。

八郎潟駅

スポット

ゴジラ岩

ゴジラ岩

シルエットがまるでゴジラ!?な潮瀬崎(しおせざき)に構える岩。サンセット時が狙い目。

男鹿半島・大潟ジオパーク

「ジオパーク」とは、科学的に価値の高い地形や地質を複数含んだ自然公園のこと。「ゴジラ岩」は、潮瀬崎ジオサイト(ジオパークの見どころ)にあるおすすめスポットのひとつ。

  • 【お問い合わせ】男鹿半島・大潟ジオパーク推進協議会
     男鹿市教育委員会 生涯学習課ジオパーク推進班
  • 【TEL】0185-24-9104
  • 【お問い合わせ】大潟村干拓博物館
  • 【TEL】0185-22-4113

ホームページはこちら

大潟村干拓博物館

大潟村干拓博物館

かつて日本で2番目に大きな湖だった八郎潟干拓の歴史をジオラマや写真で展示。村を築いてきた村民の臨場感あふれるガイドはおすすめ。

  • 【TEL】0185-22-4113
  • 【交通】八郎潟駅から車で約20分

※第2・第4火曜日が休館となります。

ホームページはこちら

モール温泉

モール温泉

天然保湿成分たっぷりの美肌効果のある湯が特徴。からだの芯まで温まる。

  • 【お問い合わせ】ポルダー潟の湯
  • 【TEL】0185-45-2641
  • ※第2火曜日は休業となります。
  • 【お問い合わせ】ホテルサンルーラル大潟
  • 【TEL】0185-45-3311
  • ※日帰り入浴は第1・第3月曜日が休業となります。
  • 【交通】八郎潟駅から車で約20分

ポルダー潟の湯のホームページはこちら

ホテルサンルーラル大潟のホームページはこちら

男鹿真山伝承館

男鹿真山伝承館

民俗行事として大晦日に行われるなまはげ行事を実演。古い伝統としきたりを厳粛に受け継いでいる男鹿真山地区のなまはげ習俗が体感できる。

  • 【TEL】0185-33-3033
  • 【交通】八郎潟駅から車で約60分

※開講時間/9:00~11:30、13:30~16:30(30分毎に開講)1日13回

ホームページはこちら

なまはげ館

なまはげ館

男鹿市内各地区の「なまはげ」が勢揃い。一つ一つ、面が違うので注意して見てみよう。変身コーナーではなまはげの面や衣装を身につけて、記念撮影もOK。

  • 【TEL】0185-22-5050
  • 【交通】八郎潟駅から車で約60分

ホームページはこちら

小玉醸造フォトギャラリー ブルーホール

小玉醸造フォトギャラリー ブルーホール

明治12年創業当時は味噌、醤油の醸造から始まり、大正2年から酒造業も手がけた。あえて時間も手間もかかる生酛や吟醸を主力にしたこだわりの蔵元。ブルーホールは水中写真家・中村征夫のフォトギャラリーで、小玉醸造の貯蔵庫を利用している。

  • 【TEL】018-877-5772
  • 【交通】羽後飯塚駅から徒歩約10分

※8月13日は休業となります。

ホームページはこちら

グルメ

あんごま餅

あんごま餅

やわらかい餅の上に、ほどよい甘さのこしあんをのせて、さらにその上には黒すりごまをふんだんに。ごまの香りのよさと、やさしい味わいにほれ込んだ根強いファンも多い。

  • 【お問い合わせ】畠栄菓子舗
  • 【TEL】018-875-2719
  • 【交通】八郎潟駅から徒歩約5分

※毎週火曜日は休業となります。

ホームページはこちら

観光体験メニュー

上に戻る