1. JR東日本トップ
  2. 駅・鉄道/旅行・観光
  3. お身体の不自由なお客さまへ
  4. 歩行の不自由なお客さまへ
  5. 車いすをご利用のお客さまへ

お身体の不自由なお客さまへ

現在のページは 歩行の不自由なお客さまへ車いすをご利用のお客さまへです。

  • ハンドル形電動車いすをご利用のお客さまへ
  • 手動の車いす・ジョイスティック形電動車いすをご利用のお客さまへ
  • 駅の主な設備紹介
  • 車内の主な設備紹介

ハンドル形電動車いすをご利用のお客さまへ

ご利用になる前に必ずお読みください。

ハンドル形電動車いすのイメージ

ハンドル形電動車いすでのご利用は、次のいずれかを満たすお客さまに限ります。

  • 補装具費支給制度により真にハンドル形電動車いすの利用が必要として支給を受けているお客さま
    ※これまでに補装具支給制度による判定を受け、現在、介護保険による貸与を受けているお客さま、また2006年4月以前に、身体障害者福祉法、児童福祉法に基づく補装具給付制度により、ハンドル形電動車いすを給付されたお客さまを含みます。
  • 障害者または障害者と同程度の障害を有するお客さまであって、介護保険制度により真にハンドル形電動車いすの利用が必要として判定がなされ貸与されているお客さま

ご利用の際は、以下の証明書等のうち、いずれかを提示してください。

  • ハンドル形電動車いす交付証明書
  • 補装具交付決定通知書
    (決定内容欄にハンドル形電動車いすと記述のあるものが対象となります。)
  • 補装具費支給決定通知書
    (決定内容欄にハンドル形電動車いすと記述のあるものが対象となります。)
  • ハンドル形電動車いすに係る補装具費支給証明書
  • 障害者手帳の補装具欄に「ハンドル形」の記載があり、市町村の確認印がある障害者手帳
  • 介護保険制度により指定福祉用具貸与事業所が発行するハンドル形電動車いす提供証明書

長さ・高さが120センチ以内で、幅が70センチ以内のものは、車内に無料で持ち込めます。

駅構内では、低速(約2km/h以下)で、十分なご注意のもと安全な運転をお願いいたします。

駅において、車いすをご利用のお客さまへは、係員がホームまでのご案内および列車の乗降のお手伝いをさせていただきます。

ご案内に時間がかかる場合があります。ご利用にあたっては、十分な余裕をもって駅にお越しくださいますようお願いいたします。

駅によっては、事前にご連絡いただきますようご協力をお願いいたします。事前にご連絡をいただいても、ご希望に添いかねる場合がございます。なお、ご旅行のご予定が決まりましたらできるだけ早くご連絡ください。利用可能な駅の電話番号については「らくらくおでかけネット」の中でご覧いただけます。

「らくらくおでかけネット」はこちら

上記リンクから交通エコロジー・モビリティ財団が運営する駅のバリアフリーに関する情報がご覧いただけます。「らくらくおでかけネット」内の「駅・ターミナル情報」から検索してください。

※ハンドル形車いすとは、ハンドル操作により操縦する電動車いすで、3輪式および4輪式のもののことをいいます。

ハンドル形電動車いすでご利用いただける駅・車両

ハンドル形電動車いすは、設備の整備された駅(乗換えの駅を含みます。)相互間で、ご利用できます。

ハンドル形電動車いすのご利用可能駅一覧

ハンドル形電動車いすでご利用できる車両は、デッキのついていない車両に限ります。当社の新幹線や在来線特急列車などを含め、デッキ付きの車両はご利用いただけません。
ただし、社団法人交通バリアフリー協議会が過去に認定または一般社団法人日本福祉用具評価センターにて認定した機種であり、社団法人交通バリアフリー協議会がこれまでに発行または一般社団法人日本福祉用具評価センターが発行した「改良型ハンドル形電動車いす用ステッカー」が当該車いすに貼付されている「改良型ハンドル形電動車いす」は一部のデッキ付き車両をご利用いただけます(多目的室をご利用になる場合に限ります)。

※上記「改良型ハンドル形電動車いす」でご利用可能なデッキ付き車両

  • 東北・秋田新幹線(E5系・E6系)
  • 北陸新幹線(E7系)
  • 成田エクスプレス(E259系)
  • 常磐線特急(E657系)

お申し込みの際には証明書等および「改良型ハンドル形電動車いす」の認定ステッカーが車いすに貼付されていることを確認させていただきます。ご乗車の1ヶ月前の日の10時から2日前までにご利用される列車の乗車駅でお申し込みください。

※改良型ハンドル形電動車いすおよび改良型ハンドル形電動車いす用ステッカーにつきましては、一般社団法人日本福祉用具評価センターでご案内しております。

「改良型ハンドル形電動車いす用ステッカー」のお申し込み概要はこちら

その他のご注意点

  • 駅・列車内で化粧室のご利用などがおひとりでできないお客さまには、必ず介助の方がご同伴いただきますようにお願いします。
  • 介助の方には、駅・列車内での介護や援助および緊急時の誘導などをお願いします。
  • ご利用いただける駅間であっても、混雑時や運輸上支障のある場合、または取扱時間帯などによってはご利用いただけない場合がございます。
  • 鉄道施設等の利用中にハンドル形電動車いすの利用が原因で発生した事故、紛争および器物の破損などについては、お客さまの責任にて処理していただくこととし、弊社は一切責任を負いかねます。
  • その他の取扱いは旅客営業規則によります。

ページの先頭へ

各種必要書類について

ご利用の際に提示が必要な証明書等

ご利用の際は、以下の証明書等のうち、いずれかを提示してください。

  • ハンドル形電動車いす交付証明書
  • 補装具交付決定通知書
    (決定内容欄にハンドル形電動車いすと記述のあるものが対象となります。)
  • 補装具費支給決定通知書
    (決定内容欄にハンドル形電動車いすと記述のあるものが対象となります。)
  • ハンドル形電動車いすに係る補装具費支給証明書
  • 障害者手帳の補装具欄に「ハンドル形」の記載があり、市町村の確認印がある障害者手帳
  • 介護保険制度により指定福祉用具貸与事業所が発行するハンドル形電動車いす提供証明書

証明書等の見本はこちら

ハンドル形電動車いすによる鉄道施設利用証ステッカー交付申請書

鉄道利用ステッカーのイメージ

弊社ではハンドル形電動車いすへ貼付することで証明書等の係員の提示に代えることができる「鉄道施設利用証ステッカー交付制度」に加盟しております。この「鉄道施設利用証ステッカー交付制度」に加盟している各社では、ご利用の都度、係員へ証明書等を提示する手間がかかりません。ハンドル形電動車いすでご利用のお客さまは、鉄道施設利用証ステッカーの交付を受けられることをお勧めいたします。
「ハンドル形電動車いすによる鉄道施設利用証ステッカー交付申請書」に必要事項をご記入いただき、「鉄道施設利用証ステッカー交付制度」に加盟している鉄道事業者へ郵送していただきますようお願いいたします。
なお、弊社では次の各支社でも郵送による申請書の受付をおこなっております。

「ハンドル形電動車いすによる鉄道施設利用証ステッカー交付申請書」はこちら

送付先一覧表
送付先 郵便番号 住所
JR東日本 東京支社 総務部 〒114-8550 東京都北区東田端2丁目20番68号
JR東日本 横浜支社 営業部 〒220-0023 神奈川県横浜市西区平沼1丁目40番26号
JR東日本 八王子支社 営業部 〒192-8502 東京都八王子市旭町1番8号
JR東日本 大宮支社 営業部 〒330-9555 埼玉県さいたま市大宮区錦町434番地4
JR東日本 高崎支社 営業部 〒370-8543 群馬県高崎市栄町6番26号
JR東日本 水戸支社 営業部 〒310-0011 茨城県水戸市三の丸1丁目4番47号
JR東日本 千葉支社 営業部 〒260-8551 千葉県千葉市中央区弁天2丁目23番3号
JR東日本 仙台支社 営業部 〒980-8580 宮城県仙台市青葉区五橋1丁目1番1号
JR東日本 盛岡支社 運輸部 〒020-0034 岩手県盛岡市盛岡駅前通1番41号
JR東日本 秋田支社 運輸部 〒010-0001 秋田県秋田市中通7丁目1番1号
JR東日本 新潟支社 営業部 〒950-8641 新潟県新潟市花園1丁目1番1号
JR東日本 長野支社 運輸部 〒380-0927 長野県長野市栗田源田窪992番地6

ハンドル形電動車いすによる鉄道利用ステッカー再交付申請書

鉄道施設利用証ステッカーの再交付を希望されるお客さまは、「ハンドル形電動車いすによる鉄道施設利用証ステッカー再交付申請書」に必要事項をご記入いただき、「鉄道施設利用証ステッカー交付制度」に加盟している鉄道事業者へ郵送していただきますようお願いいたします。

「ハンドル形電動車いすによる鉄道施設利用証ステッカー再交付申請書」はこちら

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。

Adobe Readerダウンロードへ

  • 歩行の不自由なお客さまへ
  • 目の不自由なお客さまへ
  • 耳やことばの不自由なお客さまへ
  • ご病気やおけがをされているお客さまへ
  • 障害者割引制度のご案内
  • お身体の不自由なお客さまへトップに戻る

ページの先頭へ