ページのトップへ戻る

モビリティ変革コンソーシアム Mobility Innovation Consortium

概要About

趣旨

少子高齢化や地球環境問題などの社会問題から将来の公共交通についてもそのあり方が問われています。また、IoTやビッグデータ、AIを中心とした様々な先進技術が今後加速度的に進展することが予想されています。 「モビリティ変革コンソーシアム」は解決が難しい社会課題や、次代の公共交通について、交通事業者と、各種の国内外企業、大学・研究機関などがつながりを創出し、オープンイノベーションによりモビリティ変革を実現する場として設立されました。

2016年11月8日「技術革新中長期ビジョン」の策定 [PDF/1.3MB]

2017年9月5日「モビリティ変革コンソーシアム」の設立について [PDF/824KB]

2018年9月4日「モビリティ変革コンソーシアム」の実証実験開始について[PDF/1.1MB]

2018年11月27日「案内AIみんなで育てようプロジェクト」共同実証実験開始について[PDF/678KB]

2018年12月7日「JR 東日本管内のBRT におけるバス自動運転の技術実証」の実施について[PDF/488KB]

主な活動内容と体制

  1. ステアリングコミッティ
    コンソーシアムにおける各種活動の統括・管理及び意思決定を行う。
  2. ワーキンググループ
    モビリティ変革を推進するため、特定テーマでの調査・実証・提言などを行う。
  3. アイデアソンなどのイベント
    モビリティ変革に関連する先進サービスや先進技術のアイデアを募集するイベントを開催する。
  4. テーマ勉強会
    モビリティ変革に関連する先進サービスや先進技術の知見を深めるために、特定テーマでの勉強会を開催する。
  5. 総会(全体会議)
    コンソーシアムの活動報告の他、参加者同士の新たな連携構築、知見の共有を行う。

ワーキンググループテーマ

  1. Door to Door 推進 WG
    鉄道ネットワークを中心としたモビリティ・リンケージ・プラットフォームを構築し、出発地から目的地までの「シームレスな移動」の実現をめざします。
  2. Smart City WG
    街の特性に応じたお客さまの移動機会・移動目的の創出と、駅及び駅周辺の魅力度・快適性を向上することで、駅を核とした新しい街づくりをめざします。
  3. ロボット活用 WG
    お客さまサービスの品質向上、当社ならびにグループ会社社員の作業安全性向上・作業効率化、メンテナンス業務革新をめざしたロボット活用を進めていきます。

※この他にも、公共交通の安全・安心、オペレーション&メンテナンス、サービス&マーケティング、エネルギー・環境に関わる様々なテーマを検討してまいります。

設立日

2017年9月5日(火)

ステアリングコミッティ

  1. 委員長
    浦壁 俊光(東日本旅客鉄道株式会社 技術イノベーション推進本部 企画部門 部長)
    副委員長
    佐藤 勲(東日本旅客鉄道株式会社 技術イノベーション推進本部 ITストラテジー部門 部長)
    小川 一路(東日本旅客鉄道株式会社 技術イノベーション推進本部 技術戦略部門 部長)
  2. 委員
    石戸 奈々子氏(NPO法人CANVAS 理事長)
    川添 雄彦氏(日本電信電話株式会社 取締役・研究企画部門長)
    西野 壽一氏(株式会社日立製作所 代表執行役 執行役副社長)
    羽藤 英二氏(東京大学大学院工学系研究科 教授)
    林 千晶氏(株式会社ロフトワーク 代表取締役)
    原田 昇氏(東京大学大学院工学系研究科 教授)
    藤野 直明氏(株式会社野村総合研究所 産業ITイノベーション事業本部 主席コンサルタント)
    安田 啓紀氏(株式会社日建設計 ソリューショングループ ストラテジスト)

事務局

アーサー・ディ・リトル・ジャパン株式会社
株式会社ジェイアール東日本企画
JR東日本コンサルタンツ株式会社
東日本旅客鉄道株式会社

組織図

スケジュールSchedule

2019年
520
第3回 総会
2019年
531
Door to Door推進 WG
2019年
64
第8回 ステアリングコミッティ

募集要項Requirements

少子高齢化や、IoT、ビッグデータ、AIなどの先進技術の進展を見据えて、解決が難しい社会課題の解決や次代の公共交通施策に関する実証、提言など、オープンイノベーションで共にモビリティ変革を推進する会員を募集します。

募集対象
アイデアや技術をとおして、モビリティ変革を実現したいと考える交通事業者、国内外企業及び大学・研究機関など
募集会員
  1. 運営会員(ワーキンググループ会員)
    ワーキンググループのメンバーとして特定テーマでの調査・実証実験などを推進する。また、総会やテーマ勉強会への参加を通じて本コンソーシアムの活動やモビリティ変革に関する情報を発信・収集する。
  2. 一般会員
    総会やテーマ勉強会への参加を通じて、本コンソーシアムの活動やモビリティ変革に関する情報を発信・収集する。

※入会の可否及び会員種別はステアリングコミッティにおいて選定させていただきます。

募集条件
  1. 運営会員(ワーキンググループ会員)
    コンソーシアムの趣旨及び規約に賛同いただけ、コンソーシアムのワーキンググループ活動に参加できる企業、大学・研究機関など
  2. 一般会員
    コンソーシアムの趣旨及び規約に賛同いただける企業、大学・研究機関など
年会費
  1. ケースA:企業の場合(企業会員)
    A-1 運営会員(ワーキンググループ会員)
    40万円(税抜き)
    A-2 一般会員
    10万円(税抜き)
  2. ケースB:大学及び研究機関の場合(学術会員)
    B-1 運営会員(ワーキンググループ会員)
    無料
    B-2 一般会員
    無料

活動Action

2019年4月17日 「Door to Door 推進WG」開催

2019年4月17日 「第2回空飛ぶクルマ勉強会」開催

2019年4月16日 「Smart City WG」開催

2019年3月14日 「ロボット活用WG」開催

2019年3月12日 「Smart City WG」開催

2019年3月5日 「第6回テーマ勉強会」開催

2019年3月5日 「第6回テーマ勉強会」開催

国土交通省 日下雄介 様

2019年3月5日 「第6回テーマ勉強会」開催

アーサー・ディ・リトル・ジャパン(株)
三ツ谷翔太 様

第6回テーマ勉強会は、国土交通省総合政策局交通政策企画調整官の日下雄介様、アーサー・ディ・リトル・ジャパン パートナー三ツ谷翔太様より基調講演をいただきました。
日下様からは、日本の抱えた社会課題を踏まえて、都市と地方の新たなモビリティサービスを考えた日本版MaaSについて、モビリティサービス懇談会の内容とともに、来年度の新モビリティサービス推進事業の計画も含めご講演いただきました。
また三ツ谷様からは、海外のMaaS事例より、モビリティを取り巻く価値創出の可能性について、広い視野でビジネスモデルを設計していくことの重要性とともに、多様なプレイヤーが集合した本コンソーシアムが今後どのようにモードチェンジすべきかというご示唆をいただきました。
実証実験も本格化している中、来年度以降のコンソーシアム活動について、一度振り返るとても良い機会となりました。

2019年3月1日 「Door to Door 推進WG」開催

2019年2月26日、3月1日 Smart City WGテーマ「踏切の安全の高度化」の実証実験を実施

Smart City WGの実証実験「踏切の安全の高度化」が2月26日、3月1日に実施されました。
幹事会社(日本信号)の久喜事業所において、模擬踏切を用いた踏切動作情報の伝送実験を行いました。

2019年2月24日 「第1回モビリティサービスアイデアソン【NewHere project】」開催

2019年2月24「第1回モビリティサービスアイデアソン【NewHere project】」開催

モビリティ変革コンソーシアムでは、これまでにない新たな価値を生み出す仕掛けとして、新たにアイデアソン「NewHere project」を立ち上げました。
今回は「NewHere Project」第1回として渋谷エリアを舞台に未来の暮らしに必要な「モビリティサービス」を考えるアイデアソンを実施しました。

2019年2月14、15日「塗装・素地調整業務における自動化・効率化の在り方の検証」の実証実験を実施

2019年2月14、15日「塗装・素地調整業務における自動化・効率化の在り方の検証」の実証実験を実施

ロボット活用WGの実証実験「塗装・素地調整業務における自動化・効率化の在り方の検証」が実施されました。
素地調整機の開発に向けて、素地調整の閾値設定、試験体製作等を行いました。

2019年2月5日〜3月7日 Smart City WGテーマ「駅ビル等のセキュリティ高度化」の実証実験を実施

Smart City WGの実証実験「駅ビル等のセキュリティ高度化」が2月5日に実施されました。
錦糸町駅南口や錦糸町ステーションビル(テルミナ)にて、インシデント時における注意喚起・誘導・警備等のあり方に関する実証実験を行いました。

2019年2月4日〜3月1日 Smart City WGテーマ「エコステのレジリエンス拠点化」の実証実験を実施

2019年2月4日〜3月1日 Smart City WGテーマ「エコステのレジリエンス拠点化」の実証実験を実施

Smart City WGの実証実験「エコステのレジリエンス拠点化」が実施されました。
2月4日、18日、3月1日にDIG(Disaster Imagination Game)という手法を用いた防災ワークショップを行い、さまざまな議論を行いました。また、2月22日にi-dio波と呼ばれる実際の電波を使った情報伝送実験を行いました。

2019年2月1日〜3月7日 Smart City WGテーマ「センサ取得データの解析による快適性向上とコスト最適化」の実証実験を実施

Smart City WGの実証実験「センサ取得データの解析による快適性向上とコスト最適化」が実施されました。
東京駅隣接のサピアタワー1階ロビーに感情センサ・温度センサ等を設置し、得られたデータを分析することで、快適性向上やコスト最適化に関する検討を行っています。本実証実験は2月1日より3月7日まで実施されました。

2019年2月 Smart City WGテーマ「地域に即した駅を中心とした次世代街モデル」の実証実験を実施

Smart City WGの実証実験「地域に即した駅を中心とした次世代街モデル」を実施しています。
会津若松市におけるIT活用状況のアンケート調査等を通して、次世代街モデルの構築を行っていく予定です。

2019年2月 Smart City WGテーマ「マイクログリッド・新技術等を活用した再エネ融通」の実証実験を実施

Smart City WGの実証実験「マイクログリッド・新技術等を活用した再エネ融通」を実施しています。
仮想エネルギーネットワークでの計算機シミュレーションを行い、再エネ融通のモデルを確立していく予定です。

2019年1月28日 「第1回空飛ぶクルマ勉強会」、「ロボット活用WG」開催

2019年1月25日「河床解析業務を対象とした測深技術についての検証」の実証実験を実施

2019年1月25日「河床解析業務を対象とした測深技術についての検証」の実証実験を実施

ロボット活用WGの実証実験「河床解析業務を対象とした測深技術についての検証」が実施されました。
測深技術単体の技術実証、ドローン飛行の実験を行いました。

2019年1月18日 「Door to Door 推進WG」開催

2019年1月10日 「Smart City WG」開催

2018年12月12日〜2月28日 Door to Door推進WGテーマ「JR東日本管内のBRT自動運転の技術実証」

2018年12月12日〜2月28日 Door to Door推進WGテーマ「JR東日本管内のBRT自動運転の技術実証」

Door to Door推進WGでは、「JR東日本管内のBRT自動運転の技術実証」が行われました。
12月12日〜2月28日の間、大船渡線BRT専用道を用いたバスの自動運転の技術実証として、磁気マーカによる、正着制御、自車位置推定、信号制御による交互通行、車両位置計測などについて、検証を行いました。

2018年12月12日 「第5回 テーマ勉強会」開催

2018年12月12日 「第5回 テーマ勉強会」開催

経済産業省 増田陽洋 様

2018年12月12日 「第5回 テーマ勉強会」開催

一般財団法人計量計画研究所 
牧村和彦 様

第5回テーマ勉強会は、経済産業省自動車課課長代理の増田陽洋様及び一般財団法人計量計画研究所理事の牧村和彦様より基調講演をいただきました。
増田様からは、過日経済産業省様が発表された「IoTやAIが可能とする新しいモビリティサービスに関する研究会」の中間整理の内容を中心に、次代のモビリティサービスを実現に向けた国と各企業との強い連携の大切さをご講演いただきました。
また牧村様からは、モビリティサービスの最適化の先に描く都市デザインについてご講演いただきました。本コンソーシアムでもモビリティ変革の先にどのような社会を考えるのかということを意識して活動しております。
今回のお二方のご講演は、全会員にとって次代の社会を考えるヒントを得る貴重な機会となりました。

2018年12月7日 ロボット活用WGテーマ「案内AIみんなで育てようプロジェクト」の実証実験を実施

2018年12月7日 ロボット活用WGテーマ「案内AIみんなで育てようプロジェクト」の実証実験スタート

ロボット活用WGの実証実験として、「案内AIみんなで育てようプロジェクト」が12月7日からスタートしました。
東京駅、浜松町駅、品川駅、新宿駅、池袋駅、上野駅の合計6駅等24箇所で、メーカー等18社、JR東日本グループ15社の合計33社にご参加いただき、3月15日まで実証実験を行いました。

2018年11月21日 「Smart City WG」開催

2018年11月16日 「Door to Door 推進WG」開催

2018年10月15日 「ロボット活用WG」開催

2018年10月11日 「Door to Door 推進WG」開催

2018年10月5日〜11月23日 Smart City WGテーマ「トレイン&サイクルが拓くまちの魅力」の実証実験を実施

2018年10月5日 Smart City WGテーマ「トレイン&サイクルが拓くまちの魅力」の実証実験スタート

Smart City WGの実証実験「トレイン&サイクルが拓くまちの魅力」が、10月5日より実施されました。サイクルモニタが、館山近辺を自転車で走ってまちの魅力を発見・発掘し、ワークショップで新たな知見を創出しました。

2018年10月5日〜12月10日 Door to Door 推進WGテーマ「Suica 認証による交通事業者・デマンド交通・商業施設の連携に関するMaaS実証」の実証実験を実施。

2018年10月5日 Door to Door 推進WGテーマ「Suica 認証による交通事業者・デマンド交通・商業施設の連携に関するMaaS実証」の実証実験スタート

Door to Door推進WGの実証実験として、「Suica認証による交通事業者・デマンド交通・商業施設に関するMaaS実証」が10月5日〜12月10日にかけて横浜市とNTTドコモが主催する横浜市プロジェクトと連携して行われました。
※「AI 運行バス」は、株式会社NTT ドコモの商標です。

2018年9月12日〜10月31日 Smart City WGテーマ「駅からはじまるスポーツのまち」の実証実験を実施

2018年9月12日 Smart City WGテーマ「駅からはじまるスポーツのまち」の実証実験スタート
(左)海浜幕張駅サイネージ (中央)ZOZOマリンスタジアムサイネージ (右)スマートフォンアプリ

Smart City WGの実証実験「駅から始まるスポーツのまち」が実施されました。海浜幕張駅、千葉ロッテZOZOマリンスタジアムでのサイネージ及びスマートフォンアプリによる案内により、お客さまの新たな楽しみや移動の創出を試みました。

2018年9月6日 「第6回 Smart City WG」開催

2018年9月4日「第4回 テーマ勉強会」開催
東京大学大学院情報学環 越塚登 教授
「MaaS:Mobility as a Service "IoTとOpen Dataによる共創"」

2018年9月4日「第4回 テーマ勉強会」開催

第4回テーマ勉強会は、東京大学大学院情報学環副学環長の越塚登教授より「MaaS:Mobility as a Service "IoTとOpen Dataによる共創"」と題してご講演いただきました。講演の中で、MaaSの目指す移動体験の価値最大化には、お客さまと交通事業者が価値を共に創る"共創”という考えが重要であることをご説明いただきました。そしてその上で、共創を実現するための手段として現在広がっている公共交通に関するOpen Dataの取組みや、まちづくりの取組みをご紹介いただきました。

2018年8月23日「第8回 Door to Door推進WG」開催

2018年7月24日「第7回 Door to Door推進WG」開催

2018年7月24日「第7回 Door to Door推進WG」開催

2018年7月23日「第6回 ロボット活用WG」開催

018年7月23日「第6回 ロボット活用WG」開催

2018年7月5日「第5回 Smart City WG」開催

2018年6月15日「第6回 Door to Door推進WG」開催

2018年5月21日「第2回 総会」開催

2018年5月21日「第2回 総会」開催

委員長の浦壁から会員の皆さまにご挨拶を、事務局からは参加会員の状況報告や各種規約内容の変更提案の他、各WGの進捗状況と今後の実証実験についてご説明しました。

2018年5月21日「第3回 テーマ勉強会」開催
産業技術総合研究所 人間情報研究部門長 持丸正明氏
「企業知識価値を産み出すデータデザイン 〜製品+サービスによるIoT時代のイノベーション〜」

2018年5月21日「第3回 テーマ勉強会」開催

第3回目のテーマ勉強会は、産業技術総合研究所人間情報研究部門の持丸部門長より、「企業知識価値を生み出すデータデザイン」と題してご講演頂きました。
講演の中では、ビッグデータ社会におけるディープデータの重要性や顧客とサービスの価値を創っていく「Co-Creation」の大切さについて、ご教授頂きました。

2018年4月18日「第4回Smart City WG」開催
2018年4月20日「第4回Door to Door 推進WG」開催
2018年4月23日「第5回ロボット活用WG」開催
(写真は、「ロボット活用WG」の様子)

2018年4月23日「第5回ロボット活用WGの様子

第5回ロボット活用WGでは、活動開始する各サブWGの活動計画について幹事企業より説明がありました。
また、有識者よりロボット導入事例に関する講演が行われました。

2018年3月5日「第2回 テーマ勉強会」開催

2018年3月2日「第3回ロボットの活用WG」開催
2018年3月7日「第3回Smart City WG」開催
2018年3月13日「第3回Door to Door 推進WG」開催
(写真は、「Door to Door 推進WG」の様子)

2018年3月13日「Door to Door 推進WG」の様子

第3回Door to Door推進WGでは、事務局から今後の活動について発表され、それぞれの活動について事務局とともに幹事を務める会員より説明がありました。

2018年2月15日「第2回Door to Door 推進WG」開催
2018年2月16日「第2回ロボットの活用WG」開催
2018年2月19日「第2回Smart City WG」開催
(写真は、「Door to Door 推進WG」の様子)

2018年2月19日「Door to Door 推進WG」の様子

第2回Door to Door推進WGでは、多くの会員からDoor to Doorに関するアイデアや技術が紹介されました。

2018年1月11日「第1回Door to Door 推進WG」「Smart City WG」開催
2018年1月12日 「第1回ロボットの活用WG」、「一般会員向け説明会」開催
(写真は、「Smart City WG」の様子)

2018年1月11日「Smart City WG」の様子

第1回Door to Door推進WG、Smart City WG、ロボット活用WG及び一般会員向け説明会が開催され、各WG毎の今後の具体的な進め方や知財の取扱い等に関する説明が事務局より行われました。
会員企業からもWGを進めていくにあたっての、様々な質問が寄せられて理解を深める場となりました。
今後、各WGではそれぞれの進め方に従い実証実験を目指してまいります。

2017年12月4日 「第1回総会」の様子

2017年12月4日 「第1回総会」の様子

委員長の浦壁から会員の皆さまにご挨拶と、コンソーシアム設立趣旨のご説明を、事務局からは参加会員の状況報告と各WGの取組みテーマ案等を紹介しました。

2017年12月4日 「テーマ勉強会」の様子
東京大学 先端科学技術研究センター 西成活裕 教授
「モビリティ変革への期待と課題」

2017年12月4日 「テーマ勉強会」の様子 東京大学 先端科学技術研究センター 西成活裕 教授 「モビリティ変革への期待と課題」

第1回目のテーマ勉強会は東京大学先端科学技術研究センターの西成教授「モビリティ変革への期待と課題」と題してご講演頂きました。 講演の中で、コンソーシアムを組む意義として情報の連携や、その収集のためのIoTの本質を理解することの大切さ、そしてネットワーキング構築のための3つの-ing(シェアリング・マッチング・アジャスティング)を意識してのインテグレートを行う仕組み作りについてご教授頂きました。

FAQ

Q1.申し込みはいつまでですか。
A1
全ての会員種別において継続的にお申し込みを受付いたしますが、会員企業数などを勘案して募集を制限させていただく場合もあります。その場合は、ホームページ上でご案内いたします。
閉じる
Q2.入会の条件はありますか。
A2
本コンソーシアムにご賛同いただける企業、大学・研究機関などであれば、ご入会いただけます。
閉じる
Q3.個人でも参加できますか。
A3
本コンソーシアムは公共交通を取り巻く社会課題を交通事業者と、国内外企業、大学・研究機関などと連携し解決を目指していくものですので、個人名義でのご参加は原則ご遠慮いただいています。
閉じる
Q4.鉄道に関係ない企業でも参加できますか。
A4
鉄道と直接関係のない業界からも、モビリティ変革を推進するためのアイデアや技術を幅広く募集しています。
閉じる
Q5.企業、大学・研究機関以外の組織、団体は加入できるのでしょうか。
A5
企業、大学・研究機関以外の組織、団体からの加入については、直接事務局までお問い合わせください。
閉じる
Q6.複数のワーキンググループに応募することはできるのでしょうか。
A6
複数のワーキンググループに応募していただくことも可能ですが、ワーキンググループのテーマや参加を希望される会員数を勘案して決定いたしますのでご要望に沿えない場合もございます。
閉じる
Q7.入会の手続きについて教えてください。
A7
本ホームページ上にあるコンソーシアム申し込みフォームに従ってお申し込みください。その後のご案内は、事務局から電子メールで別途ご案内いたします。
閉じる
Q8.学術会員は、運営会員(ワーキンググループ会員)になれるのでしょうか。
A8
学術会員も、運営会員(ワーキンググループ会員)、一般会員どちらでもご応募いただけますがワーキンググループのテーマや参加を希望される会員数を勘案して決定いたしますのでご要望に沿えない場合もございます。
閉じる
Q9.今後の活動の流れを教えてください。
A9
入会後に事務局より電子メールでご案内いたします。
閉じる
Q10.活動内容は公開しますか。
A10
総会で本コンソーシアムの活動内容を会員に報告いたします。また、このホームページ上で、一部をお知らせしております。
閉じる

お問合わせ

info@jremic.jp

※回答に1〜2営業日いただく場合がございます。