研究倫理委員会

『治験審査委員会』はこちら

臨床研究とは

人を対象として職員が行なう医学・薬学・看護学その他医学的に必要性・重要性を鑑みて立案・計画する研究です。
ヘルシンキ宣言の趣旨に沿い、人を対象とする医学系研究に関する倫理指針・臨床研究に関する倫理指針・疫学研究に関する倫理指針等というルールに従って行なわれます。

研究倫理委員会とは

臨床研究の審査をする委員会です。
臨床研究に参加するすべての被験者の人権と安全を守る為に、個々の研究の計画について研究倫理委員会の委員が一同に集まって、科学と倫理それぞれの観点から審議をします。

研究倫理委員会委員名簿

JR東京総合病院研究倫理委員会規程

研究倫理委員会 会議の記録の概要

診療情報等を用いた研究のお知らせとお願い

診療の中で発生する様々な資料や診療情報を研究に利用させていただくことに関し、すべての方に改めて連絡を取って説明をし、回答をいただくことはきわめて困難です。このような状況の中で個人情報保護等の一定の基準を満たし、研究倫理委員会で厳格審査され、病院長の承認を受けた研究を公開いたします。

診療記録などを調査集計しますので、新たな診療や検査の必要はありません。
研究担当者が、対象となる方の診療記録(カルテ)や画像・検査データなどの情報を調査・集計します。
研究の詳しい内容は閲覧することができます。
研究計画書、研究の方法に関する資料は、研究対象となる方の個人情報及び知的財産の保護等に支障がない範囲ではありますが閲覧することが可能です。各研究責任者までお問い合わせください。
研究にご自分の診療記録を使ってほしくない方は、お申し出ください。
研究でのご自分の診療記録の使用(他の研究機関への提供も含まれます)や研究参加をお断りになっても、通常の診療などで不利益を受けることは全くありません。また、代理人の方(研究の対象となられている方が亡くなられている場合、未成年である場合等において、研究対象者の意思及び利益を代弁できると考えられる方)も同様に診療記録の使用(他の研究機関への提供も含まれます)や研究参加を断ることができます。各研究責任者までお問い合わせください。その場合でも不利益が生じることはありません。

研究に係る診療情報及び個人情報についての質問、研究内容についての質問、研究内容の閲覧、研究参加や情報提供のお断り、その他ご不明な点については、担当医師または各研究責任者までお問い合わせください。

JR東京総合病院に既に保存されている診療情報等を用いた研究のリスト

診療科
(責任医師又は責任者)
研究課題名 研究(調査)
実施期間
研究の目的と対象者
消化器内科
(赤松 雅俊)
【H28-19】
C型肝炎ウイルス駆除後の肝発癌に関する前向きおよび後向き多施設共同コホート研究
研究内容の詳細はこちらをご覧ください
2020年11月30日まで
肝炎ウイルスを駆除したあとの経過を追跡することが目的です。当院で実施した【H22-12】「C型慢性肝炎に対するPEG-INFα-2b+Ribavirin併用療法の前向きおよび後ろ向き多施設共同コホート研究」、【H23-17】「C型慢性肝炎に対するPEG-IFNα-2aまたはPEG-IFNα-2b+Ribavirin+Telaprevir又はSimeprevir併用療法の前向き多施設共同コホート研究」、【H26-19】「C型慢性肝炎またはC型代償性肝硬変患者に対する直接作用型抗ウイルス剤Daclatasvir+Asunaprevir併用療法の前向きおよび後向き多施設共同コホート研究」に参加された方が対象となります。
泌尿器科
(波多野 孝史)
【H28-27】
泌尿器科疾患の治療成績・予後に関する後ろ向き研究
研究内容の詳細はこちらをご覧ください
2020年1月 31日まで
当院における泌尿器科の臨床成績をまとめ、解析することにより、地域の開業医や診療所から当科へ患者を紹介していただく際に使用できる基本データを作成することが目的です。
2008年4月1日から2020年1月31日までの間に当院泌尿器科にて外来診療又は当科病棟に入院した方が対象です。
放射線科
(米永 健コ)
【H29-03】
超音波検査による表在臓器疾患の鑑別診断の研究(多施設共同後ろ向き観察研究)
研究内容の詳細はこちらをご覧ください
2019年12月31日まで
超音波検査(Bモード、カラードプラ)による表在臓器疾患の鑑別診断(炎症か腫瘍か)を検討し、超音波検査が鑑別診断に有用かどうか評価することが目的です。
2011年1月1日から2016年11月30日までに放射線科で表在臓器疾患の超音波検査を受けて、腫瘍または炎症所見があった人のうち病理診断または経過観察によって診断がついた方が対象です。
消化器内科
(岡本 真)
【H29-09】
小腸疾患の診断・短期成績・長期予後に関する多施設共同後ろ向き観察研究
研究内容の詳細はこちらをご覧ください
2022年6月30日まで
小腸疾患あるいは疑いにて小腸検索目的の検査を行った方の、診断、早期成績(治療成績、早期偶発症)、長期予後(再発、長期偶発症等)、およびそれらに関連する因子を明らかにすることが目的です。
2000年1月1日から2022年6月30日までに消化器内科で小腸疾患あるいは疑いにて診療された方が対象です。
整形外科
(三浦 俊樹)
【H29-14】
整形外科疾患の治療成績・予後に関する後ろ向き研究
研究内容の詳細はこちらをご覧ください
2021年3月31日まで
股関節、膝関節、手をはじめとする四肢等の運動器疾患の診断に用いた検査結果や各々の疾患に対する治療成績をまとめ、比較検討することでこれまでの当院整形外科における診断法・治療法の有用性、妥当性を検討することが目的です。
1999年4月1日から2021年3月31日までに整形外科を受診された方が対象となります。
リウマチ・膠原病科
(萩原 清文)
【H29-15】
リウマチ・膠原病科疾患の治療成績・予後に関する後ろ向き研究
研究内容の詳細はこちらをご覧ください
2021年3月31日まで
当院におけるリウマチ・膠原病科の臨床成績をまとめ、比較検討することでこれまでの当院リウマチ・膠原病科における診断法・治療法の有用性、妥当性を検討することが目的です。
2000年4月1日から2021年3月31日までに当院リウマチ・膠原病科を受診された方が対象となります。
循環器内科
(安喰 恒輔)
【H30-03】
カテーテルアブレーション症例全例登録プロジェクト
(J-ABレジストリ)(多施設共同研究)
研究内容の詳細はこちらをご覧ください
2030年3月31日まで
日本におけるカテーテルアブレーションの現状を把握することにより、カテーテルアブレーションの不整脈診療における有効性・有益性・安全性およびリスクを明らかにし、さらに質の高い医療を目指すことが目的です。
2018年5月30日から2026年3月31日までに循環器内科でカテーテルアブレーション治療を実施された方が対象となります。
精神科
(神尾 聡)
【H30-06】
電子けいれん療法(ECT)に関する多施設共同による後方視的観察研究
研究内容の詳細はこちらをご覧ください
2022年9月30日まで
ECTについて一定の実績のある全国の医療施設におけるECTに関する情報を後方視的に調査、解析することが目的です。
2017年1月1日から2022年9月30日までに精神科で電気けいれん療法(ECT)を実施された方が対象となります。
リンパ外科・再建外科
(三原 誠)
【H30-08】
リンパ外科・再建外科疾患の治療成績・予後に関する後ろ向き研究
研究内容の詳細はこちらをご覧ください
2021年7月31日まで
リンパ浮腫、全身性リンパ管低形成症等の検査結果や治療成績をまとめ、比較検討することでこれまでの当院リンパ外科・再建外科における診断法・治療法の有用性、妥当性を検討することが目的です。
2018年1月1日から2021年7月31日までに当院リンパ外科・再建外科を受診された方が対象となります。
消化器外科
(橋 道郎)
【H30-09】
消化器外科手術対象疾患の治療成績・予後に関する後ろ向き研究
研究内容の詳細はこちらをご覧ください
2021年7月31日まで
当院における消化器外科の臨床成績をまとめ、比較検討することでこれまでの当院消化器外科における診断法・治療法の有用性、妥当性を検討することが目的です。
2006年4月1日から2021年7月31日までに当院消化器外科を受診された方が対象となります。
皮膚科
(大野 祐樹)
【H30-14】
皮膚科疾患の治療成績・予後に関する後ろ向き研究
研究内容の詳細はこちらをご覧ください
2022年1月31日まで
当院における皮膚科の臨床成績をまとめ、比較検討することでこれまでの当院皮膚科における診断法・治療法の有用性、妥当性を検討することが目的です。
2005年4月1日から2022年1月31日までに当院皮膚科を受診又は皮膚科病棟に入院された方が対象となります。
血液・腫瘍内科
(奥田 慎也)
【H30-15】
非同種移植施設における同種移植施設への転院患者に対する看護介入
研究内容の詳細はこちらをご覧ください
2019年12月31日まで
非同種移植施設における同種移植施設への転院患者に対する看護介入の実施率、実施内容を検討することが目的です。
2012年1月1日から2017年12月31日までに当院血液・腫瘍内科から同種移植のため他院に転院された方が対象となります。
呼吸器内科
(川述 剛士)
【H30-16】
強皮症関連の間質性肺炎患者の後ろ向き観察研究
研究内容の詳細はこちらをご覧ください
2021年1月31日まで
強皮症関連の間質性肺炎患者において強皮症の診断基準を満たす方と自己抗体は陽性だが診断基準を満たさない方の臨床的特徴の差異を検討することが目的です。
2002年10月1日から2016年11月30日までに当院を受診されたまたは入院された間質性肺疾患の方が対象となります。
糖尿病・内分泌内科
(深澤 由香)
【R01-01】
糖尿病性細小血管合併症の新規診断法・治療法に関する研究
研究内容の詳細はこちらをご覧ください
2021年3月31日まで
糖尿病腎症の診断マーカーを開発することが目的です。
当院で実施した【H22-02】「プロテオーム解析による糖尿病性細小血管症の早期診断マーカーの探索」、【H26-07】「新規バイオマーカーに基づく糖尿病細小血管合併症の診断・治療法に関する研究」に参加された方の中で検体を保存し、他の研究に使用することに同意された方が対象となります。
血液・腫瘍内科
(奥田 慎也)
【R01-03】
Infusion reaction 軽減のためのダラツムマブ初回低速投与
研究内容の詳細はこちらをご覧ください
2019年12月31日まで
ダラツムマブ初回投与時に低速投与した方の有害事象と治療効果を検討することが目的です。
2017年12月1日から2019年3月31日までに当院血液・腫瘍内科でダラツムマブを投与開始した方のうち80歳以上の方または75歳以上80歳未満で日常動作に解除を必要とする方が対象となります。
歯科口腔外科
(田賀 仁)
【R01-04】
歯科口腔外科疾患の治療成績・予後に関する後ろ向き研究
研究内容の詳細はこちらをご覧ください
2022年5月31日まで
当院における歯科口腔外科の臨床成績をまとめ、比較検討することでこれまでの当院歯科口腔外科における診断法・治療法の有用性、妥当性を検討することが目的です。2006年4月1日以降に歯科口腔外科を受診された方が対象となります。
呼吸器内科
(河野 千代子)
【R01-05】
アジア人の非小細胞肺癌における個別化医療の確立を目指した、遺伝子スクリーニングとモニタリングのための多施設共同前向き観察研究
研究内容の詳細はこちらをご覧ください
2029年3月31日まで
低頻度の遺伝子異常をもつ肺がんを日本及びアジア各国で見つけ出し、その特徴を明らかにし、また、この研究で得られた遺伝子解析の結果や、遺伝子異常が陽性の肺がんの臨床的、病理学的、遺伝子学的特徴に関する情報をもとに個別化医療の発展へ貢献していくことを目的としています。
当院で実施した【H28-16】「RET融合遺伝子等の低頻度の遺伝子変化陽性肺癌の臨床病理学的、分子生物学的特徴を明らかにするための前向き観察研究」に参加された方の中で検体を保存し、他の研究に使用することに同意された方が対象となります。
呼吸器内科
(鈴木 未佳)
【R01-06】
咽頭・喉頭・気管狭窄症に対する全国疫学調査
研究内容の詳細はこちらをご覧ください
2022年10月31日まで
上気道狭窄に関する全国疫学調査を行うことにより、疾患レジストリを構築し、診療ガイドライン作成の礎とすることを目的としています。
2013年1月1日から2017年12月31日までに呼吸器内科で咽頭狭窄症、喉頭狭窄症もしくは気管狭窄症と診断され治療をされた方が対象となります。
呼吸器内科
(田中 健介)
【R01-07】
臨床医・放射線科医・病理医による集学的検討(MultiDisciplinary Diagnosis)における間質性肺炎診断の一致性の検討
研究内容の詳細はこちらをご覧ください
2021年12月31日まで
多施設より非典型的な間質性肺炎の症例を集積し、一般呼吸器内科による診断と、専門医による MDD 診断をそれぞれ比較し、本邦における間質性肺炎の診断の現状を解析し診断が異なる間質性肺炎の特徴を解析することを目的としています。
2000年4月1日から2018年12月31日までに呼吸器内科に受診され、外科的肺生検をされ、間質性肺炎と診断され治療をされた方が対象となります。
呼吸器内科
(河野 千代子)
【R01-08】
サルコイドーシスの臨床経過についての後ろ向き調査
研究内容の詳細はこちらをご覧ください
2023年3月31日まで
サルコイドーシス患者における臨床特徴・経過について明らかにすることを目的としています。
2000年1月1日から2019年5月31日までに呼吸器内科に受診または入院され、サルコイドーシスと診断された方が対象となります。
消化器内科
(毛利 大)
【R01-09】
胆道閉塞に対する金属ステント留置術の有用性と安全性に関する検討
研究内容の詳細はこちらをご覧ください
2023年12月31日まで
胆道閉塞に対する金属ステント留置術の有用性と安全性について検討することを目的としています。
2006年4月1日から2018年12月31日までに消化器内科で金属ステント留置術を行った方が対象となります。
消化器内科
(岡本 真)
【R01-10】
消化器疾患の診断・治療・予後に関する後ろ向き研究
研究内容の詳細はこちらをご覧ください
2022年9月30日まで
当院における消化器内科の臨床成績をまとめ、比較検討することでこれまでの当院消化器内科における診断法・治療法の有用性、妥当性を検討することが目的です。
1998年1月1日以降に消化器内科を受診された方が対象となります。
皮膚科
(大野 祐樹)
【R01-11】
末梢血・皮膚組織における皮膚疾患関連分子の発現に関する研究
研究内容の詳細はこちらをご覧ください
2022年12月10日まで
皮膚疾患の病態解明に関与すると思われる情報を解析し、皮膚疾患の病態のさらなる解明と新たな治療法の開発を 目指すことが目的です。
2006年4月1日以降に皮膚科を受診された方が対象となります。
呼吸器外科
(登 祐哉)
【R01-13】
間質性肺炎に対する外科的肺生検における周術期合併症の検討
研究内容の詳細はこちらをご覧ください
2019年9月30日まで
間質性肺炎の外科的生検における周術期合併症のリスク因子を検討することが目的です。
2012年1月1日から2018年5月31日までに呼吸器外科で間質性肺炎に対して外科的肺生検術を施行された方が対象となります。
看護部
(鈴木 真希江)
【R01-14】
糖尿病による下腿切断後のフットケアの現状と課題
研究内容の詳細はこちらをご覧ください
2020年1月7日まで
切断断端部位や健康な足の皮膚状況、処置方法などをカルテに記された看護記録等を検討することでこれまでの当院回復期リハビリテーション科における看護方法を見直しフットケアが妥当か検討することを目的としています。
2018年1月1日から2019年3月31日までに回復期リハビリテーション科6階病棟に義足作成目的で入院した糖尿病による下腿切断の方が対象となります。

Get ADOBE READERPDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerダウンロードへ