1. JR東日本トップ
  2. 企業・IR
  3. ESGの取組み
  4. 究極の安全を目指して

究極の安全を目指して

新幹線運転士訓練用シミュレータ

 当社は、会社発足以来、安全を経営のトッププライオリティと位置づけ、過去6回の安全5ヵ年計画に基づき安全性
向上に取り組んでまいりました。

 当社グループを取り巻く環境は、人口減少、ICTを中心とする技術革新、自然災害の激甚化など、非常に激しく変化
しており、その変化は今後も急激に加速していくことが見込まれます。

 この度、新たな安全5ヵ年計画『グループ安全計画2023 〜「進化」と「変革」〜』を策定しました。
グループ会社、パートナー会社、協力会社と一体となって、一人ひとりの「安全行動」を起点に、「究極の安全」を
追求していきます。

 グループ安全計画2023では、「一人ひとりの『安全行動』の進化と変革」「『安全マネジメント』の進化と変革」「新たな技術を積極的に活用した安全設備の整備」という取組みの3本柱のもと、環境変化に的確に対応して具体的な取組みを進めていきます。

 なお、5年間の安全に関わる投資額は約1.2兆円を見込んでいます。

『グループ安全計画2023〜「進化」と「変革」〜』はこちら[PDF/3.7MB]

 「グループ安全計画2018」など、当社のこれまでの安全の取組みにつきましては、下記をご覧下さい。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。

Adobe Readerダウンロードへ

ページの先頭へ