トランヴェール Train Vert

トランヴェールはJR東日本が発行する新幹線車内サービス誌です。
東日本の文化・風土を紹介しています。

JR東日本の新幹線(北海道・東北・山形・秋田・上越・北陸)の座席に搭載されていますので、ぜひ手にとってご覧ください。
「トランヴェール」はフランス語で「緑の列車」という意味です。

お知らせ

2019年3月29日
最新バックナンバーに、2019年3月号を掲載しています。
[特集]“食„再発見、岩手の旅。~「もち」と「雑穀」2つの食の物語~

最新号のご紹介

トランヴェール2019年4月号 特集:探して、とって、食べる おいしい伊豆ハンティング

■2019年4月号 [特集]

探して、とって、食べる おいしい伊豆ハンティング

国内屈指の観光リゾート地、伊豆。その魅力を支えているのが、豊富な食材です。日本一の深さを持つ駿河湾の深海魚や、清冽な水が育む山の幸、ジビエを自らとりにいったり、市場で手に入れて食べる!そんな旅を紹介します。案内人は、とって食べるといえばこの方、生物ライターの平坂寛さんと、料理研究家のスヌ子さん。西伊豆へ、南伊豆へ、生きもの観察と新しい料理の旅へと誘います。


[旅のつばくろ]過去への回路(沢木耕太郎)/[湯守のいる湯]秋田県「蒸ノ湯温泉」/[みちのく 食の名店に行こう]「うまくて、安くて、心地よく」のありがたみ(角田光代)/[JR東日本で特別な旅、はじまる]日光・きぬがわ/[江戸・東京グルメ物語]「笹巻けぬきすし総本店」の笹巻けぬきすし


バックナンバー

過去1年分のバックナンバーをご覧いただけます。(特集ページ部分のみ掲載しております。)

※バックナンバーに掲載の料金は、原則として各号の取材時点での消費税込みの料金です。ご利用の際は施設・店舗等にお問い合わせされることをおすすめします。

“食„再発見、岩手の旅。~「もち」と「雑穀」2つの食の物語~
最終列車で行こう!~北陸、早朝独り占め旅の勧め~
千葉、茨城。大地をめぐる冒険へ
冬は東北 こけしをめぐる旅に出る
西郷隆盛、清河八郎 幕末の英傑が庄内に残したもの
木の国、秋田へ。
タイムカプセルから飛び出した古代群馬
宮城は、漫画・アニメの舞台装置だ!
大地、海、宇宙を翔る。荒俣宏妖怪探偵団~信州の夏は、ワンダー~
北方から始まった日本開国の道。
トランヴェール2018年5月号 特集:建築とデザインでたどるTOKYO1964
トランヴェール2018年4月号 特集:春の栃木は「花の都」

定期購読のご案内

「トランヴェール」では定期購読を受け付けております。

【現在受付中のお申し込み期間・定期購読料】

2019年5月号~2019年10月号(6冊分)・1,392円(税・送料込み)
※上記以外の購読期間は受け付けておりません。
※諸般の事情により、2019年10月号までのお申し込みとさせていただきます。

■お申し込み方法

郵便局の払込取扱票にお届け先の郵便番号・住所・氏名・電話番号のほか、必要事項をご記入のうえ、2019年4月30日までに上記料金をお振り込みください。入金確認後7日ほどで申込承諾書をお送りします。

  • 「必要事項」
  • ●口座記号・番号/00150-3-139656
  • ●加入者名/トランヴェール定期購読係
  • ●通信欄/2019年5月号~10月号(6冊分)
  • ●金額/1,392円
 
  • (1)振込手数料はお客さまのご負担となります。
  • (2)代金お支払い後のキャンセル・途中解約はできません。
  • (3)品違い、不良品以外の返品・交換はご容赦ください。
  • (4)お届け先は日本国内のみとさせていただきます。
  • (5)トランヴェールの定期購読は株式会社ジェイアール東日本企画で取り扱っております。
 
  • (6)払込取扱票にご記入いただいた個人情報(すでに定期購読いただいている方の個人情報を含む)は、小誌の発送のためにのみ使用させていただきます。
  • (7)定期購読に関するお問い合わせは、下記のトランヴェール編集部で承ります。
  • (8)バックナンバーの販売は一切取り扱っておりません。

トランヴェール広告について

媒体概要・搭載列車一覧・広告スペースおよび料金などをまとめております。

トランヴェール媒体資料

媒体概要・搭載列車一覧・広告スペースおよび料金などをまとめております。

[企画・編集・広告・発売]
株式会社ジェイアール東日本企画 トランヴェール編集部
〒150-8508 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル
電話:03-5447-7856

Get ADOBE READER
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのインストールが必要となります。Adobe社のサイトより無償でダウンロードすることができます。Adobe Readerダウンロードページはこちら。