のってたのしい列車

Enjoy Railway Journey from Niigata

海里

海里イメージ
海里イメージ

食と景観を楽しむ列車

列車のコンセプト“新潟・庄内の食”と“日本海の景観”を堪能できるのが、4号車のダイニング車両。新潟発(下り)では、歴史ある新潟古町花街の3つの料亭「鍋茶屋」「行形亭」「一〆」が手掛けた日本料理を味わえます。また、酒田発(上り)では、「アル・ケッチァーノ」のオーナーシェフ奥田政行氏監修の庄内イタリアンとドルチェを提供。四季折々のメニューと車窓からの眺めは、季節ごとの魅力を感じることができます。

とっておきポイント同じ日本海の眺めも、新潟発(下り)と酒田発(上り)で全く異なる景観が楽しめるのも魅力。なかでも桑川駅は撮影スポットとしても人気!

海里イメージ
海里イメージ

越乃Shu*Kura

越乃Shu*Kuraイメージ
越乃Shu*Kuraイメージ

お酒を楽しむリゾート列車

地酒王国・新潟が誇る「酒」をコンセプトとした列車。1号車(食事付き旅行商品)では、地元食材と季節にこだわったオリジナルメニューが味わえます。ボックスシートやペアシートなど、様々なシチュエーションで楽しめるのも魅力です。また、2号車のサービスカウンター「蔵守~Kuramori~」では、常時5種類の銘柄を取り揃えた利き酒コーナーもあり、「吞み比べセット」などおつまみとともに新潟の地酒を堪能できます。

とっておきポイント日本海に最も近い駅のひとつとして知られる「青海川駅(おうみがわえき)」。海水浴場に隣接したホームは、白波が今にも届きそうな勢い!

海里イメージ
海里イメージ

SLばんえつ物語

※「SLばんえつ物語」は喜多方駅〜山都駅間の橋りょう倒壊に伴い当分の間、運休します。

SLばんえつ物語イメージ
SLばんえつ物語イメージ

森と水とロマンの鉄道

1946年に生まれ、1999年4月29日から磐越西線で定期運行しているSL(C57-180)。大きな動輪と細いボイラーにより優美に見えるその姿から“貴婦人”の愛称で親しまれています。牽引される客車は12系を改造。木目調を多用した内装や車体の配色は、大正ロマンを彷彿とさせるレトロな雰囲気。また、1号車はお子さまの遊べるスペース「オコジョルーム」もあり、幅広い世代に愛される列車となっています。

とっておきポイントSLは石炭を燃やし、水を水蒸気に変えて車輪を回します。途中の津川駅では、迫力の給水や石炭のならし作業を間近で見ることができます。この辺りはSLが阿賀野川沿いを走ることもあり、車窓からの眺めも必見です!

海里イメージ
海里イメージ