フィッシング詐欺の手口・見分け方

不正利用を図る第三者がクレジットカード会社や銀行、大手インターネット企業(通販サイトや音楽配信サービス等)を装いメールを送り、メール文面のURLをクリックさせる

フィッシング詐欺 イメージ

注意! イメージ

WEBサイトに誘導し個人情報を入力させる

誘導先の偽のサイトは、公式サイトと似通ったデザインになっている場合が多く、見た目で判断することが困難です。ID、パスワードなど個人情報の入力が求められても安易に入力しないようにお願いします。

また当社では、クレジットカード情報や個人情報をお伺いするメールを、一切お送りしておりませんのでご注意ください。

誘導先の偽のサイトのみならず、企業を装った不審なメールに対しても、返信・入力などなさらぬよう、充分お気をつけください。

ビューカードをかたる不審メール

ビューカードをかたる不審メールのイメージ

ビューカードを装ったメールを送信し、偽のVIEW's NETログイン画面へ誘導して、お客さま情報を不正に取得しようとする手口。

当社では、個人情報をメールで伺うことは絶対にございません!
このようなメールには個人情報やクレジットカード情報は絶対入力しないようご注意願います。

不審なメールが届いた際は次のご対応をお願いします。

【対応1】
不審なメールやSMSを受信された場合は、開封せずに削除してください。

【対応2】
受信したメールやSMSに「アカウントがロックされました」や「支払いが確認できません」など緊急性や重要性を強調し、個人情報の入力を誘導する内容の記載があれば疑ってください。

【対応3】
不審なメールやSMSが本物なのか偽物なのか見分けがつかずご不安な場合は、検索サイト等から目的のサイトにご自身で直接アクセスしてご確認ください。

【対応4】
万が一、不審なメール本文のリンクをクリックし、不審なサイトにカード番号、VIEW's NETのサービスID・パスワード、お名前・住所などの個人情報を入力してしまった場合は、下記ビューカードセンターへ至急ご連絡ください。
不正利用される恐れがあるため、カード機能の停止や再発行手続き、VIEW's NETのご登録情報の削除を承ります。

<ビューカードセンター>
電話番号:03-6685-7000
オペレーターによるご案内:9時〜17時30分(年中無休)
※音声ガイダンスでは「2番(各種手続き)」の後、「5番(その他)」をプッシュしてください
※カード番号をお手元にご用意ください

【対応5】
パソコン、スマートフォン等のモバイル端末はOSのアップデートを行い、常に最新化してください。また、セキュリティ対策用のソフトウェア導入も効果的です。

<実際に発生した当社をかたる不審メール>
実際に発生した当社をかたる不審メールのイメージ

なりすましメール対策のイメージ

【なりすましメール対策】

当社からお送りするメールは、「ドコモメール公式アカウント」に対応しています。

「ドコモメール公式アカウント」は、株式会社NTTドコモがフィッシングメール対策として「ドコモメール」に加える機能で、対応する企業の公式アカウントから送信されたメールに、ドコモメール上で公式アカウントのマークが表示されます。公式アカウントのマークが表示されているメールは、安心してご確認いただけます。

※公式アカウントのマークは、「ドコモメールアプリ」または「ドコモメール」(ブラウザ版)上で表示されます。

「ドコモメール公式アカウント」については、
株式会社NTTドコモの公式ホームページをご確認ください。

フィッシングメールの見分け方

1. 個人情報の入力を要求していないことを確認する。
当社では、クレジットカード番号、有効期限、セキュリティコード、本人認証サービスのパスワードなどお客さまの重要な個人情報をメールでお伺いすることは一切ございません。
2. IPアドレスが表示されていないことを確認する。
3. PCブラウザ、メール本文上でリンク先にカーソルを合わせた際に、違うアドレスが表示されないことを確認する。
※スマートフォンでは、リンク先を長押しすることで確認できます。

PCセキュリティ詐欺の対処方法

お使いのPCから、突然警告音等が鳴り、「ウイルスに感染した」「システムが破損した」等のポップアップが表示された場合は、落ち着いて以下のとおりご対応いただくようお願いします。
※お使いのPCの機種によっては対応できない場合がございます。

①「警告表示」のポップアップは、クリックしないでください!
ウイルス感染やシステム故障をしていないにもかかわらず、突然警告音や下記のようなポップアップが表示され、お客さまの不安を煽る手口となります。悪質な詐欺の場合がございますので、ポップアップはクリックしないようお願いします。


※メッセージ例:「Windowsセキュリティシステムが破損しています」「ウイルスに感染しています」等
②ご自身が契約しているセキュリティサービス会社公式のものであるかを確認。
ポップアップに表示された電話番号に連絡をすると、「ウイルス除去」「システム修復」といい、危険なソフトをパソコンにいれさせようと誘導してくる場合がございます。
まずは、ご自身が契約しているセキュリティサービス会社へ連絡し、上記の警告音およびメッセージが公式のものかどうかご確認お願いします。

詐欺警告(ポップアップ)の閉じ方について

詐欺警告の閉じ方についてもご紹介します。

① パソコン画面右下の日時表示を右クリックします。
② 「タスクマネージャー」をクリックします。
③ タスクマネージャーから、開いていたブラウザーをクリックし、「タスクの終了」をクリックします。
Internet Explorer、Microsoft Edge、Google Chrome等
※見当たらない場合は画面左下「詳細」をクリックすると、詳細が表示されます。
④ 再度ブラウザーを開き直してください。
※「復元」メッセージが出たら「×」で閉じてください。
⑤ 詐欺警告が出なければ解決です。そのままご利用ください。

セキュリティトップへ戻る

ページの先頭へ