キハE120/E130系

  • キハE120/E130系
  • キハE120/E130系

基本情報

形式 キハE120/E130系
デビュー 2008年
最高速度 -
両数 75両
運行区間 水郡線、磐越西線、羽越本線、米坂線、久留里線、八戸線

キハ28・58形などの車両取替に伴い、キハ110系に続く新型気動車として開発された車両です。

JR東日本の気動車としては初のステンレス車体で、キハE130系は朝夕の混雑に対応するため片側3扉、キハE120系は片側2扉としました。またディーゼルエンジンの燃料噴射装置には、高圧電子制御システムを採用しており、最適な量の燃料を噴射して燃焼を行うことで、運転時の排煙を低減するとともに低騒音を実現しています。