E127系

  • E127系

基本情報

形式 E127系
デビュー 1995年
最高速度 -
両数 28両
運行区間 越後線、大糸線、中央本線、篠ノ井線、信越本線など

1995年に登場した新潟・長野地区で活躍する通勤タイプの電車。車体の構造は209系と同じですが、扉は片側に3つで、2両編成から運転が可能です。ドアの開閉は冬期の車内保温のため押しボタン式の半自動としたほか、開閉時にチャイムで知らせる機能を設けています。2両編成での運転時は、時間帯によってワンマン運転を実施しており、整理券発行機や、運転表示器が設置されています。