1泊2日コース(山梨)

春〜秋(4・5・10・11月出発)のご紹介
【2022年4月運行開始】

Day.1

1日目

上野駅出発

駅社員やスタッフに見送られて出発します。
  • 車内でのご昼食

「中国意境菜 白燕」白岩 勝也によるランチ

  • 舌だけでなく目でも楽しい中華料理を、本場香港や北京で修業を積んだシェフがご提供いたします。新鮮な素材の厳選から盛り付けの見た目までこだわり抜いた一皿をご堪能ください。
  • 出発となる上野駅からも近く、店内は全ての席から見渡せるオープンキッチンで、目の前から炎が舞う光景が繰り出されたりと、視覚 聴覚 嗅覚を中華ならではのエンターテイメントを肌で楽しんでいただけるよう心掛けています。
    車内でもスペシャリテの"リンゴアメ”から始まり、日本の豊かな食材と本場で学んだ技術を駆使してどこか懐かしく、且つ中国を感じていただけるような料理を提供し、happyな旅の幕開けとなれば嬉しく思います。
  • 白岩 勝也 中国意境菜 白燕
    東京都台東区

新津駅到着

  • 深遊 探訪 in 新潟
    [下車観光]

江戸時代半ばから明治時代中期にかけ北前船の寄港地となり、港町として大きく発展した新潟。
商人が財を成し、訪れる人々を迎えるため、料亭や芸妓といった「おもてなし」の文化も作り上げられていきました。
この旅では、新潟三大財閥の一つと言われた齋藤家ゆかりの地を訪れます。

  • 4・5月出発

    下車観光

    「旧齋藤家別邸」

    • 齋藤家が大正7(1918)年に建てた別荘「旧齋藤家別邸」を訪れ、優れた工匠の技術や美しい庭園に残るその繁栄ぶりを、案内付きでご見学いただきます。


  • 10・11月出発

    下車観光

    燕喜館(えんきかん)・新潟古町芸妓

    • 齋藤家の本邸の一部を、白山公園内に移築して再建した「燕喜館」は、随所に銘木が使用され、座敷の欄間や襖絵なども数寄屋風の粋が感じられます。
      「燕喜館」では、京都の祇園、東京の新橋と並び称された花街である新潟古町の芸妓が披露する芸をお楽しみいただきます。


新津駅出発

  • 車内でのご夕食〜車内泊

「TRAIN SUITE 四季島」佐藤 滋によるディナー

  • 「TRAIN SUITE 四季島」の総料理長 佐藤 滋による、東日本の食材を存分に味わえるフレンチディナーをお楽しみください。
  • 監修を務める中村・岩崎が築き上げてきた「TRAIN SUITE 四季島」の料理や想いを継承し、その土地ならではの食材や文化を大切にしたストーリー性のある料理を創り上げていきます。東北の秋田出身であるからこそこの想いも強く、それぞれのエリアの持つ魅力を料理を通してお伝えできるよう努めます。お客さまにご乗車いただき、お目にかかれることを心から楽しみにしております。
  • 佐藤 滋総料理長

バータイム

5号車「LOUNGE こもれび」でバータイムをお楽しみいただけます。
流れゆく車窓の風景とともに夜のひとときをお過ごしください。 5号車「LOUNGE こもれび」は、5号車を使用しての食事提供時間を除き、いつでもご利用いただけます(新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、当面の間、24時~5時まではご利用いただけません)。

Day.2

2日目

塩山駅到着

  • 深遊 探訪 in 塩山
    [下車観光]

古くからぶどうの郷であった山梨。
生食用の他、明治の文明開化の折にはワイン醸造用のぶどう栽培も奨励され、日本のワイン産業発祥の地でもあります。
そんな山梨は今、国産ぶどうを100%使用し国内で醸造した「日本ワイン」の一大産地として、世界の銘醸地と肩を並べるべく成長を続け、近年では国内外のワインコンクールでも入賞するなど、その高い品質が大きく評価されています。

山梨「フレンチダイニング竜」廣瀬 竜一による朝食

  • 各お席から日本庭園を望むゆったりとしたお座敷で、地元山梨の野菜や食材を使った洋朝食をお召し上がりください。
  • 和空間でいただく、
    地野菜を使った新感覚フランス料理

    フレンチダイニング竜は、旧市長宅を改修して、館内からの四季折々の枯山水の庭園を眺めることができる、お座敷にテーブルでの対応としたレストランです。
    和の空間で洋を召し上がっていただくマリアージュをコンセプトとして、甲州の地の恵みをマイルドクラッシック風にアレンジ。フレンチの技法の中に、より日本らしさを感じるエッセンスを込め、「TRAIN SUITE 四季島」だけの特別な朝をゆったりとご堪能ください。
  • 廣瀬 竜一 フレンチダイニング竜
    山梨県甲州市


この旅では勝沼のワイナリー「中央葡萄酒」、「勝沼醸造」、「丸藤葡萄酒」のいずれかを訪れ、「日本ワイン」を生み出してきた歴史や「甲州」というテロワールにこだわる造り手の誇りに触れていただきます。

中央葡萄酒

  •  

勝沼醸造

  •  

丸藤葡萄酒

  •  

塩山駅出発

  • 車内でのご昼食

「割鮮 岡」岡 雅也による昼食

  • 新鮮な食材に丁寧な一手間を加え、さらに美味しく引き立てる、こだわりが込められた「岡」の日本料理をお楽しみください。
  • 美味求真。只々真っ直ぐに本物の美味しさを追求する。この言葉と向き合い28年の歳月が経ちました。この度「TRAIN SUITE 四季島」での調理をさせていただける事、大変嬉しく、そして誇りに思っております。地元山梨の食材を、これまで培って来た日本料理の技術と技で、お客さまが笑顔になるようなお料理をご提供できるよう務めさせていただきます。旅の最後のご昼食、お客さまの旅の思い出の1つにしていただけましたら幸いです。
  • 岡 雅也 割鮮 岡
    山梨県甲府市

上野駅到着

上野駅到着後、「プロローグ四季島」でフェアウェルパーティーを行います。
「TRAIN SUITE 四季島」のご旅行をトレインクルーとともに振り返り、旅の思い出やご感想を語らうパーティーを開催いたします。
旅の行程のご紹介トップへ戻る