富山県

富山 TOYAMA

富山県(細工かまぼこ)

飾りのひとつひとつに、
祝福の想いを込めて。
細工かまぼこ / 富山県

喜びの心を形にした「細工かまぼこ」は、出産や還暦など、日本の様々な祝宴に華を添える名脇役。富山は全国でも群を抜く生産県で、高い細工技術を誇ります。熟練の職人が工夫を凝らし、味にもこだわり作られた細工かまぼこは、人生の晴れ舞台を飾るのに相応しい名品。切り分けたものを親しい人や隣近所に配る「お福分け」の習慣があり、幸せを分かち合いたいという想いが込められています。最近では手頃なサイズのものもあり、ちょっとした贈り物として、多くの人に福を届けています。

富山県(細工かまぼこ)
石川県

石川 ISHIKAWA

石川県(五色生菓子)

日本の美しい風景と風習を、
受け継ぎし和菓子。
五色生菓子ごしきなまがし/ 石川県

江戸時代、二代目将軍・徳川秀忠の息女「珠姫」が輿入れした際に、加賀藩の御用菓子士が献上したとされる和菓子。五種の生菓子は、自然の恵みへの感謝の意を示しており、赤の丸餅は「日」を、白の饅頭は「月」を、黄の丸餅は「山」を、ひし形の餡入り餅は「海」を、蒸し羊羹は「里」といったように、天地自然の姿を表しています。日本の趣深さと、やさしい甘みがともに味わえる雅な一品。石川では引き出物の定番となっていますが、和菓子屋などで通年扱われており、観光のお土産にもおすすめです。

石川県(五色生菓子)
福井県

福井 FUKUI

福井県(羽二重餅)

舌の上で舞うように、
美味なる彩りが広がる。
羽二重餅はぶたえもち/ 福井県

餅粉を蒸し、砂糖と水飴を加えて練り上げた素朴な和菓子。羽二重餅は、福井の名産である絹織物「羽二重織」の技術が確立した明治半ば頃から作られるようになりました。「郷土の誇りである羽二重織にちなんだ名物を」という地元の人々の想いから誕生したと言われます。その名の通り見た目はしなやかな絹のように美しく、ひと口食べれば程よい甘さとみずみずしさが広がり、粘りとコシの絶妙な食感がたまらない逸品。シンプルが故に奥深い「伝統の美味」を、ぜひ味わってみてください。

福井県(羽二重餅)
びゅうで行く、北陸おすすめツアーはこちら びゅうで行く、北陸おすすめツアーはこちら