1. JR東日本トップ
  2. 企業・IR
  3. 進行中の建設プロジェクト
  4. 輸送改善プロジェクト

進行中の建設プロジェクト

輸送改善プロジェクト

01中央快速線グリーン車導入

ホーム延伸等の設備改良を行ってグリーン車導入(12両化)を実現します

グリーン車サービスの展開イメージ
▲グリーン車サービスの展開イメージ

 着席サービスに対するニーズの高い中央線等では、サービス改善を目指し、中央快速線等に、新たに2階建てグリーン車2両を連結(12両化)します。これにより、首都圏の主要5方面(東海道、中央、東北、常磐、総武方面)すべてにグリーン車が導入されることとなります。
 グリーン車導入(12両化)区間の全44駅及び車両基地等において、ホームの延伸工事をはじめとした、12両での運行に必要な駅改良工事や線路改良・信号改良工事を行います。

02羽田空港アクセス線構想

羽田空港へのダイレクトアクセスによる「シームレスな移動」の実現を目指します

羽田空港アクセス線構想のイメージ
▲羽田空港アクセス線構想 計画案

 当社の東京圏鉄道ネットワークや既存ストックを有効活用し、多方面からのダイレクトアクセスによる時間短縮や乗換解消を実現する「羽田空港アクセス線構想」を推進しています。
 本構想のうち、「東山手ルート」(田町駅付近〜東京貨物ターミナル間)と「アクセス新線」(東京貨物ターミナル〜羽田空港新駅間)については、環境影響評価手続きに着手しています。この区間の整備により、東京方面(宇都宮線・高崎線・常磐線方面)から羽田空港へのアクセス利便性を大きく向上させることが可能となります。

ページの先頭へ