ビュー法人カードを活用した
ご利用事例のご紹介

入金(チャージ)で交通費精算もスムーズに

都内に営業先を多く持つA社では、社員が交通費の立て替えをおこなっていたため、社員の申請、経理担当のチェックや支給などの交通費精算に手間がかかっていました。
そこで、社員用にSuicaを用意し、チャージにはビュー法人カードを利用したところ、社員も経理担当も交通費精算にかける時間が大幅に短縮され、効率化を図ることができました。

入金(チャージ)で交通費精算もスムーズにのイメージ

急な接待や会食の支払いをカード化

急な接待や会食が多いB社では、役員、管理職社員全員に対してクレジットカードを配布し、小口現金の準備や、社員等の立替払いを抑制しています。

海外出張時の経費利用にカード活用

海外事業を手がけるC社は、クライアントの要望で急遽の海外出張が増加しています。高額になる出張経費立替払いの負荷軽減のために、社員に出張用の法人カードを配布。
ビュー法人カードは海外でも安心してご利用いただけます。

公共料金の支払いやインターネット購入で利用

D社では大量の請求書を削減する目的で法人カードを導入。
公共料金の支払いに利用できるほか、社内の備品等をインターネットで購入する場合にも利用可能です。
カードで決済すれば支払いは月1回になります。

公共料金の支払いやインターネット購買で利用のイメージ

小口現金の取扱いなど手間を軽減、支払いをカードにまとめることで管理もスムーズに

小口現金の取扱いなど手間を軽減、支払いをカードにまとめることで管理もスムーズにのイメージ
  • ※クレジット決済が可能かは、事前にお客さま自身で使用箇所への確認が必要となります。

ビューパーチェシング決済サービスを
活用したご利用事例

ETCカード用として利用

高速道路を利用した移動を頻繁におこなうF社では、部署名義のビューパーチェシング決済サービスを1ID分申込み、ETCカードを複数枚結び付け、それぞれの営業所へ貸与している。
請求書は全営業所分が、部署名義のカード番号のご利用明細書にまとめて記載されるので、全営業所分の利用が容易に確認できるようになった。

勘定科目ごとに請求書を分けるために利用

複数の営業所があるG社では、それぞれの営業所で所長名義の法人カードを利用し水道光熱費や備品などの購入をおこない、本社で仕訳作業をしていた。
勘定科目別にビューパーチェシング決済サービスのカード番号を使い分ける運用へ変更したところ、全所長分の利用明細を確認し、勘定科目を分ける手間が省け作業時間を削減することができた。

勘定科目ごとに請求書を分けるために利用のイメージ

ビュー法人カードに関するFAQ(よくあるご質問)をまとめました。
お困りのことがありましたら、下記のリンク先ページをご覧ください。

ビュー法人カードに関するFAQ(よくあるご質問)

ビュー法人カードに関する
お申込み・お問い合わせ先

ビューカードセンター(法人)

03-6685-7600

営業時間: 9時~17時30分(※年末年始を除く)

※その他のビューカードに関するお問い合わせについては、
03-6685-7000 営業時間:9時~17時30分(※年末年始は除く)
までお問い合わせいただきますようお願いいたします。

ページの先頭へ