1. JR東日本トップ
  2. 企業・IR・採用
  3. 企業情報
  4. 進行中の建設プロジェクト
  5. 駅改良プロジェクト

進行中の建設プロジェクト

駅改良プロジェクト

03東京駅北通路周辺整備

生まれ変わった駅舎にふさわしい明るい解放感のある通路に改良します

「地下中央待合広場(仮称)」吹抜け空間付近イメージ図
▲「地下中央待合広場(仮称)」吹抜け空間付近イメージ図

 東京駅改札内にある北通路は、中央通路・南通路に比べ幅員が狭いことに加え、近年の上野東京ライン開業や駅周辺の開発により朝の通勤時間帯などは非常に混雑しています。こうした課題を解決するために、北通路の通路幅員を6.7mから12.0mに拡幅する工事を進めています。
 また、北通路の拡幅にあわせ、中央通路から北通路周辺の改良工事を行い、バリアフリー設備や待合広場の整備します。

04新宿駅東西自由通路新設

新宿駅周辺地域の回遊性向上とお客さまの利便性向上を図ります

新宿駅東西自由通路完成イメージ図
▲新宿駅東西自由通路完成イメージ図

 新宿駅は1日約75万人のお客さまにご利用いただいている、日本最大のターミナル駅の一つですが、東西の往来が駅により分断されていることが永年の課題でした。この課題を解決するため、新宿駅の東口改札と西口改札を結ぶ改札内通路を拡幅し、改札位置を変更して、東西の往来が可能な自由通路を整備します。これにより東西方向の歩行者の回遊性を高め、駅周辺の魅力あるまちづくりや歩行者ネットワークの形成に貢献します。
 あわせて改札内コンコースの拡幅などを通じて、改札内コンコースや通路の混雑緩和を図るとともに、ホームへ通じるエレベーターを新設し、お客さまの利便性向上を図ります。

05渋谷駅改良および共同開発ビル建設

国際的な観光文化都市「渋谷」の実現を目指します。

完成イメージ
完成イメージ

 渋谷駅周辺地域においては、駅周辺の企業や自治体が協力し、災害に強く、めぐり歩いて楽しい、国際的な観光文化都市「渋谷」の実現を目指しています。
 JR渋谷駅においては、現在南側にある埼京線ホームの移設(山手線ホームとの並列化)、山手線の1面2線化、駅コンコースの拡充およびバリアフリー設備の整備等を行い、お客さまが利用しやすい駅を目指します。また、駅と街区を一体的に開発し、東京急行電鉄、東京地下鉄と共同で3棟の共同開発ビルを建設します。

06品川駅改良

田町〜品川駅間に新駅を設置し、まちづくりを進めます

新駅イメージ
▲新駅イメージ
品川駅付近全景
▲品川駅付近全景

 品川駅・田町駅周辺エリアは、首都圏と世界、国内の各都市をつなぐ広域交通結節点としての役割が強まっており、目指すべき将来像について、国・都・関係区等と検討を進めています。
 現在その中心付近に位置する品川車両基地では、基地設備や車両留置箇所の整備の結果創出される約13ヘクタールの大規模用地について、まちづくりの検討を進めています。
 まちづくりの核として、田町〜品川駅間に新駅を設置し、地域と連携しながら、従来の発想に捉われない国際的に魅力ある交流拠点の創出を図っています。

07横浜駅西口駅ビル計画

横浜駅の新しい顔をつくります

西口駅前広場側外観 イメージ
▲西口駅前広場側外観 イメージ
アトリウム イメージ
▲アトリウム イメージ

 横浜駅西側では、「(仮称)横浜駅西口駅ビル計画(駅前棟、鶴屋町棟)」を推進しており、2015年に駅前棟工事に着手しました。この計画では、国際都市横浜の牽引役としてふさわしい商業施設・業務施設等を集積するとともに、歩行者ネットワークの充実化により各鉄道路線、周辺施設、地下街、広場等への円滑な移動ルートを形成します。また、先進的な環境への取組み、災害時を想定した防災センター・地域総合防災拠点の整備など、環境・防災に配慮した計画としています。2018年には、北側の敷地に駐車場や保育所、ホテル、スポーツ施設等を計画する地上9階建ての鶴屋町棟工事に着手しました。駅前棟、鶴屋町棟ともに2020年度の開業をめざし、工事を進めていきます。

08千葉駅・駅ビル改良

使いやすい駅へ千葉駅が大きく生まれ変わります

千葉駅新駅舎
▲千葉駅新駅舎
改札内通路の様子
▲改札内通路の様子

 1963年に現位置に移設された千葉駅舎及び千葉駅ビルは、老朽化が進み耐震補強も必要なうえ、改札付近の動線や視認性が悪い等の課題がありました。
 こうした課題を解決するため、線路上空の3階部分に駅を橋上化することで開放感のある分かりやすい駅空間を確保し、千葉の玄関口として相応しい駅づくりを進めています。あわせて、駅ビルの建替えを行い、駅と一体となった商業展開や西口再開発事業で整備されたペデストリアンデッキとの接続により駅周辺のさらなる活性化に貢献していきます。
 2016年11月には駅の橋上化、2017年9月にはエキナカ店舗の全面及び駅ビル店舗の一部が開業しました。引き続き、2018年の駅ビル全面開業に向けた工事などを進めていきます。

09新橋駅改良

バリアフリー化と混雑緩和で利用しやすい駅を目指します

新橋駅完成イメージ
▲新橋駅完成イメージ
大屋根設置状況
▲大屋根設置状況

 新橋駅は、バリアフリー整備や耐震対策が未了であることや、東海道線ホームおよび南北に分断されたコンコースの混雑といった課題を抱えていました。このような課題に対応するため、バリアフリー設備整備や耐震補強、ホームの拡幅、コンコースの一体化などの工事を進めています。
 現在、バリアフリー設備整備、東海道線ホームの拡幅が完了しています。引き続き、工事を進めていきます。

10御茶ノ水駅改良

四方を囲まれた厳しい施工条件下で駅のバリアフリー化を実現します

御茶ノ水駅改良の工事状況
▲御茶ノ水駅改良の工事状況
御茶ノ水駅完成イメージ
▲御茶ノ水駅完成イメージ

 御茶ノ水駅は、東西を聖橋とお茶の水橋、南北を神田川と擁壁に挟まれた地理的制約があることから、これまで大規模な改良工事を実施することが難しく、バリアフリー設備が未整備であることが課題となっていました。
 こうした課題を解決するため、神田川上に工事用桟橋を設置し、工事ヤードと搬入路を確保したうえで、線路及びホーム上空に人工地盤(コンコース)を構築し、エレベータ・エスカレータを整備します。また、人工地盤の設置にあわせて聖橋口に駅前広場空間を整備します。

11飯田橋駅改良

飯田橋駅ホームの安全対策を実施するとともに、西口駅舎の建替を行います

飯田橋駅改良平面図
▲飯田橋駅改良平面図

 飯田橋駅のホームは急曲線区間にあり、列車とホームの隙間が大きくなっています。そこで、ホームを現在の位置から約200m西側に移設し、列車とホームの隙間を小さくする工事を行います。あわせて西口駅舎の建替やバリアフリー設備を整備するとともに、千代田区と連携し駅前広場を整備します。
 2016年8月には仮駅舎が使用開始となり、西口駅舎の建替工事やホーム移設工事を進めています。

駅舎完成イメージ
▲駅舎完成イメージ

12原宿駅改良

混雑緩和を図るとともに、周辺環境と調和した駅舎をつくります

新設橋上駅舎(外観)
▲新設橋上駅舎(外観)
新設橋上駅舎(コンコース)
▲新設橋上駅舎(コンコース)

 原宿駅は、ホームや改札内のコンコースが狭く、ラッシュ時や周辺での大規模イベント時の混雑が課題となっています。また、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックでは、会場の一つである国立代々木競技場の最寄駅となり、お客さまのご利用が多く見込まれます。そのため、現在、年始のみ使用している臨時ホームを外回り専用ホームとし、線路及びホーム上に2層の駅舎を新設し、コンコースや改札口を拡張して混雑緩和を図ります。また、エレベーターの増設や明治神宮側に新たに出入口の設置も行います。現在は、線路及びホーム上に新設する駅舎に関する工事を進めています。

13板橋駅改良

バリアフリー設備の整備、通路の拡幅などにより駅の利便性が向上します

滝野川口駅ビル外観
▲滝野川口駅ビル外観
改札口イメージ
▲改札口イメージ

 板橋駅は、バリアフリー設備が未整備であることやコンコースの混雑などに課題がありました。これらの課題を解決するため、盛土構造となっているホームを高架構造に変更することでスペースを確保し、エレベーターなどのバリアフリー設備の整備や駅の東西をつなぐ通路を拡幅する工事を行っています。また、滝野川口に駅ビルを新設します。
 2018年2月には、改札内のエレベーター2基の使用を開始しました。引き続き、駅ビルに関する工事などを進めていきます。

ページの先頭へ