1. JR東日本トップ
  2. 企業・IR・採用
  3. 企業情報
  4. 進行中の建設プロジェクト
  5. 地域と連携して進めるプロジェクト

進行中の建設プロジェクト

地域と連携して進めるプロジェクト

14山田線復旧

地域の復興に向けて鉄道を復旧します

浸水エリア

被災状況
▲被災状況

復旧状況
▲復旧状況

 山田線宮古・釜石間は、東日本大震災により甚大な被害を受け、不通となっています。
 2015年2月に三陸鉄道南北リアス線との一体運営を前提とした鉄道復旧について関係機関と合意し、同年3月に着手しました。震災前のルートを基本とし、市街地の再編(嵩上げ)計画と調整しながら工事を進めています。

15気仙沼線・大船渡線BRT

一日も早い地域の交通手段の確保を目指します

大船渡線BRT
▲大船渡線BRT

 気仙沼線(柳津・気仙沼間)および大船渡線(気仙沼・盛間)は、沿線地域の復興を後押しし、早期に安全で利便性の高いサービスを提供するために、BRT(Bus Rapid Transit)専用道の整備を進めています。専用道は、津波対策である堤防かさ上げと整合を図った橋りょうにするなど、自治体と協力し計画を進めています。

16川崎駅北口自由通路整備・駅改良等

新たに自由通路と商業施設を整備することで、より便利で快適な駅を目指します

西側イメージ
▲西側イメージ

改札内コンコースイメージ
▲改札内コンコースイメージ

 川崎駅へのアクセス性の向上と既存の東西自由通路の混雑緩和、駅周辺の回遊性の向上などを図るため、川崎市と共同で北口自由通路等整備事業を進めています。
 駅においては北口自由通路の整備にあわせて改札・コンコース・バリアフリー設備等を整備します。
 整備に必要な用地は、線路上空に人工地盤を新たに構築します。なお、当社他で開発したSWORD工法を採用し、2017年1月に人工地盤構築作業を完了しました。
 また駅をご利用される方、地域・沿線にお住まいの方のさまざまなニーズにお応えできるよう、子育て支援施設、川崎市行政サービス施設を含む商業施設を設置します。

17新小岩駅南北自由通路整備

新小岩駅周辺地域の回遊性向上とお客さまの利便性向上を図ります

新小岩駅南北自由通路整備完成イメージ図
▲新小岩駅南北自由通路整備完成イメージ図

 新小岩駅は1日あたり約14万人の乗降人員があり、総武快速線と総武緩行線の2面4線のホームを有する駅となっています。これまで駅周辺の南北の往来は、駅近隣の都道を使用しておりましたが、既存改札内コンコースの東京寄りへ新たに自由通路を整備し、スロープによる段差解消及び駅周辺の一体性・回遊性を向上させます。
 また、自由通路整備に合わせて、北口・南口改札の統合、駅施設の集約、エレベータの整備を行うとともに、総武快速線へのホームドアの設置を進めてまいります。

18信越線新潟駅付近連続立体交差化

南北市街地の一体化と魅力的なまちづくりに貢献します

新潟駅付近の工事状況(2017年1月)
▲新潟駅付近の工事状況(2017年1月)

 新潟駅は、上越新幹線、信越本線、白新線、越後線が乗り入れ、1日あたり約7万3千人のお客さまが利用する信越エリアの主要ターミナル駅です。現在、新潟駅周辺は、踏切による交通渋滞の発生や、鉄道による南北市街地分断などにより土地の高度利用が図られていないことなどが課題となっています。
 このような課題を解決するため、新潟県および新潟市では、新潟駅周辺整備に取り組んでおり、新潟駅付近の信越本線、越後線、白新線2.5kmを高架化する連続立体交差事業を進めています。当社もこの事業に協力することで新潟駅周辺のまちづくりと地域の発展に貢献します。
 また、高架化にあわせて、新幹線と在来線を同一ホームで乗換を可能とする工事を行い、乗換時間の短縮を図ります。

ページの先頭へ