1. JR東日本トップ
  2. 企業・IR・採用
  3. 企業情報
  4. 進行中の建設プロジェクト
  5. 鉄道ネットワークの充実

進行中の建設プロジェクト

鉄道ネットワークの充実

01 中央快速線グリーン車導入

ホーム延伸等の設備改良を行ってグリーン車導入(12両化)を実現します

グリーン車サービスの展開イメージ
▲グリーン車サービスの展開イメージ

 着席サービスに対するニーズの高い中央線等では、サービス改善を目指し、中央快速線等に、新たに2階建てグリーン車2両を連結(12両化)します。これにより、首都圏の主要5方面(東海道、中央、東北、常磐、総武方面)すべてにグリーン車が導入されることとなります。
 グリーン車導入(12両化)区間の全44駅及び車両基地等において、ホームの延伸工事をはじめとした、12両での運行に必要な駅改良工事や線路改良・信号改良工事を行います。

02 相模鉄道・JR線直通化(相互直通化)

線路を新設し、相鉄・JRの直通運転を行います

相鉄・JR線直通化位置図
▲相鉄・JR線直通化位置図

相鉄・JR線直通化イメージ図
▲相鉄・JR線直通化イメージ図

 相鉄本線西谷駅から東海道貨物線横浜羽沢駅付近に連絡線(約2.7km)を新設することで、相鉄線とJR線の相互直通運転を行います。整備主体は独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構ですが、当社では、東海道貨物線横浜羽沢駅に接続する躯体工事および駅構内改修工事を行っています。
 この路線が整備されることにより、横浜市西部および神奈川県央部と東京都心部が直結し、広域鉄道ネットワークの形成されるとともに、所要時間の短縮や乗換回数が減少に寄与します。

ページの先頭へ