キハ100/110系

  • キハ100/110系

基本情報

形式 キハ100/110系
デビュー 1990年
最高速度 -
運行区間 八高線、磐越東線、陸羽東線、陸羽西線、奥羽本線、石巻線、気仙沼線、左沢線、北上線、大船渡線、釜石線、山田線、花輪線、大湊線、羽越本線、白新線、米坂線、磐越西線、只見線、小海線、飯山線

ローカル線のサービス改善を図るため、JR東日本が開発した気動車。車体の長さ、両運転台または片運転台などで多彩な車両があり、路線条件に応じて使われています。

電車並みの加速性能を持っているため、ローカル線のスピードアップに大きく寄与しました。車内はセミクロスシートが基本ですが、ロングシート、リクライニングシート、展望式の座席配置など、様々なバリエーションが存在します。