プレスリリースインデックスへ
JR東日本からのプレスリリースを年度別に掲載しています。(JR東日本広報部)
平成13年1月12日


ICカード出改札システムのモニターテストの実施について

JR東日本では、ICカード「Suica(スイカ)」を使った新しい出改札システムの2001年導入に向け準備を行っております。
これにさきがけ、2001年4月より埼京線において、一般公募による1万人規模のモニターテストを実施いたします。
次世代出改札システムで使用する非常に便利なICカード「Suica」をいち早く体験いただける貴重な機会です。是非とも多くの皆さまからのご応募をお待ちしております。

モニターテストの実施概要について
1 実施時期
2001年4月8日(日)〜7月8日(日)
2 実施線区
埼京線(恵比寿〜川越間 27駅)
※ 27駅には、一部山手線(原宿・代々木・新大久保・高田馬場・目白の5駅)・川越線(日進・指扇・南古谷・川越の4駅)も含みます。
3 募集人員
一般公募により10,000人
(内訳:Suica定期券モニター約8,500人、Suicaイオカードモニター約1,500人)
4 その他
(1) モニターテストの応募概要につきましては、[資料]を参照してください。
(2) ICカード出改札システムの本導入時期につきましては、2001年末を予定しておりますが、具体的日程につきましては、モニターテストの結果を踏まえて別途お知らせいたします。

本導入時のSuicaの主なサービス等の概要

本文へ戻る
JR東日本トップ各種お問い合わせJR東日本ウェブサイトのご利用にあたってサイトマップ
このページのトップへ戻る
Copyright © East Japan Railway Company