• フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大

岩手県「正法寺篇」

開山は南北朝時代。かつて曹洞宗・大本山の永平寺、總持寺に次ぐ第三本山と称された正法寺。法堂の茅葺屋根は、棟高約26m、面積720坪で日本最大級の規模を誇り、国の重要文化財に指定されています。
東北の宗教や文化の発展に大きな役割を果たし、今もなお厳しい修行寺としてひっそりと残る名刹。誰もが訪れる名所もいいけれど、知る人ぞ知る本物の貫禄に触れる旅へ、あなたも。

CMを視聴する

撮影地のご案内

  • 撮影地 イメージ
  • 撮影地 イメージ
  • 撮影地 イメージ
  • 撮影地 イメージ

「かやぶき日本一」ともいわれる、巨大な屋根が圧巻の「法堂」は、正法寺随一の大建築。秘仏本尊「如意輪観世音菩薩」が祀られており、朝晩の読経や、さまざまな法要が行われています。また、毎月第二第四土曜日に行われる「参禅会(坐禅会)」も自由に参加することができるので、貴重な体験をしに訪れてみてはいかがでしょうか。

関連情報

大梅拈華山 圓通 正法寺

大きい地図で見る

アクセス

正法寺へのアクセス

  1. 出発
    東京駅
  2. 東北新幹線
  3. 乗換
    一ノ関駅
  4. 東北本線
  5. 乗換
    水沢駅
  6. バス約25分
  7. 到着
    正法寺
  1. 出発
    東京駅
  2. 東北新幹線
  3. 乗換
    北上駅
  4. 東北本線
  5. 乗換
    水沢駅
  6. バス約25分
  7. 到着
    正法寺
  1. 出発
    東京駅
  2. 東北新幹線
  3. 乗換
    水沢江刺駅
  4. タクシー約15分
  5. 到着
    正法寺

※掲載している情報は2021年3月に掲載された情報です。最新情報をお調べのうえ、お出かけください。

大人の休日倶楽部 撮影地マップ 詳しく見る

おすすめのキャンペーン