MENU CLOSE

オフピーク定期券に関するよくあるご質問

    定期券の概要

  • なぜオフピーク定期券を新たに導入するのですか?
    コロナ禍を経て、これまで以上にお客さまの混雑への感度が高まっております。ピーク前後にシフトしてご利用いただく代わりに、通常の定期券より割安なオフピーク定期券という新たなサービスを提供することで、混雑緩和やご利用の平準化を実現し、お客さまのニーズに応えたいと考えています。
  • オフピーク定期券は現行の通勤定期券と何が違いますか?
    オフピーク定期券は平日朝のピーク時間帯以外に利用いただける割安なSuica通勤定期券です。対象駅に設定されているピーク時間帯に入場された場合は定期券が無効となり、IC普通運賃が必要となります。
  • オフピーク定期券は通常の通勤定期券と比べて、どの程度安いのでしょうか?
    2023年3月18日以降の通常の通勤定期券と比較して約10%程度、割安となります。

    定期券の購入

  • オフピーク定期券はどこで買えますか?
    既存のSuica通勤定期券と同様に、お客さまのモバイル端末(モバイルSuica)や首都圏Suicaエリア内にあるJR東日本の駅の指定席券売機、多機能券売機、みどりの窓口でお求めいただけます。※JR東日本以外の鉄道事業者では、お求めいただけません。
  • オフピーク定期券はいつから買えますか?
    2023年3月18日より、お客さまのモバイル端末(モバイルSuica)や首都圏Suicaエリア内にあるJR東日本の駅の指定席券売機、多機能券売機、みどりの窓口でお求めいただけます。
  • Suica定期券を利用していますが、同じSuicaを使用してオフピーク定期券を購入できますか?
    現在お使いのSuicaを使用して、オフピーク定期券をお求めいただけます。なお、現在お使いの通勤定期券の有効期限が残っている場合は、窓口でのお取扱いとなります。
  • 現在Suica通勤定期券を利用していますが、オフピーク定期券に変更することはできますか?
    現在お使いの通勤定期券に有効期間が残っている場合は、窓口において、定期券の区間の変更の取扱いに準じて、現在お使いの通勤定期券を払いもどしたうえで、新たにオフピーク定期券を発売します。この場合の払いもどし額は、発売額からすでにお使いになった旬数(10日を1旬とし、1旬に満たない日の端数は1旬とします)に定期運賃の日割額を10倍した額を乗じた額と手数料220円を差し引いた残額です。
    詳しくはこちら
    なお、現在お使いの通勤定期券の有効期間経過後は、お持ちのSuicaを使用してオフピーク定期券をお求めいただけます。
  • オフピーク定期券は継続購入できますか?
    通常の定期券と同様、使用開始日の14日前から継続購入が可能です。
    ※通常の定期券からオフピーク定期券への継続購入はできません。
    詳しくはこちら
  • オフピーク定期券には磁気券のタイプはありますか?
    磁気券のタイプはありません。オフピーク定期券はSuicaまたはお客さまのモバイル端末(モバイルSuica)でのみお求めいただけます。
  • 発着駅がオフピーク定期券の設定エリア内でも購入できないことはありますか?
    発着駅が設定エリア内であってもエリア外の区間を経由する場合や、Suica連絡定期券の発売範囲のうち、以下に該当する場合はお求めいただけませんので、通常の通勤定期券をお求めください。

    ・「JR線+連絡会社線+JR線+連絡会社線」のご利用形態となる場合。

    ・JR線と東武鉄道との通勤定期券で接続駅が北千住駅となるもの、または東京メトロ中野~北千住駅間もしくは中野~押上駅間を経由するものは、次に掲げる駅の相互間に完結しない場合。

    ※画像タップで拡大図を表示します。
  • オフピーク定期券はSuica以外の交通系ICカードでも購入できるのでしょうか?
    オフピーク定期券(連絡定期券を含む)につきましては、Suicaのみの取り扱いとなります。なお、モノレールSuica・りんかいSuicaをご使用いただくことはできません。
  • 他社線との連絡定期券でもオフピーク定期券は購入できますか?
    一部の区間を除き、JR区間がオフピーク定期券の設定エリア内完結となる場合については、連絡定期券としてお求めいただけます。お取り扱いできない一部の区間については、Q.10をご参照ください。
  • JR線以外の私鉄・地下鉄線だけを利用していますが、オフピーク定期券は購入できますか?
    購入できません。オフピーク定期券はJR線の設定エリア内を含む場合のみ購入が可能です。
  • 有効期間が6カ月となるオフピーク定期券を購入できますか?
    通常の定期券と同様、1カ月、3カ月、6カ月の3種類からお選びいただけます。
  • オフピーク定期券はどの区間でも購入できますか?
    東京の電車特定区間内相互発着となる場合のみ購入が可能です。
    発着駅のどちらかが東京の電車特定区間外の場合は、オフピーク定期券としてはお求めいただけません。
  • 小児用のオフピーク定期券の設定はありますか?
    小児用のオフピーク定期券 (通勤)も設定いたします。
  • 通学用のオフピーク定期券の設定はありますか?
    通学用のオフピーク定期券の設定はありません。
  • 「ビュー・スイカ」カード(Suica付きクレジットカード)にオフピーク定期券を発売することはできますか?
    「ビュー・スイカ」カードに対してもオフピーク定期券を発売いたします。なお、お取扱いは、多機能券売機のみとなります。

    定期券の効力

  • ピーク時間帯に使用したらどうなりますか?
    オフピーク定期券設定エリアの駅からピーク時間帯に入場した場合、JR区間の定期券は無効となり、別途IC普通運賃が必要となります。
    ※チャージ残額から精算します。
  • オフピーク定期券は土・日・祝日は定期券として使えますか?
    終日お使いいただけます。オフピーク定期券は平日朝のピーク時間帯以外にご利用が可能となります。なお、年末年始期間である12月30日~1月3日も終日ご利用が可能です。
  • 各駅のピーク時間帯はどのように確認すればよいですか?
    対象エリア内の駅につきましては、改札口周辺にピーク時間帯を記載したポスター等を掲出いたします。また各駅のピーク時間帯はWebサイトにてご案内しております。
    詳しくはこちら
  • ピーク時間帯は東京の電車特定区間内の駅のみに設定されるのでしょうか?
    東京の電車特定区間内の駅のほか、一部の私鉄·地下鉄線の駅でもピーク時間帯を設定します。詳細は下の一覧表をご参照ください。 ※画像タップで拡大図を表示します。
  • 亀有~(JR線)~北千住~(東京メトロ線)~西日暮里~(JR線)~池袋のような私鉄・地下鉄線乗り換えを含むオフピーク定期券で、亀有駅でオフピーク時間帯に入場し、私鉄・地下鉄線を経由し、西日暮里駅の乗り換え改札機でピーク時間帯に入場した場合は西日暮里~池袋間の定期券は有効でしょうか。
    オフピーク定期券はピーク時間帯が設定されている駅の入場ごとに判定いたします。この場合、亀有駅ではオフピーク時間帯に入場しているため、亀有~北千住間は定期券有効となります。しかしながら、西日暮里駅ではピーク時間帯に入場しているため、西日暮里~池袋間は定期券が無効となり、池袋駅で精算が必要となります。各駅の入場時間 (ピーク時間帯) をよくお確かめのうえ、ご利用ください。
  • 春日部~(東武線)~北千住~(JR線)~東京のようなピーク時間帯を設定する私鉄・地下鉄線経由のオフピーク定期券で、春日部駅でオフピーク時間帯に入場し、乗り換えの北千住駅で東武線の改札を出場し、ピーク時間帯にJR線の改札を入場した場合、北千住~東京間の定期券は有効でしょうか。
    オフピーク定期券はピーク時間帯が設定されている駅の入場ごとに判定いたします。この場合、春日部駅でオフピーク時間帯に入場しても、北千住駅での乗り換えで東武線の改札を出場すると、JR線の改札で再度入場判定を行います。北千住駅での入場がピーク時間帯の場合、北千住~東京間は定期券が無効となり、東京駅で精算が必要となります。(北千住駅で改札外に出場しないで乗り換える場合は、春日部駅での入場判定となります。)
  • 東京メトロ線上野駅における銀座線と日比谷線の乗り換えのように、乗り換えのために一旦改札口を出場しなければならない駅の場合、最初に入場した駅のピーク時間帯の判定により定期券効力の無効/有効を判断するのでしょうか?
    東京メトロ線内の乗り換え対象駅においては、途中出場し再入場した場合でも新たにピーク時間の判定は行いません。最初の入場駅のピーク時間帯の判定を引き継ぎます。ただし、乗り換え時間が60分を超えますと、再入場の際にピーク時間帯の判定を行います。
  • オフピーク定期券でピーク時間帯に利用した場合、自動改札機に何か表示されますか?
    ピーク時間帯と分かるよう、入場時の自動改札機のタッチ部付近にピーク入場した旨を表示いたします。また出場時も同様となります。
  • 首都圏Suica・PASMOエリア内の駅(オフピーク定期券の設定エリアを除く)から入場し、オフピーク定期券の設定エリア内の駅で下車した場合の精算方法はどうなりますか?(例:オフピーク定期券区間外の蘇我駅で入場し、東京駅で出場した場合)
    オフピーク定期券の設定エリア外の駅にはピーク時間帯は設定されていませんので、入場時にピーク時間帯の判定は行いません。定期券を有効とし、定期券の券面区間外のIC普通運賃が必要となります。
  • 東海道新幹線の停車駅が2駅以上含まれるオフピーク定期券は、新幹線区間は終日定期券として利用することはできますか?
    東海道新幹線も当社の新幹線と同じく、新幹線停車駅が2駅以上含まれるオフピーク定期券は、新幹線区間は終日定期券としてご利用することが可能です。(別途特急料金が必要となります)
  • オフピーク定期券でピーク時間帯以外に入場後、列車遅延により目的地に遅れて到着した場合、定期券は無効でしょうか?
    オフピーク定期券の入場時間帯の判定は、列車の運行状況の影響を受けにくい仕組みとなるよう「入場駅の自動改札機入場時間」を基準に実施いたします。これにより、入場時間がピーク時間帯以外であれば、入場したあとにご乗車になった列車に遅延等が生じた場合でも、そのまま定期券としてご利用が可能となります。
  • オフピーク定期券でピーク時間帯に入場後、列車遅延により到着が遅れた場合でも定期券は無効でしょうか?
    ピーク時間帯に入場後、列車の遅延により到着が遅れた場合は、特別な対応は行いません。(購入時にオフピーク定期券の商品についてご確認のうえ、お求めいただきます。)そのため、ピーク時間帯に入場した駅から出場する駅までのIC普通運賃が必要となります。
  • オフピーク連絡定期券利用で、他の交通機関の遅延等によりJR駅の入場がピーク時間帯となった場合でも、定期券は無効でしょうか?
    日常的な遅延により、乗継駅等でピーク時間帯に入場されたお客さまに対し、特別な対応は行いません。(購入時にオフピーク定期券の商品内容をご確認のうえ、お求めいただきます。)
    そのため、ピーク時間帯に入場した駅から出場する駅までのIC普通運賃が必要となります。

    定期券の変更・払戻

  • オフピーク定期券は使用開始後、通常の定期券に変更できますか?
    変更はできません。窓口において、定期券の区間の変更の取扱いに準じて、オフピーク定期券を払いもどしたうえで新たに通常の定期券を発売いたします。
    なお、この場合の払いもどし額は、発売額からすでにお使いになった旬数(10日を1旬とし、1旬に満たない日の端数は1旬とします)に定期運賃の日割額を10倍した額を乗じた額と手数料220円を差し引いた残額です。
    詳しくはこちら
  • オフピーク定期券は使用開始後、払いもどしはできますか?
    不要となった定期券は、有効期間が1ヵ月以上残っている場合に限って払いもどしいたします。この場合の払いもどし額は、発売額からすでにお使いになった月数分(1ヵ月に満たない日の端数は1ヵ月とします)の定期運賃と手数料220円を差し引いた残額です。

    その他

  • 輸送障害時等、ピーク時間帯に入場しなければならない場合はどうしたらよいでしょうか。
    振替輸送を伴わないような日常的な遅延により、乗継駅等でピーク時間帯を利用された場合のお客さまに対し、特別な対応は行いません。(購入時にオフピーク定期券の商品内容をご確認のうえ、お求めいただきます。)
    しかしながら、お客さまのオフピーク定期券面区間内(連絡会社線区間も含む)において、JR線(または連絡会社線)から連絡会社線(またはJR線)への振替輸送を伴うような輸送障害が発生した場合は、ピーク時間帯の利用であっても通常の定期券と同様に、振替輸送の対象といたします。
  • オフピーク連絡定期券利用時に輸送障害で振替輸送が実施された場合、振替輸送の対象となりますか?
    振替輸送が実施された場合、ピーク時間帯であっても定期券有効とし、振替輸送をご利用いただけます。ただしピーク時間帯に入場した後に振替輸送を実施した場合、出場駅までのIC普通運賃が必要となります。
    なお、振替輸送をご利用いただける範囲は、定期券の有効区間により異なりますので、ご注意ください。
  • オフピーク定期券をピーク時間帯に利用してIC運賃を支払った場合、Suicaの履歴印字にはどのように記載されますか?
    ピーク時間帯にご利用になりIC普通運賃をお支払いいただいた場合、履歴印字には運賃を収受した区間・金額のほか「P入」等のようにピーク時間帯に入場してご利用になったことが判別できるように記載されます。(入出場に自動改札機をご利用になった場合に限ります。) 詳しくはこちら
  • 東京の電車特定区間とは何ですか?
    首都圏エリアのうち、ご利用が特に多い線区・区間を総称しているものです。この区間内の駅を相互発着する場合、エリア外の運賃と比較して割安な運賃が適用されています。
    詳しくはこちら
  • オフピーク定期券の対象エリアはなぜ電車特定区間内相互発着だけに限定したのですか?
    お客さまのご利用状況等を踏まえ、対象エリアを決定いたしました。
  • オフピークポイントサービスとは異なるものですか?
    オフピークポイントサービスとは、平日の朝に、対象エリアの駅でポイント還元対象となる時間帯に、改札機を利用して入場した場合、毎月4回目までは5ポイント、5回目以降は25ポイントのJRE POINTを還元するサービスです。
    2023年4月よりオフピーク定期券導入に伴い、利用対象エリアを一部変更しています。
  • 駅のピーク時間帯に入場し、列車に乗車せず、同一駅の自動改札機で2時間以内に出場した場合、IC入場サービス(タッチでエキナカ)の料金の支払いが必要になりますか?
    ピーク時間帯に入場し、列車に乗車せず2時間以内に同一駅で出場される場合は、IC入場サービス(タッチでエキナカ)の料金が必要となります。
  • オフピーク定期券は自動改札機しか利用できないのでしょうか?
    ピーク時間帯は自動改札機で判定いたします。自動改札機をご利用できない等、特別なご事情がある場合には駅係員までお声がけください。
  • オフピーク定期券と通常のSuica通勤定期券との併用はできますか?
    2枚以上のSuica等の交通系ICカードを同時に使用することはできません。
TOPへ戻る