モバイルSuicaとは 安心・簡単・便利 利用開始までの流れ 利用方法 各種手続き

モバイルSuica トップ > 各種手続き > 機種変更


各種手続き



機種変更


モバイルSuicaでお使いの携帯情報端末を機種変更する場合、故障・修理に出される場合などは、携帯電話ショップ等のお手続きをする前に、モバイルSuicaの機種変更操作を行い、データを退避してください。
まず、携帯情報端末内の定期券やSF(電子マネー)残額などの情報を一時的にセンターサーバに移します。その後、携帯情報端末を購入してから、移してある情報を新しい携帯情報端末内に取り込むことで、以前と同様に「モバイルSuica」が利用できます。


ご注意事項



ケータイ/スマートフォン共通
機種変更手続きは改札の中へ入場した状態ではできません。


ケータイの場合
SMBCダイレクトのパスワードカードをご利用される場合、三井住友銀行のモバイルSuicaへの銀行チャージをご利用できません。
ウィルコムへ機種変更を行う場合、「銀行チャージ」「時刻乗換案内」はご利用できません。


スマートフォンの場合
「銀行チャージ」サービス(三井住友銀行)はご利用できません。
「時刻乗換案内」はご利用できません。




機種変更のイメージ図


機種変更のイメージ図


ページの先頭へ



機種変更手続き


旧携帯情報端末での操作


旧携帯情報端末での操作1 > 旧携帯情報端末での操作2 > 旧携帯情報端末での操作3
1.旧携帯情報端末を操作し、トップメニューから「7.会員メニュー」を選択します。 2.「携帯電話の機種変更」を選択します。 3.「1.機種変更する」を選択します。(この後、1〜3分の処理時間がかかります)
旧携帯情報端末での操作4
4.「1.終了する」を選択します。(この処理の後で、携帯電話ショップ等で携帯情報端末を旧機種から新機種へ取り替えてください)
(これで、1の手続が完了しました。)


ページの先頭へ


これより新機種側での操作


これより新機種側での操作1 > これより新機種側での操作2 > これより新機種側での操作3
5.モバイルSuicaアプリを起動し、「再発行・機種変更・仮会員登録済の方 」のログインへを選択します。 6.事前にアプリのダウンロードを済ませた携帯情報端末(新機種)を操作し、ログインします。 7.必要に応じて携帯電話情報を変更し、「初期設定する」を選択。
これより新機種側での操作4 これより新機種側での操作5
8.「1.実行する」を選択します。(この後、1〜3分の処理時間がかかります) 9.機種変更手続きがすべて完了します。
(これで、3の手続が完了しました。)

なお、JR東海の「EX-ICサービス」をモバイルSuicaで利用登録されている場合は、登録変更手続きが必要です。
モバイルSuicaアプリよりJR東海エクスプレスサイトへ接続し、エクスプレス予約用パスワードを入力後、画面にしたがって変更手続きを行ってください。


ページの先頭へ


ご注意




新しい携帯情報端末もモバイルSuica対応機種であることが必要です。



機種変更手続きがすべて完了した後、すぐに新しい携帯情報端末に切り替えた定期券やSF(電子マネー)が利用できます。



携帯電話会社間をまたがる機種変更にも対応しております。ただし、会員情報(携帯電話番号・携帯メールアドレス)の変更手続きも併せて必要となります。「会員情報変更」手続きを行ってください。
会員情報変更



万一、携帯情報端末を変更してしまった後で、モバイルSuicaの機種変更手続きを忘れていたことに気づいた場合は、速やかにモバイルSuicaコールセンターまでお電話ください。なお、この場合、再発行と同様の扱いとなり、手数料(510円)が必要となることがありますのでご了承ください。
モバイルSuicaコールセンター






ページの先頭へ


本文へ戻る
JR東日本トップ各種お問い合わせJR東日本ウェブサイトのご利用にあたってサイトマップ
このページのトップへ戻る
Copyright © East Japan Railway Company