研究開発
ここから本文です
研究開発セクション
JR東日本グループを取り巻く環境の変化に迅速・的確に対処するため、研究開発組織を集中・強化し、2001年12月にJR東日本研究開発センターを設立しました。JR東日本研究開発センターには、役割・使命に応じた6つの研究開発組織を配置し、有機的な連携を図って研究開発を進めています。
また、本社には技術企画部を設置し、研究開発の統括、計画策定、支援をするほか、技術企画部内に知的財産センターを設置し、特許や意匠などの知的財産権に関わる業務を行っています。

 
研究開発体制
■施設所在地
住所:〒331-8513 さいたま市北区日進町2丁目479番地
最寄駅:川越線日進駅
 
■施設規模
敷地総面積 : 31,097.71m2
(1,865.00m2
建築総面積 : 9,346.14m2
(905.79m2
延べ床面積 : 16,284.92m2
(1,015.97m2

うち( )内は分室(大宮総合車両センター内)の各面積

研究開発センター施設イメージ
■施設地図
 
施設地図
JR東日本トップ各種お問い合わせJR東日本ウェブサイトのご利用にあたってサイトマップ
このページのトップへ戻る
Copyright © East Japan Railway Company