1. JR東日本トップ
  2. 企業・IR・採用
  3. 企業情報
  4. 研究開発(R&D)

研究開発(R&D)

JR東日本は、会社発足以降、「技術サービス企業」としての確固たる基盤を確立し、持続的に成長していくため、鉄道システムにおける新たな価値・サービスの創造のための研究開発を推進してまいりました。

2016年11月に、少子高齢化などの社会環境やIoTやビッグデータ、AI等の技術の進展を見据え、時代を先取りした技術革新の実現に向け、「技術革新中長期ビジョン」を策定しました。

「技術革新中長期ビジョン」では、IoT、ビッグデータ、AI等を活用して、JR東日本グループが提供するサービスをお客さま視点で徹底的に見直し、従来の発想の枠を超えて「モビリティ革命」の実現を目指しています。

具体的には、「安全・安心」、「サービス&マーケティング」、「オペレーション&メンテナンス」、「エネルギー・環境」の4分野において、当社グループのあらゆる事業活動で得られたデータからAI等により新しい価値を生み出すことを目指しています。

その実現に向け、世界最先端の技術を取り入れるため更なるオープンイノベーションを推進し、モビリティ分野で革新的なサービスを提供し続ける「イノベーション・エコシステム」の構築を目指しています。

テクニカルレビュー 更新のお知らせ

2017年10月12日
テクニカルレビューNo.59 【特集:「安全・安心」を高める研究開発】を掲載しました
2017年3月28日
テクニカルレビューNo.58 【特集:JR-EAST Innovation 2016】を掲載しました
2017年3月16日
テクニカルレビューNo.57 【特集:新幹線の技術開発の取組み】を掲載しました
2017年2月20日
テクニカルレビューNo.56 【特集:進化する鉄道防災〜防災研究所10周年〜】を掲載しました
2016年10月3日
テクニカルレビューNo.55 【特集:鉄道におけるメンテナンス・サービスの技術革新】を掲載しました
2016年3月23日
テクニカルレビューNo.54 【特集:JR-EAST Innovation 2015】を掲載しました
2016年2月1日
テクニカルレビューNo.53 【特集:これからの鉄道システム】を掲載しました

プレスリリース/お知らせ

2017年度

2016年度

2015年度

2014年度

2013年度

2012年度

2011年度

2010年度

2009年度

2008年度

2007年度

2006年度

2005年度

2004年度

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。

Adobe Readerダウンロードへ

ページの先頭へ