東京感動線

新大久保から「新しい食文化」 と
「食を通じた新しいライフスタイル」 を提案
043

この記事をシェア

お気に入りに追加する

新大久保フードラボ(仮称)

交流
Scroll

新大久保駅に「食」に関わる交流拠点を開設します

新大久保駅は、山手線沿線でも特に「国際的」、「豊かな食」という個性を有しています。現在改良中の駅ビル3階・4階に、シェアダイニングとコワーキングスペースを備えた「食」に関わる交流拠点を開設し、食を通じた新しいライフスタイルを提案します。

新大久保から創発する、新たな食文化とライフスタイル

3階には、シェアダイニングを展開し、定期的に「食」のイベントを開催します。食材の生産者やシェフ・料理人と直接会える食事会や、食に関わる講座、フードロスなどの社会課題解決をテーマとしたワークショップ、ソーシャルダイニング(食のシェアリングサービス)などといった、食材や料理の背後にあるストーリーを感じるイベントを企画し、参加者同士や料理人など食のプロとの交流を生み出すことで、「食を通じた新しいライフスタイル」を実感できる「場」を提供します。

同時に、新しい食文化を創る「多国籍シェアダイニング」をコンセプトに、料理人が挑戦・成長できる「場」として、世界中から独立を目指す料理人を募集します。また、実際の店舗運営を独自の経営管理ITツールによってサポートすることで、時間帯によって、国籍や文化に捉われない複数の料理人が登場し、厨房・客席をシェアすることで、お客さまに様々な食体験を提供します。

4階では、グローバルコミュニティを基軸としたコワーキングスペース「多国籍多文化共創フードラボ」を展開します。
多様な食のプロプレイヤー(※)が集い、デスクワークができるほか、テストキッチンで即興的に調理・実験ができる環境を整備することで、食系のスタートアップを支援します。同時に、新大久保という多国籍タウンを活かし在日外国人に対する人材育成や起業支援プログラムの提供も行います。この場所で出会った異分野の方々の交流・共創や、海外のフードラボとの連携により、食の研究開発が進み、「新しい食文化」が創発されることを目指しています。

また、4階のコワーキングスペースで生まれた新しいレシピを、3階のシェアダイニングでお客さまに試験的に提供するなど、3階・4階は連動して「新しい食文化」を提案します。

※プロプレイヤー:シェフ、ライター、カメラマン、大学等の研究機関、起業家、生産者、食・健康・医療に関わるベンチャー、調理機器メーカー・食品メーカー等


運営会社

【イベント企画】(株)オレンジページ
『オレンジページ』などの雑誌出版とその読者による会員組織オレンジページメンバーズを有し、コミュニティサイトオレンジページサロンWEBの運営や体験型スタジオコトラボ(新橋・阿佐ヶ谷)での料理を中心としたイベント・講座を通して料理と暮らしのアイディアを提供しています。
HP:https://www.orangepage.net/

【多国籍シェアダイニング】(株)アスラボ
日本全国に「横丁」という事業を立ち上げ、 地域を盛り上げたい料理人に様々な「場」を提供するとともに、 ITの力で腕と志のある料理人の起業支援を運営。シェアキッチンのオペレーション及び料理人のリーシングに強みを持っています。
HP:https://asulabo.jp/

【「食」のコワーキングスペース】(株)CO&CO
札幌、京都、東京を拠点にグローバル教育事業、コワーキングスペース事業、シェアハウス事業など様々な事業を企画・運営しており、海外と日本のつながりの強い事業者になります。2019年8月にJR東日本の事業パートナーとして、シンガポールのビジネス中⼼部において、企業向けの交流プラットフォームとしたコワーキングスペース「One&Co」を運営しています。
HP:http://coandco.jp/

アクセス・施設概要

【所在地】新大久保駅

【用途・規模など】
規 模:3F約180㎡、4F約310㎡
用 途:3Fシェアダイニング
    4Fコワーキングスペース、テストキッチン
事業主:東日本旅客鉄道株式会社  
開業日:2020年夏(予定)