東京2020オリンピックに伴う
臨時列車について

2021年7月14日更新

このたび、政府や東京都、国際オリンピック委員会などの5者協議の決定を踏まえ、東京2020オリンピック期間中は以下の臨時列車を運転します。

競技会場に合わせた臨時列車

  • ・伊豆MTBコース(東海道線・伊東線)
    《運転日》7月26日.27日
    小田原駅 12時30分発→伊東駅 13時16分着、伊東駅 19時4分発→小田原駅 19時52分着
    (停車駅 小田原、熱海、伊東)
  • ・宮城スタジアム(東北本線・仙石線等)
    競技開催日に臨時列車を運転します。在来線の運転日・時刻は、こちらPDFが別ウインドウで開きますからご確認ください。
    会場からのお帰りの際のご案内についてはこちらPDFが別ウインドウで開きますからご確認ください。
    ※東北新幹線の臨時列車はありません。
  • ※福島あづま球場は無観客開催となりましたが、予定をしていた列車は通常の臨時列車として運転します。運転日・時刻はこちらPDFが別ウインドウで開きますからご確認ください。

各駅の詳細な時刻

臨時列車は各駅の時刻表ページでも確認できます

駅を検索(時刻表)

JR東日本 東京2020 オリンピック・パラリンピック スペシャルサイト(別ウインドウで開きます)