栃尾又温泉はどこか懐かしい佇まいをもつ湯治場だ。小さな集落に並ぶ3軒の宿が、天から授かった稀有な湯の恵みを古くから大切に共有してきた。

源泉の真上に湯殿をはった「霊泉したの湯」は、自在館をはじめこの3軒の宿の湯客が集う共同浴場。珍重される天然ラジウム泉がこんこんと湧き、生まれたての湯が贅沢にかけ流されている。源泉の温度はおよそ37度。このぬる湯に1時間2時間とじっくり浸かるのが、栃尾又伝来の「長湯」という入浴法だ。ラジウムには体の細胞を活性化し老廃物を排出するというデトックスのような働きがあるという。

自在館には貸切露天や内湯もあり、湯めぐりも楽しめる。

自在館の湯守

湯守 イメージ

星宗兵さん

温泉は自然そのもの、地球からの預かりです。
湯守の使命とは、温泉、それを取り巻く里山の自然環境がいつまでも変わらぬよう、見守り、共に生きてゆくことだと考えています。
この先、100年、200年と、この湯を求める方を変わらずにお迎えできる、そんな温泉でありたいと願います。

共同浴場「霊泉したの湯」  イメージ

「霊泉したの湯」(写真)、「霊泉うえの湯」、「おくの湯」は1日交代の男女別の風呂として利用可能

貸切露天風呂「うけづの湯」 イメージ

露天「うけづの湯」(写真)と内湯「うさぎの湯」「たぬきの湯」は24時間貸し切り利用が可能(無料)
※清掃時間はご利用になれません。

料理 イメージ

食事は健康に配慮した湯治食。写真は「一汁四菜コース」の食事例
※料理は季節によって変更になる場合があります。

温泉データ

  • 泉温: 約37度
  • 泉質: 単純放射能泉
  • 効能: 胃腸病・皮膚病・慢性婦人病(源泉での分析結果による)
  • 湧出量: 約140(リットル/分)
  • 風呂: 内湯(霊泉したの湯、霊泉うえの湯、おくの湯)・貸切内湯(たぬきの湯、うさぎの湯)・貸切露天(うけづの湯)
加水なし 加温あり 掛流し
  • ※一部の浴槽に、温度を保つため加温あり

アクセス

アクセス 地図

上越新幹線「浦佐駅」より、車で約30分。

  • ※浦佐駅より送迎あり
    (改札口を出て右側の待合室にてお待ちください)
    (迎え 13時30分頃、送り 12時頃、2日前までに要予約)

ツアー申込

栃尾又温泉 自在館

出発日:2019年10月1日〜2020年3月31日

ページの先頭へ