玉子湯のシンボルといえば、懐かしい風情の茅葺きの湯小屋。開湯は江戸時代初期と伝わるが、明治になってここに湯小屋が建てられ、多くの人々が湯治に訪れるようになったのだとか。創業当時の面影を残す湯小屋「玉子湯」では、時代を巻き戻したかのような、なんとも素朴な湯あみが楽しめる。

広々とした庭園には、ほかにも2つの野天岩風呂や女性専用露天風呂、足湯などが点在し、春から夏はまばゆい緑、秋は紅葉、冬は真綿のように降り積もる雪が、湯めぐりをいっそう情緒豊かなものにしてくれるだろう。いずれの湯船にも、自然のままに湧き出した真っ白い湯がたっぷりと満たされている。湯気とともにほんのり香るゆでたまごのような匂い。つるり、たまご肌をめざして、滞在中、思う存分湯めぐりを楽しみたい。

旅館 玉子湯の湯守

湯守 イメージ

後藤省一さん

たまごの香りの真っ白い源泉は、湧き出すまま、自然のままにご提供しています。広々とした庭園の四季折々の景観も楽しんでください。

茅葺き湯小屋「玉子湯」 イメージ

宿の創業は明治元年。
茅葺きの湯小屋「玉子湯」に往時の面影が残る

野天岩風呂 イメージ

野天岩風呂は「天翔の湯」と「天渓の湯」の2つ。男女交代で利用できる

温泉データ

  • 泉温: 約48度
  • 泉質: 酸性-含硫黄-カルシウム・ナトリウム-硫酸塩温泉
  • 効能: 神経痛・リウマチ・皮膚病・切傷(源泉での分析結果による)
  • 湧出量: 約230(リットル/分)
  • 風呂: 大浴場(男湯、女湯)・内湯(男湯、女湯)・湯小屋玉子湯(男湯、女湯)・野天岩風呂(天渓の湯、天翔の湯)・女性専用露天
加水なし 加温なし 掛流し

アクセス

アクセス 地図

秋田新幹線・東北新幹線・山形新幹線・奥羽本線・東北本線「福島駅」より、車で約30分。

  • ※福島駅西口より送迎あり(迎え 15時15分、送り 10時30分、2日前までに要予約)

ツアー申込

高湯温泉 旅館 玉子湯

出発日:2021年10月1日〜2022年3月30日

ページの先頭へ