青森県 酸ヶ湯温泉

おんせんりょかん

柱のない壮大な湯殿、
八甲田の自然にも癒やされる

酸ヶ湯温泉 イメージ

「ヒバ千人風呂」は混浴だが8時〜9時、20時〜21時が女性専用時間に。湯あみ着(別料金)の着用も可能

 酸ヶ湯温泉の代名詞ともいえる大浴場「ヒバ千人風呂」。「これだけの広さなのに、内部には柱が一本もないんですよ」と語るのは、湯守の大原のり子さんだ。八甲田の山深くに、この大きな湯殿が建てられたのは明治〜大正時代のこと。「のちに建て直しをする際には、外側にもう一回り大きな上屋を建てて、それから内側の建物を壊したと聞いています」と大原さんが教えてくれた。

 大きな湯殿で浸かる湯は、身も心ものびのびとして気持ちがいい。「ヒバ千人風呂」の広い空間に点在する湯船には、それぞれに異なる源泉が引かれている。対照的なのが「熱の湯」源泉と「四分六分の湯」源泉。「熱の湯」は湯上がり後に温もりが長く続き、一方の「四分六分の湯」は浸かっている時は熱く感じるものの、温もりの持続する時間が短い。夏の時期、湯上がり後のすっきり感を味わうなら「四分六分の湯」源泉がよさそうだ。

 包み込まれるような心地よさの湯を堪能したら、八甲田の自然を感じる散策もおすすめ。宿から車で10分ほどの睡蓮沼は、6月初旬のミズバショウに始まり、夏に向けてレンゲツツジやエゾヒツジグサが見頃に。宿から歩いていける地獄沼は紅葉の名所だが、初夏は新緑がすがすがしい。

宿 イメージ

宿は標高約900mの高地に立つ

夕食 イメージ

青森の郷土の味を楽しめる夕食

※料理は季節によって変更になる場合があります。

湯守 イメージ

【湯守】大原のり子さん

湯は自然にまかせたい。今は乳白色だが、もし透明になったらなったで、そのままやりたい。大仕事なのは、湯殿の維持。湯を抜き、床板をはがし、粘土をつめて、夜を徹してやります。

睡蓮沼 イメージ

八甲田連峰の眺めも美しい睡蓮沼。路線バスでもアクセスできる

※花の見頃は年により異なります。

●泉温:約50度 ●泉質:酸性・含硫黄・ナトリウムー硫酸塩泉(硫化水素型)
●効能:神経痛(源泉での分析結果による) ●湧出量:約110(リットル/分)
■風呂:大浴場「ヒバ千人風呂」(熱の湯・四分六分の湯・冷の湯・湯瀧)※混浴だが、8時〜9時・20時〜21時は女性専用
小浴場「玉の湯」(男湯、女湯)
  • ※大浴場に湯(沸かし湯)・上がり湯の設備(シャワー、カラン)はありません(真水の設備あり)。
  • 加水なし
  • 加温なし
  • 掛流し
酸ヶ湯温泉旅館
奥羽本線・津軽線「青森駅」より
十和田湖行き路線バスで約90分、
酸ヶ湯温泉下車、徒歩で約1分。
または八戸線・東北新幹線「八戸駅」
より車で約90分。
酸ヶ湯温泉旅館 イメージ
  • ※「青森駅(アウガ裏駐車場出入口)」より送迎あり
    (迎え14時、送り8時50分・12時30分、前日までに要予約[TEL])
地図 イメージ地図 イメージ

商品予約

1名様より予約可能

酸ヶ湯温泉 酸ヶ湯温泉旅館

「あっ!たま〜る地・温泉」スタンプラリーの対象は、「地・温泉」プランにて予約の場合に限りますのでご注意ください。

ご希望の日程(往復)からさがす

出発日
(往路)

帰着日
(復路)

検索する別ウインドウで開きます

<検索結果ページでの日付変更方法>
  1. ①プラン・列車選択画面右上の「全ての条件を変更して再検索する」ボタンをクリック
  2. ②宿泊地は選択せずに宿泊日及び列車乗車日を選択し検索ボタンをクリック

ご希望の日程からさがす

宿泊日

から1泊

※1泊での検索となりますので、2泊以上をご希望の場合は検索結果ページより変更をお願いいたします。

検索する別ウインドウで開きます

<検索結果ページでの日付・宿泊数変更方法>
  1. ①画面上部の「検索条件の確認・変更」ボタンをクリック
  2. ②「条件を変更して再検索する」ボタンをクリック
  3. ③宿泊地は選択せずに宿泊日・宿泊数を選択し、検索ボタンをクリック
ページの先頭へ