栃木県 塩原・元湯温泉

とう宿やど 元泉館げんせんかん

木漏れ日の中、
神秘のにごり湯を浴びる幸せ

秘湯の宿 元泉館 イメージ

赤川の瀬音が涼を誘う、「高尾の湯」渓流露天風呂

 個性豊かな温泉が点在し、泉質の宝庫とも呼ばれる塩原温泉郷。元泉館は、温泉街の中心から少し離れた赤川のほとりにあり、静かな環境でじっくり湯と向き合える宿だ。

 なにより注目したいのは、湯船に注がれるにごり湯の色。緑、白、グレー、黒……。季節や天候など、さまざまな条件で不思議なほどに色が変化するという。

 基本はにごり湯だが、まれに透明になることもあるとか。湯守の君島弘晃さんは、折々の湯の色をSNSなどで紹介。今ではお客様も、その日に出合う湯の色を楽しみに、宿へやってくるという。

 新緑まぶしい季節のおすすめは、渓流露天風呂だ。目の前を赤川が流れ、その向こうではナラやカエデがのびのびと枝葉を広げる。この日の湯は、木々の緑が溶け込んだようなグリーンの乳白色。たっぷり温まってほてった頬に、渓流をわたる風が気持ちいい。

 元泉館では飲泉も可能で、飲めば便秘や消化器系にもよいとか。朝食のおかゆは源泉で炊いており、朝湯のあとの胃にするりと収まるおいしさだ。

「邯鄲の湯」 イメージ

岩風呂「邯鄲の湯」は混浴だが女性専用時間がある

おかゆ イメージ

源泉で炊いたおかゆは、ほんのりと塩味

湯守 イメージ

【湯守】君島弘晃さん

当館の源泉は白、緑、黒など、さまざまな条件で湯の色が変わります。今日このときだけの湯との出合いをお楽しみください。

飲泉 イメージ

飲泉は1回に付きコップ3分の1ほどが目安

●泉温:約50度 ●泉質:含硫黄−ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩温泉(硫化水素型) ●効能:リウマチ・神経痛・切傷・胃腸病・婦人病(源泉での分析結果による) ●湧出量:約95(リットル/分)
■風呂:高尾の湯(内湯:男湯、女湯・露天:男湯、女湯)・宝の湯(男湯、女湯)・邯鄲の湯(混浴)
  • 加水あり
  • 加温あり
  • 掛流し
  • ※宝の湯は夏季に加水する場合あり
  • ※高尾の湯と邯鄲の湯は季節によって加温する場合あり
秘湯の宿 元泉館
秋田新幹線・東北新幹線・山形新幹線・
東北本線・宇都宮線・上野東京ライン
「那須塩原駅」西口より
塩原温泉行き路線バスで約65分、
塩原温泉バスターミナル下車後、車で約13分。
秘湯の宿 元泉館 イメージ
  • ※那須塩原〜塩原温泉行きの路線バスは14時10分発が最終となります
    (3月1日現在/時刻は変更となる場合があります)。それ以降は東北本線・宇都宮線・
    上野東京ライン「西那須野駅」発の路線バスをご利用ください
    (那須塩原〜西那須野間はお客様負担となります)。
  • ※塩原温泉バスターミナルより送迎あり(迎え15時18分、16時18分、送り9時30分、
    2日前までに要予約[TEL])
地図 イメージ地図 イメージ

商品予約びゅうトラベル

塩原・元湯温泉
秘湯の宿 元泉館

JR+宿泊

ご希望の日程(往復)からさがす

出発日
(往路)

帰着日
(復路)

検索する別ウインドウで開きます

<検索結果ページでの日付変更方法>
  1. ①プラン・列車選択画面右上の「全ての条件を変更して再検索する」ボタンをクリック
  2. ②宿泊地は選択せずに宿泊日及び列車乗車日を選択し検索ボタンをクリック
ページの先頭へ