大沢温泉は一軒宿ながら、その景観は独特だ。「地・温泉」で泊まるのは純和風の旅館棟・山水閣だが、この宿には、昔の旅籠を思わせる茅葺き屋根の菊水館(休業中)、湯治客のための自炊部が、豊沢川のほとりに並んでいる。3つの宿泊棟には、それぞれ個性的な湯があり、それらを湯めぐりするのが楽しい。大沢温泉のシンボルでもある「大沢の湯」は自炊部の混浴露天。山水閣にある「豊沢の湯」は、春〜秋まではガラス戸を開けた半露天となり、川を渡る風が心地よい。古くから湯治場として親しまれ、宮沢賢治もここの湯を愛した。朝になると、今も顔なじみの近隣住人が入浴にやってくる。東北ならではの素朴で温かい湯治文化を、大切に守り継いでいる宿である。

大沢温泉 山水閣の湯守

湯守 イメージ

高田貞一さん

温泉好きの若い方やビジネスの方、ご家族連れ、昔からの常連の方など、いろいろなお客様のご利用が増えてきました。
時代風景の異なった3館を歩きながら、湯めぐりを楽しんでいらっしゃるのを拝見すると、宿を続ける励みになります。

半露天風呂「豊沢の湯」 イメージ

秋の半露天風呂「豊沢の湯」
※冬季はガラス戸を閉めて内湯になります。

外観 イメージ

大沢温泉は豊沢川沿いに立つ一軒宿。冬、渓谷の雪景色を眺めて浸かる湯は格別

渓流側の客室 イメージ

渓流側の客室
※写真は客室の一例です。

温泉データ

  • 泉温: 約51度
  • 泉質: アルカリ性単純温泉
  • 効能: 関節痛・神経痛・慢性消化器系疾患(源泉での分析結果による)
  • 湧出量: 約700(リットル/分)
  • 風呂: 内湯(山水の湯、薬師の湯、豊沢の湯、家族風呂)・露天(山水の湯、大沢の湯、かわべの湯)
加水あり 加温なし 循環あり
  • ※山水の湯のみ温度を下げるため夏期に加水する場合あり
  • ※山水の湯と豊沢の湯は浴槽が大きいため、掛流しと循環を併用
  • ※かわべの湯は冬期の気温の低い日には使用できないことがあります。

アクセス

アクセス 地図

秋田新幹線・東北新幹線・釜石線「新花巻駅」より、車で約40分。

  • ※「新花巻駅」、釜石線・東北本線「花巻駅」より温泉組合の無料シャトルバスあり。時刻または予約については宿泊施設にお問い合わせください。
  • ※温泉組合の無料シャトルバスは他の旅館経由となるため、所要45分程度かかります。

ツアー申込

大沢温泉 山水閣
(新館)

出発日:2021年10月1日〜2022年3月30日

ページの先頭へ