長野県 野沢温泉

旅館りょかん

花をめぐり、湯に憩う、
信州野沢の古民家宿へ

奈良屋旅館 イメージ

檜の香りが心地よい男女別の内湯

 春から夏へ、野沢温泉街にほど近い高原では、山野草の可憐な花が順を追って咲き競う。雪解けの里に春を告げる福寿草から始まり、カタクリに桜。5月になれば、レモンイエローの野沢菜の花が、気持ちよさそうに風に揺れる。ブナの森も芽吹きを迎え、花と緑が輝く季節だ。

 「この辺りの山は、山菜が豊富です。野沢の源泉でゆがくと色鮮やかに、おいしく仕上がるんですよ」と話すのは奈良屋旅館の湯守、池田明子さん。

 奈良屋は小さな宿ながらも良質な自家源泉を持ち、鮮度のよい湯を落ち着いた環境で楽しめる。池田さんが日々整える硫黄泉は、やや熱めながらもやさしい湯心地。弱アルカリ性なので肌ざわりが思いのほかなめらかで、湯上がりの爽快感も格別だ。

 里山のごちそうがずらりと並ぶ夕食もお楽しみ。清流で育った清らかな味わいのイワナに、旬の山菜、地元・野沢の伝統料理。北信濃の豊かさがあふれる一品一品に、至福の晩さんとなる。

館内 イメージ

古民家ならではの温もりが漂う館内

伝統料理 イメージ

芋なますなど、野沢の伝統料理も楽しみ

※料理は季節によって変更になる場合があります。

湯守 イメージ

【湯守】池田明子さん

日々変化する天然の温泉は、熱めでもさらりとやわらかい肌ざわり。大地の恵みに心身をゆだねて、存分に湯浴みをお愉しみください。

野沢菜の花 イメージ

野沢菜の花の見頃は例年5月頃

●泉温:約83度 ●泉質:単純硫黄泉 ●効能:神経痛・筋肉痛・関節痛(源泉での分析結果による)
●湧出量:約119(リットル/分)
■風呂:内湯(男湯、女湯)・露天(男湯、女湯)
  • ※露天に真水・湯(沸かし湯)・上がり湯の設備(シャワー、カラン)はありません。
  • 加水なし
  • 加温なし
  • 掛流し
奈良屋旅館
北陸新幹線・飯山線「飯山駅」より
路線バスで約25分、
野沢温泉バス停下車、徒歩で約3分
奈良屋旅館 イメージ
地図 イメージ地図 イメージ

商品予約びゅうトラベル

野沢温泉 奈良屋旅館

JR+宿泊

ご希望の日程(往復)からさがす

出発日
(往路)

帰着日
(復路)

検索する別ウインドウで開きます

<検索結果ページでの日付変更方法>
  1. ①プラン・列車選択画面右上の「全ての条件を変更して再検索する」ボタンをクリック
  2. ②宿泊地は選択せずに宿泊日及び列車乗車日を選択し検索ボタンをクリック
ページの先頭へ