安達太良連峰の秀峰、鬼面山を背に、福島市街を一望する高台に野地温泉ホテルは白い姿を現す。明治元年(1868年)に湯治場として始まり、平成元年(1989年)に現在の近代的なホテルとして生まれ変わった。

湯治場の面影を今に伝えるのが、「千寿の湯」。木枠で仕切られた3つの湯船が並び、奥から順に温度が下げられており、ついつい長湯となる。地元の銘石、鮫川石を配した露天「鬼面の湯」、内湯と露天がひとつになった「天狗の湯」など、湯めぐりも楽しい。どの風呂も白濁した硫化水素泉で、肌にしっとりとなじむ。3時間ごとの男女入替制をとっているのも、うれしい心づかいだ。

野地温泉ホテルの湯守

女将 イメージ

小倉健司さん

四季折々の大自然の中、乳白色の温泉で、お客様に身も心も癒していただけるように、愛情をかけて湯を守っております。ぜひ、雲上の湯めぐりを肌で感じていただけたら幸いです。

「千寿の湯」 イメージ

「千寿の湯」は檜風呂で、湯温の異なる3つの湯船が並ぶ

「鬼面の湯」 イメージ

「鬼面の湯」(写真)、「天狗の湯」「千寿の湯」、は男女交代制で24時間入浴可能

温泉データ

  • 泉温: 約51度
  • 泉質: 硫化水素泉
  • 効能:皮膚疾患(源泉での分析結果による)
  • 湧出量: 約318(リットル/分)
  • 風呂: 内湯(千寿の湯、天狗の湯、剣の湯、扇の湯)・露天(鬼面の湯、羽衣の湯*)
加水あり 加温なし 掛流し
  • ※温度を下げるため加水あり。
  • *雪が多い時期は女性露天風呂「羽衣の湯」が利用できない場合がございます。詳しくは施設にお問い合わせください。

アクセス

アクセス 地図

秋田新幹線・東北新幹線・山形新幹線・奥羽本線・東北本線「福島駅」より、車で約50分。

  • ※福島駅西口より送迎あり。冬季期間にお車で来館される方は、必ず冬タイヤの装着をお願いいたします。また、山道の運転に不安がある場合は無料のシャトルバスのご利用をおすすめしております。(迎え13時30分、送り10時30分、2日前までに要予約)

ツアー申込

1名様より予約可能

野地温泉 野地温泉ホテル

出発日:2021年10月1日〜2022年3月30日

ページの先頭へ