新潟県 松之山温泉

ひなの宿やどちとせ

太古の海の記憶を持つ湯が、
里山に湧いている

ひなの宿ちとせ イメージ

露天「月見の湯」は男女時間交代制。浴槽に設けた仕切りで、熱めの湯とぬるめの湯に分かれている

 松之山温泉は、およそ1200万年という途方もない時間をかけて、育まれた湯だ。そのルーツは、地中深くに閉じ込められた古代の海水。長い眠りからようやく目覚めて、今この現代に湧いているという。地中で水分などと混じり合うことがなかったからか、温泉成分が濃いのが特徴。日本三大薬湯の一つとも称される。

 これからの季節は、露天「月見の湯」が気持ちいい。源泉はかなりの高温のため、湯船の温度もやや熱め。ほてった体を外気が冷ましてくれる露天なら、のんびりと湯を楽しめる。ふんわり立ち上る鉱物のような匂いに、この湯が地中で過ごした悠久の日々が思われる。塩分も濃厚だ。木枕に頭をあずけて力を抜くと、体が浮遊するような感覚は、海の水がルーツだからだろうか。

 松之山は、日本の里山の原風景が残る場所。「耕しながら、天へ近づく」といわれる棚田が点在し、清らかな雪解け水がブナの森を育む。蛙が鳴き、ホタルが乱舞する。豊かな自然が旅人を迎えてくれる。

貸切風呂 イメージ

貸切風呂は15時〜23時が予約制(別料金)、23時〜7時は自由に利用可能

「棚田鍋」 イメージ

夏の棚田をイメージした「棚田鍋」

※料理は季節によって変更になる場合があります。

湯守 イメージ

【湯守】柳一成さん

山が太古の海を抱えている。「ああ、なつかしい」という緩やかな時間こそ、かけがえのないもの。山あいの湯宿はそう考えます。

美人林 イメージ

ブナの立ち姿が美しい美人林。地元ガイドの案内で歩く「心美人ハイキング」が人気

※お問い合わせ
TEL.025-596-2114(松之山温泉合同会社まんま)

●泉温:約92度 ●泉質:塩化物泉・含ホウ酸食塩泉 ●効能:神経痛・リウマチ(源泉での分析結果による) ●湧出量:約150(リットル/分)
■風呂:大浴場(男湯、女湯)・露天(男湯、女湯、月見の湯)・貸切風呂
  • 加水あり
  • 加温なし
  • 循環あり
  • ※温度を下げるため加水あり
  • ※大浴場のみ掛流しと循環を併用
ひなの宿ちとせ
北越急行ほくほく線「まつだい駅」より
松之山温泉行き路線バスで約20分、
松之山温泉下車、徒歩で約2分。
ひなの宿ちとせ イメージ
  • ※「まつだい駅」(ふるさと会館前)より定時送迎あり
    (迎え 14時15分、16時10分、17時10分、送り 9時30分、10時20分、前日までに要予約)
地図 イメージ地図 イメージ

商品予約びゅうトラベル

1名様より予約可能

松之山温泉 ひなの宿ちとせ

JR+宿泊

ご希望の日程(往復)からさがす

出発日
(往路)

帰着日
(復路)

検索する別ウインドウで開きます

<検索結果ページでの日付変更方法>
  1. ①プラン・列車選択画面右上の「全ての条件を変更して再検索する」ボタンをクリック
  2. ②宿泊地は選択せずに宿泊日及び列車乗車日を選択し検索ボタンをクリック
ページの先頭へ