群馬県 草津温泉

大阪おおさかりょかん(中屋敷)

湯畑源泉から引かれた湯を
幻想的な洞窟風呂で浴びる

大阪屋旅館(中屋敷)  イメージ

屋外岩風呂「岩戸の湯」は13時〜0時の間1回40分、貸切利用ができる(別料金)。6時〜9時30分は男性専用となる

 江戸末期に創業した大阪屋旅館には、これまで多くの文人墨客が投宿した。独特な書体が味わい深い宿の看板文字を書いたのは俳人のかわひがしへきとうで、「実はあの字は酔った時に書かれたと伝え聞いております」と湯守の中澤広夫さん。ほかにも画家の前田せいそんによる外観のデッサンなど、さまざまな作品が宿には残っている。館内のギャラリーで宿にゆかりのある貴重な作品を堪能したい。

 大阪屋旅館では、草津温泉のシンボルである湯畑源泉を楽しめる。「湯畑源泉は成分のバランスが優れています。温泉の力で体の調子を整えていただきたいです」と湯守。“天下の名湯”を宿自慢の「岩戸の湯」で浴びよう。山肌を掘って造られたこの屋外岩風呂は、湯気がほのかな光に照らされて幻想的にゆらめく。毎分およそ4000ℓという他を圧倒する湯量で湧く湯畑源泉は、その豪快さとは裏腹に樋を伝って引かれるうちにほどよくもまれ、湯ざわりは思いのほかやさしい。この洞窟のような風呂で湯を浴びると、母の胎内で守られるような安堵感を覚える。

 地元の野菜や上州牛などの地の物に加え、全国から取り寄せる旬の食材で料理長が作る懐石料理も評判が高い。群馬県川場村の地酒をはじめ、厳選された日本酒(別料金)とともに味わうのも一興だ。

夕食 イメージ

山や海の幸を取り入れた夕食の懐石料理

※料理は季節によって変更になる場合があります。

ギャラリーコーナー イメージ

宿ゆかりの文人墨客の作品を展示するギャラリーコーナー

湯守 イメージ

【湯守】中澤広夫さん

明治政府に招かれたドイツ人医師・ベルツ博士を驚嘆させた効能。草津の湯守の歴史は、いわばその「湯の力」をどう生かし、伝えていくかの探究史でした。

「せがい出し梁造り」 イメージ

「せがい出し梁造り」と呼ばれる伝統の建築様式で建てられた建物。白壁に黒い梁が引き立つ

●泉温:約53度 ●泉質:酸性低張性高温泉 ●効能:神経痛・筋肉痛・リウマチ・皮膚病(源泉での分析結果による) ●湧出量:約4000(リットル/分)(湯畑源泉総量)
■風呂:君子の湯(内湯、露天)・白玉の湯(内湯、露天)・岩戸の湯
  • ※露天に真水・湯(沸かし湯)・上がり湯の設備(シャワー、カラン)はありません。
  • 加水あり
  • 加温なし
  • 掛流し
  • ※温度を下げるため加水あり
大阪屋旅館
吾妻線「長野原草津口駅」より
草津温泉行き路線バスで約25分、
終点下車、徒歩で約6分。
または北陸新幹線「軽井沢駅」より
草津温泉行き路線バスで約80分、
終点下車、徒歩で約6分。
大阪屋旅館 イメージ
  • ※草津温泉バスターミナルより送迎あり
    (迎え、送りとも8時〜20時、草津温泉バスターミナル到着時に連絡)
地図 イメージ地図 イメージ

商品予約

草津温泉 大阪屋旅館(中屋敷)

「あっ!たま〜る地・温泉」スタンプラリーの対象は、「地・温泉」プランにて予約の場合に限りますのでご注意ください。

ご希望の日程(往復)からさがす

出発日
(往路)

帰着日
(復路)

検索する別ウインドウで開きます

<検索結果ページでの日付変更方法>
  1. ①プラン・列車選択画面右上の「全ての条件を変更して再検索する」ボタンをクリック
  2. ②宿泊地は選択せずに宿泊日及び列車乗車日を選択し検索ボタンをクリック

ご希望の日程からさがす

宿泊日

から1泊

※1泊での検索となりますので、2泊以上をご希望の場合は検索結果ページより変更をお願いいたします。

検索する別ウインドウで開きます

<検索結果ページでの日付・宿泊数変更方法>
  1. ①画面上部の「検索条件の確認・変更」ボタンをクリック
  2. ②「条件を変更して再検索する」ボタンをクリック
  3. ③宿泊地は選択せずに宿泊日・宿泊数を選択し、検索ボタンをクリック
ページの先頭へ