山形県 肘折温泉

つたや肘折ひじおりホテル

カラコロと下駄の音も心地いい、
湯治場気分を肘折で

つたや肘折ホテル イメージ

本館の内湯「宝泉」(写真)は混浴。ほかに別館の内湯「聖」があり、こちらは男女別

※「宝泉」は改修工事のため、2024年5月上旬頃までご利用になれません。

 山形新幹線の新庄駅からバスで南を目指す。前方に霊峰・月山が近づいてくると、肘折温泉はまもなくだ。肘折は直径約2qのカルデラ(火山活動でできたくぼ地)に、すっぽりと収まる温泉郷。開湯は1200年以上前の平安期と伝わり、古くから出羽三山の山岳信仰にも関わりがあった。江戸時代以降は、庶民の湯治場として栄えてきたという。

 「目新しいものはありませんが、いいお湯はたっぷり湧いてますよ」と笑うのは、湯守の柿崎雄一さん。肘折の源泉には重曹成分が含まれており、余分な皮脂や角質を落とす美肌効果が期待できるとか。しかし、重曹泉を浴びすぎると潤いまで落としてしまう懸念も。「肘折の源泉には塩分もたっぷり含まれています。これが潤いや温もりを保ってくれるので、非常にバランスがいいんです」と柿崎さん。湯船に引かれるのは、透明でさっぱりとした感触の自家源泉と、湯の花が濃厚な共同源泉。湯守の手で絶妙にブレンドされた湯に、身も心もほぐれてゆく。

 ほどよく温もった体で温泉街をそぞろ歩けば、伝統のこけしを扱う土産物屋や角打ちのできる酒屋など、懐かしい風情の商店が並ぶ。お湯だけじゃなく、人の温もりもまた肘折ならではの魅力なのだ。

山菜 イメージ

雪深い肘折は山菜の宝庫。夕食も楽しみ

※料理は季節によって変更になる場合があります。

肘折温泉街 イメージ

肘折温泉街はどこか懐かしい雰囲気

湯守 イメージ

【湯守】柿崎雄一さん

湯治場ならではの、人と人のふれあいが色濃く残っているところが肘折の魅力です。
素朴な温泉ですが、のんびりしていってください。

温泉街 イメージ

温泉街の恒例イベント「ひじおりの灯別ウインドウで開きます」は夏期(7月・8月)と、秋期(9月・10月)の2回開催予定

■宝泉(小) ●泉温:約31度 ●湧出量:約60(リットル/分)
■宝泉(大)・聖 ●泉温:約60度〜88度 ●湧出量:約1350(リットル/分)(共同源泉総量) ●泉質:ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩温泉 ●効能:神経痛・リウマチ・胃腸病・皮膚病(源泉での分析結果による)
  • ※宝泉に真水・湯(沸かし湯)・上がり湯の設備(シャワー、カラン)はありません。
  • 加水あり
  • 加温あり
  • 掛流し
  • ※宝泉(大)と聖は温度を下げるため加水あり
  • ※宝泉(小)は熱交換方式による加温あり
  • ※「宝泉」は改修工事のため、2024年5月上旬頃までご利用になれません。
つたや肘折ホテル
山形新幹線・奥羽本線・陸羽西線・
陸羽東線「新庄駅」より車で約40分。
または「新庄駅」より「肘折ゆけむりライン」(村営バス)で約55分、肘折温泉第二停留所下車、徒歩約3分。
つたや肘折ホテル イメージ
地図 イメージ地図 イメージ

商品予約

肘折温泉 つたや肘折ホテル

「あっ!たま〜る地・温泉」スタンプラリーの対象は、「地・温泉」プランにて予約の場合に限りますのでご注意ください。

ご希望の日程(往復)からさがす

出発日
(往路)

帰着日
(復路)

検索する別ウインドウで開きます

<検索結果ページでの日付変更方法>
  1. ①プラン・列車選択画面右上の「全ての条件を変更して再検索する」ボタンをクリック
  2. ②宿泊地は選択せずに宿泊日及び列車乗車日を選択し検索ボタンをクリック

ご希望の日程からさがす

宿泊日

から1泊

※1泊での検索となりますので、2泊以上をご希望の場合は検索結果ページより変更をお願いいたします。

検索する別ウインドウで開きます

<検索結果ページでの日付・宿泊数変更方法>
  1. ①画面上部の「検索条件の確認・変更」ボタンをクリック
  2. ②「条件を変更して再検索する」ボタンをクリック
  3. ③宿泊地は選択せずに宿泊日・宿泊数を選択し、検索ボタンをクリック
ページの先頭へ