秋田県 泥湯温泉

奥山旅館おくやまりょかん

秋田の秘湯の大露天。
本日の湯味も極上なり

奥山旅館 イメージ

広い湯船でのびのびと湯浴みができる大露天風呂 ※4月下旬頃まで冬季閉鎖

 泥湯温泉があるのは、秋田県の南部。栗駒国定公園の豊かな自然が囲む小さな温泉地だ。少し車を走らせれば、小安峡温泉や秋の宮温泉郷があり、一帯は名湯・秘湯が点在する湯の桃源郷ともいえる。

 大正時代の創業から110年を数える奥山旅館の魅力は、何より源泉の多彩さだろう。使用する3本の源泉は、鉄分が豊富な薄にごり湯、じんわり染み入るような灰青色の湯、やわらかでなめらかな乳白色の湯と、それぞれが個性的。これらをブレンドすることなく、浴槽ごとにかけ流しているのだ。

 冬の間、積雪のために閉鎖している大露天は、4月下旬頃から待ちに待った露天開き。広い湯船には、ひときわ美しい乳白色の湯が満たされており、やわらかな湯の中で体がゆっくりとほぐれてゆく。ほてった体に吹く風は爽快で、山肌の新緑が目にまぶしい。

 古民家の建材を使った館内はくつろげる雰囲気で、ロビーには地元・秋田の曲木家具の椅子が並ぶ。夕食時のランチョンマットや箸・箸置きは、秋田のかわつら漆器。湯守は地元の伝統や工芸品も大切にしているのだ。

混浴露天や内湯 イメージ

館内の混浴露天や内湯は鉄分の多い源泉

ロビー  イメージ

曲木家具の椅子とテーブルが並ぶロビー

湯守 イメージ

【湯守】奥山晃弘さん

泥湯温泉の開湯は、およそ1200年前といわれています。こんこんと湧く湯の恵みに感謝し、これからも大切に守っていきたいと思います。大地の恵みである「泥の湯」を、ぜひ肌で感じてみてください。

泥湯温泉 イメージ

泥湯温泉は山に囲まれた盆地のような場所に湧く

●泉温:約74度 ●泉質:硫黄温泉、硫黄温泉・硫化水素型、単純温泉 ●効能:リウマチ、神経痛、冷え性、末梢循環障害など(源泉での分析結果による) ●湧出量:測定不能
■風呂:大露天風呂(男湯、女湯)・混浴露天風呂・女性専用露天風呂・内湯(男湯、女湯)
  • ※大露天に真水・湯(沸かし湯)・上がり湯の設備(シャワー、カラン)はありません。混浴露天、女性専用露天は内湯に併設。
  • 加水あり
  • 加温なし
  • 掛流し
  • ※季節によって温度を下げるため加水する場合あり
  • ※大露天風呂は4月下旬頃まで冬季閉鎖。
奥山旅館
奥羽本線 「湯沢駅」より
車で約50分。
奥山旅館 イメージ
  • ※湯沢駅からは「こまちシャトル〈運行:(株)湯沢タクシー〉」
    (有料、おとな・こども共片道2,000円)をご利用ください(前日16時までに要予約)。
地図 イメージ地図 イメージ

商品予約びゅうトラベル

泥湯温泉 奥山旅館

JR+宿泊

ご希望の日程(往復)からさがす

出発日
(往路)

帰着日
(復路)

検索する別ウインドウで開きます

<検索結果ページでの日付変更方法>
  1. ①プラン・列車選択画面右上の「全ての条件を変更して再検索する」ボタンをクリック
  2. ②宿泊地は選択せずに宿泊日及び列車乗車日を選択し検索ボタンをクリック
ページの先頭へ