業務紹介−業務フィールド−

東京電気システム開発工事事務所は、お客さまを乗せた列車を安全かつ安定的に運行するため、JR東日本の電気設備のエンジニアとして、計画・設計・施工を行っています。

エネルギー

電車や駅等には、大量の電力を安全かつ安定的に供給する設備が必要です。
発変電設備や電車線設備、負荷設備の新設・更新等を行っています。

エネルギー イメージ

発電

発電 画像

当社所有の川崎火力発電所では、当社で使用する電力の約3割を供給し、安定した鉄道輸送サービスを支えています。電力供給のさらなる安定と環境負荷低減を目指し、当事務所では火力発電所の更新を実施しています。

エネルギー(発電)の主要プロジェクトへ

送電線

送電線 画像

当社の自営発電所の電力を変電所へ供給する全長1200kmに及ぶ送電線網があります。
当事務所では、特別高圧ケーブルの新設や計画的な更新を行っています。

エネルギー(送電線)の主要プロジェクトへ

変電

変電 画像

特別高圧の電気を、使用する負荷にあわせた電気に変換する変電所設備。
電車には直流1,500V、または交流20,000V、交流25,000Vの電力を供給。また、駅や信号、踏切にも、主に交流6,600Vの電力を供給しています。
当事務所では、変電所の新設や計画的な更新を行っています。

エネルギー(変電)の主要プロジェクトへ

電車線(架線)

電車線(架線) 画像

電車を動かす電力を渡す役目の電車線。変電所から送り出された電力は電車の屋根についているパンタグラフを通して電車へ供給されています。
当事務所では、電路設備の簡素・統合化や新幹線電化柱の耐震補強等工事を行っています。

エネルギー(電車線(架線))の主要プロジェクトへ

配電(電灯電力)

配電(電灯電力) 画像

駅の照明・時刻行き先を表示する発車標・エレベータ・空調機・信号通信設備などを動かすための電力を供給しています。
当事務所では、駅電力設備の改良や配電所の更新等を行っています。

エネルギー(配電(電灯電力))の主要プロジェクトへ

ページの先頭へ戻る

列車制御
システム

列車の安全安定輸送に欠かせない列車制御システム。
列車同士の衝突や脱線等が無いようにするため、フェールセーフの思想を取り入れた装置構成をしています。

列車制御システム イメージ

信号システム

信号システム 画像

当社の新幹線・在来線には列車の安全運行を司る装置として、信号機やポイント等を制御する装置(連動装置)や自動列車停止装置(ATS)や自動列車制御装置(ATC)、踏切その他の信号設備が多数あります。
当事務所では、駅改良に合わせた信号設備取替や新しい信号システムの導入等の工事を行っています。

列車制御(信号システム)の主要プロジェクトへ

運行管理システム

運行管理システム 画像

当社では、一日12,000本以上の列車が運行されています。これらの列車の安定輸送を支える運行管理システムとして東京圏では東京圏輸送管理システム(ATOS)、新幹線では新幹線輸送総合システム(COSMOS)が導入されています。
当事務所ではこれらの運行管理システムの新規拡大、更新工事の計画・設計・施工を行っています。

列車制御(運行管理システム)の主要プロジェクトへ

ページの先頭へ戻る

情報通信

指令員と乗務員をつなぐ列車無線や防災情報(風速計や地震計等)を把握する設備、お客さまへ情報提供するための設備、JR東日本管内の情報網を支える設備等があり、これらの新設や更新を行っています。

情報通信 イメージ

通信ネットワーク

通信ネットワーク 画像

当社の自営ネットワークとして通信インフラの基盤となっているのがJR-IPNetです。気象情報や地震等の情報を収集して運転規制判定を行い、指令員や列車乗務員に伝達する防災情報システム(プレダス)のほか、お客さまや社員等に様々な情報やサービスを提供するための各種システムの通信ネットワークとして利用されています。

列車無線

列車無線 画像

移動中の列車乗務員と輸送指令室指令員との間をつなぐのが列車無線です。近年デジタル列車無線の導入を進めており、音声のみだけで無く、乗務員への情報伝達や、お客さまへの案内提供等のデータ通信も可能となりました。

情報通信の主要プロジェクトへ

ページの先頭へ戻る

鉄道事務

建設工事にかかわる総務業務全般を行い、業務のスムーズな運営を支えています。
年間数百億円もの契約・決算を行なうほか、人事・人材育成・厚生業務等を行う総務職のエキスパート集団です。

総務

総務 画像

総務職には企画、総務・厚生、人事、人材育成、税務・財産、経理・会計、契約・用地の業務があります。事務所内の事務サポートや職場環境の整備をはじめ、福利厚生、人事、採用、技術力向上のための研修計画の策定・運営、事務所内の予算・決算管理、建設工事プロジェクトの契約手続き、社外との協議など多岐にわたって業務を行っています。

ページの先頭へ戻る