旅市 地元発。とれたての感動! 現地発着プラン

南東北エリア

2名様より

温泉城下町かみのやま 歴史・食探訪

ガイド付

上山城のイメージ

上山城

城下町から宿場町へ、お国ことばの
ガイドも楽しい、かみのやま散歩。

「羽州の名城」と呼ばれた上山城を中心に、城下町の面影と湯の町風情が同居するかみのやま温泉。かつての城跡や武家屋敷を散策したら、貸切タクシーで楢下宿へ。江戸期に参勤交代や出羽三山の参詣でにぎわった宿場では、お国ことばも素朴なガイドが待っている!

パッケージコード/R27983677-20O5

取消料1
◆料金/
1名様9,600円(おとな・こども同額)
◆設定期間/
2020年1月13日(月・祝)~3月10日(火)
※除外日:毎週水曜日
◆集合/
かみのやま温泉観光案内所(11:05集合)
◆解散/
かみのやま温泉観光案内所(15:30頃解散)

ツアー行程表

約4時間20分(11:10頃~15:30頃)
  • C :徒歩
  • D :貸切タクシー
  1. ガイド付 かみのやま温泉観光案内所集合 11:05 ※11:10出発  C 
  2. 城下町散策※1 (上山城・武家屋敷・湯町) 約70分 C 
  3. 市内(自由昼食等)※2 約55分 C 
  4. かみのやま温泉観光案内所※3 D 
  5. 楢下宿散策※4 約50分 D 
  6. こんにゃく番所 約20分 D 
  7. かみのやま温泉観光案内所にて解散※5 15:30頃
  • ※1 ガイドがご案内いたします。
  • ※2 昼食は自由昼食(各自負担)となります。ガイドは昼食場所には同行いたしません。
  • ※3 食事がお済みになりましたら、お客さま自身で観光案内所までお戻りください。タクシーがお待ちしています。
  • ※4 タクシー降車場所でガイドがお待ちしております。
  • ※5 到着場所はかみのやま温泉内の宿泊先へ変更可能です。当日ドライバーへお申し出ください。
  • ※降雪が予想されますので、暖かい服装と歩きやすい靴でご参加ください。
  1. コースのポイント1
    城下町のなごりを感じる
    街並みをぶらり散策
    武家屋敷のイメージ

    上山城の城下町でもあるかみのやま温泉。復元された天守の内部は郷土資料館になっている。周辺には4軒の武家屋敷も現存。江戸期の面影を残す町を現地ガイドと歩こう。
    ※上山城は外観のみの見学となります。

  2. コースのポイント2
    当時は珍しかった
    西洋風のアーチ橋が今も!
    眼鏡橋とガイドのイメージ

    楢下宿は羽州街道の宿場町で、江戸時代には数々の藩が参勤交代でここを利用した。町にある古い橋は明治時代の建築。当時は珍しい西洋風の石橋はおすすめのフォトスポットだ。

  3. コースのポイント3
    藩主も泊まった旅籠、
    楢下宿の庄内屋へ
    庄内屋のイメージ

    楢下宿の宿のひとつ庄内屋は、秋田佐竹藩や庄内藩が宿泊した場所。古きよき佇まいに、当時の旅籠の様子が色濃く残る。楢下宿のガイドによる素朴なお国ことばでの案内も魅力だ。

  4. コースのポイント4
    こんにゃく専門店で
    おみやげ探し?!
    こんにゃく番所のイメージ

    楢下宿でこんにゃく専門店を営む「こんにゃく番所」。山形は玉こんにゃくが有名だが、ここは驚くほどに種類が豊富。ラ・フランス風味のデザート系やキムチこんにゃくなど、珍しいものがいっぱい!

お申込みの注意事項
  • 料金に含まれるもの/ガイド料、貸切タクシー代
  • 料金に含まれないもの/食事代、ご自宅から集合(解散)場所までの交通費
  • 所要時間/約4時間20分(11:10頃~15:30頃)
  • 日数/日帰り
  • 最少催行人員/2名 ※2名様以上でお申し込みください。

 ※ガイドの指定はできません。

旅行企画・実施

株式会社びゅうトラベルサービス 観光庁長官登録 旅行業第1135号 東京都墨田区錦糸3-2-1

ツアーに関するお問い合わせ・お電話でのお申込

びゅう予約センター:
ナビダイヤル[Tel 0570-04-8928](市内通話料でOK) 携帯電話・PHS・IP・ひかり電話からは [Tel 03-3843-2001
営業時間  平日 9:30~18:00/土休日 10:00~18:00(※年末年始休業)

販売:
株式会社びゅうトラベルサービス

東京都墨田区錦糸3-2-1 観光庁長官登録 旅行業第1135号
びゅう予約センター 東京都台東区上野7-1-1
総合旅行業務取扱管理者 清水ちづる

「温泉城下町かみのやま 歴史・食探訪」のお申込みはこちら ※2名様以上よりお申し込みいただけます。(別ウィンドウが開きます)