旅市 地元発。とれたての感動! 現地発着プラン

北東北・函館エリア

2名様より

佐竹北家伝承 御狩場焼と角館武家屋敷めぐり

旅市ガイド付

秋の角館武家屋敷のイメージ

秋の角館武家屋敷

画像提供:田沢湖・角館観光協会

どこを切り取っても絵になる町、角館。
みちのくの小京都をのんびり歩こう。

みちのくの小京都・角館は江戸時代の武家屋敷が多く残り、まるで映画のセットのよう。黒板塀が続くしっとりとした町並みは、秋の紅葉、冬の雪景色など、思わず写真におさめたくなる美しさだ。ガイドの案内で武家屋敷内部を見学し、地元の味覚も楽しもう!

パッケージコード/R27912322-00O7

取消料1
◆料金/
1名様 おとな7,200円※こどもの設定はありません。
◆設定期間/
2019年10月1日(火)~2020年3月31日(火)
※除外日:12/28~1/3
◆集合/
仙北市観光情報センター「角館駅前蔵」(11:45集合)
◆解散/
角館駅(16:00頃解散)

ツアー行程表

約4時間10分(11:50頃~16:00頃)
  • C :徒歩
  1. 旅市ガイド付 仙北市観光情報センター「角館駅前蔵」集合 11:45 ※11:50出発 C 
  2. しちべぇ(御狩場焼の昼食) C 
  3. 武家屋敷通り入口 C 
  4. 石黒家(見学) C 
  5. 青柳家(見学) C 
  6. 角館樺細工伝承館(見学) C 
  7. 角館駅にて解散 16:00 頃
  • ※ 11:45までに仙北市観光情報センター「角館駅前蔵」にご集合ください。旅市ガイドがお待ちしております。
  1. コースのポイント1
    佐竹北家ゆかりの
    「御狩場焼」の昼食を
    昼食のイメージ

    藩政時代に佐竹北家が治めた城下町・角館。昼食でいただく「御狩場焼」は、佐竹北家のご当主が狩りの際に獲物をその場で食べたことに由来する。山椒味噌をからめていただくのがポイント。

  2. コースのポイント2
    藩政時代の面影が残る
    武家屋敷の内部へ
    石黒家当主のイメージ

    角館といえば武家屋敷。ここでは2軒の武家屋敷を見学する。石黒家は今も子孫が暮らしており、座敷にあがって話を聞くのも興味深い。青柳家では代々受け継がれる武具や美術品の展示も必見。

  3. コースのポイント3
    熟練の技も見事な
    角館の伝統工芸・樺細工
    樺細工のイメージ

    ヤマザクラの樹皮を薄く削って作る伝統工芸品・樺細工。角館樺細工伝承館では職人の実演や、デザインも多彩な樺細工製品の展示を見ることができる。

  • ※ 紅葉の見頃は年によって異なります。
お申込みの注意事項
  • 料金に含まれるもの/ガイド料、昼食代、入館料
  • 料金に含まれないもの/ご自宅から集合(解散)場所までの交通費
  • 所要時間/約4時間10分(11:50頃~16:00頃)
  • 日数/日帰り
  • 最少催行人員/2名 ※2名様以上でお申し込みください。

 ※ガイドの指定はできません。

旅行企画・実施

株式会社びゅうトラベルサービス 観光庁長官登録 旅行業第1135号 東京都墨田区錦糸3-2-1

ツアーに関するお問い合わせ・お電話でのお申込

びゅう予約センター:
ナビダイヤル[Tel 0570-04-8928](市内通話料でOK) 携帯電話・PHS・IP・ひかり電話からは [Tel 03-3843-2001
営業時間  平日 9:30~18:00/土休日 10:00~18:00(※年末年始休業)

販売:
株式会社びゅうトラベルサービス

東京都墨田区錦糸3-2-1 観光庁長官登録 旅行業第1135号
びゅう予約センター 東京都台東区上野7-1-1
総合旅行業務取扱管理者 清水ちづる

「佐竹北家伝承 御狩場焼と角館武家屋敷めぐり」のお申込みはこちら ※2名様以上よりお申し込みいただけます。(別ウィンドウが開きます)