1. JR東日本新卒採用情報トップ
  2. 社員紹介
  3. 列車制御システム・エネルギー・情報通信/松本 真吾
社員紹介

プロフェッショナル採用社員紹介

※2019年卒向けの情報です。
「鉄道の神経」と呼べる信号システムの保守管理を通じ、お客さまの安全に貢献する。
列車制御システム・
エネルギー・情報通信

「鉄道の神経」と呼べる
信号システムの保守管理を通じ、
お客さまの安全に貢献する。

松本 真吾 SHINGO MATSUMOTO 2006年 入社

入社からこれまで
CAREER

  • 2006年/入社1年目
    仙台支社
    仙台信号通信技術センター

    信号設備設計科にて踏切改良工事設計などを担当

  • 2009年/入社4年目
    仙台支社
    仙台信号通信技術センター

    米沢メンテナンスセンターにて奥羽本線・米坂線の信号設備のメンテナンス、工事監督などを担当

  • 2013年/入社8年目
    仙台支社 設備部

    信号通信課にて信号通信指令として信号設備監視や設備故障時の復旧対応などを担当

  • 2015年/入社10年目
    仙台支社 設備部

    信号通信課にて保全計画、修繕工事発注、信号設備の管理業務などを担当

  • 2016年/入社11年目〜
    仙台支社
    郡山信号通信技術センター

    信号設備管理科にて信号設備の管理、修繕工事発注などを担当

志望動機

私がJR東日本を志望した理由は、鉄道という公共性が高く、地域との繋がりも深い責任ある仕事で自分が学んできた知識・技術を活かして「技術のプロ」として働いてみたいという思いが強くあったからです。地域社会へ貢献したいという思いもあり、鉄道事業、生活サービス事業、IT・Suica事業など幅広い事業を展開していたJR東日本に魅力を感じ志望しました。

現在取り組んでいる仕事

私が所属している郡山信号通信技術センターは福島県全域を保守エリアとして東北新幹線・東北本線・奥羽本線・磐越東線・磐越西線・水郡線の踏切保安装置やATS、駅の信号機・転てつ器を制御する連動装置などの信号システムのメンテナンスを行っています。日々、保守・検査・工事を行って列車がいつも安全で安定した走行ができるようにしたり、設備が壊れたときには現場にかけつけ、復旧作業を行っています。最新システムのメンテナンスから地域と密接にかかわる踏切保安装置まで「信号」の仕事はお客さまを目的地まで安全にお届けする生命線です。鉄道システムの「神経」ともいえる信号システムのメンテナンスを担当し、お客さまから信頼され安心してご利用できるようにしています。

1週間のスケジュール
1WEEK SCHEDULE

月曜日 グループミーティング
火曜日 現場測量・調査
水曜日 設計図書作成
木曜日 メーカー・パートナー会社と打ち合わせ
金曜日 検査・機器取替
土曜日 子供と河原で遊ぶ
日曜日 家族でお出かけ

印象に残っている仕事

入社6年目で米沢メンテナンスセンターに所属していたときに東日本大震災が発生しました。運行中の列車はすべて止まり、保守していたエリアの設備点検・復旧作業をすることになりました。列車が走行しない線路を見ていつ運転再開できるのかと不安を感じたことを覚えています。しかし系統や職責を越えて社員が一丸となって災害に立ち向かい、震災発生から20日後に山形新幹線福島〜新庄間で運転を再開したときにはJR東日本の団結力の強さと企業の底力を感じました。こうした災害を経験したことで、より安全で、メンテナンス性に優れた設備の開発・導入に挑むようになりました。自分が鉄道を支えているという思いがこの仕事の醍醐味であると感じています。

チャレンジしたいこと・
夢・ビジョン

私はこれまで現場・指令・支社と各部署で異なる経験を積んできました。さまざまな仕事を経験し、究極の安全と技術継承など新たに挑戦することの大切さを仕事を通じて感じてきたので、今後は技術開発・省メンテナンス化を実現するために挑戦したいです。そして先人の方々が築きあげてきた安全・技術・経験を引き継ぎ、魅力ある信号システムを築き安全・安定輸送を守り抜いていきたいです。

入社してわかった
JR東日本の魅力

学生時代の私は鉄道会社は安全・安定輸送の実現のため現状維持を大前提にしていると思っていました。しかし入社後に感じたことはつねに新しいことに挑戦し、社会環境の変化に柔軟に対応する前向きな企業風土だということです。私も若いうちから重要な仕事を任せられて働く喜びや達成感を味わうことでさらに上をめざしてチャレンジしていくことができました。若手社員を育成するプログラムや研修が充実し若いうちから挑戦できる環境があることで自分を成長させてくれることも魅力です。

学生へのメッセージ

自分は何がやりたいのか、どの企業が良いのか悩むと思いますが、まずはどんなことにもチャレンジしてみてください。チャレンジすることで自分がしたいこと、将来どんな自分になりたいかが見えてきます。就職活動は本当に大変だと思いますが会社を選ぶだけではなく、自分自身を成長させてくれる企業・フィールドに出会えるように就職活動を頑張ってください。

OFF SHOT

休日の過ごし方と、趣味・特技を教えてください。

休日は、子供と一緒に近くの河原で遊んでいます。散歩したり自転車練習をしたり、芝生でソリを楽しんでいます。

長女と自転車練習をしているところ