1. JR東日本新卒採用情報トップ
  2. 社員紹介
  3. 技術職(機械)/池上 成彦
社員紹介

社員紹介

池上 成彦
技術職(機械)
機械
エリア職

すべてのお客さまが
安全に鉄道を利用できるよう、
パートナー会社との信頼を強めていく。

池上 成彦 NARUHIKO IKEGAMI 2014年 入社

入社からこれまで
CAREER

  • 2014年/入社1年目〜
    東京支社 東京機械技術センター

    品質技術科にて駅にあるエレベーターやエスカレーターなどの維持管理業務を担当

志望動機

大学時代に通学で使用していた駅にはエスカレーター、エレベーターが設置されておらず、お年寄りやお身体の不自由な方が苦労をしている姿をよく見ることがありました。当たり前にある設備でも無ければお年寄りやお身体の不自由な方など困る方がいるということを感じ、多くの人が利用するJR東日本という場で駅の利便性を向上させる仕事に大きな魅力を感じました。

現在取り組んでいる仕事

東京機械技術センターでは約7000台の機械設備を維持管理しています。具体的にはエレベーターやエスカレーター、駅の待合室などに設置されている空調機、車両をきれいにする車両洗浄装置や乗り心地をよくするために必要な車輪旋盤などを安全に低コストで稼働させ続ける方法を考える仕事です。私が特に力を入れて取り組んでいることは、お身体の不自由な方などが「必要なときに間違いなくエレベーターを使用できるように備える」といった目に見えないお客さまサービスを提供し続けるため、点検結果や部品交換周期など設備の状態を把握し、パートナー会社と協力して機械設備の安全・安定稼働に繋げています。

印象に残っている仕事

私たちとパートナー会社の安全を守るため、まず機械設備を知ることが大変でした。管理している機械の数は約7000台と多く、多種多様な機械設備があります。品質技術科ではパートナー会社が機械設備の点検をする際に、事前に安全な作業ができるのか打ち合わせを行います。機械設備の設置場所や責任者としての役割がほとんどわからず話が進まなかったことがありました。そこで機械の構造などについては社内の通信研修で勉強したり、積極的に現地に行き現場を見る機会を作りました。実際の現場では夏場に「木や草が生い茂り列車から作業員が見えない」など、現場でなければわからない問題があると知るとともに安全管理について学ぶことができました。

チャレンジしたいこと・
夢・ビジョン

私が所属する品質技術科ではさまざまな機械を日々保守管理し、良好な機械設備の提供をしています。 そのなかで経験したことを活かし将来は昇降機の設置工事を担当したいです。鉄道を利用するお客さまにとってご利用しやすい設備を自分なりに考え、より良い設備環境作りを通してすべてのお客さまに安心を提供したいです。

入社してわかった
JR東日本の魅力

仕事をしていくうえでの教育体制がしっかりしている点です。会社でさまざまな研修が用意されており、知識を幅広く得られるとともに業務にすぐに取り組むことができます。また職場内でも教育担当が決められており、入社したばかりで不安な時期も教育担当含め周りの先輩方がフォローしてくれます。現場第一線の技術開発という取組みがあり、自分のアイデアで新しい物作りもできます。

学生へのメッセージ

入社してみてJR東日本ではさまざまな業務を行っており、また優しい先輩が多いと感じます。いろいろな業界・仕事があり迷ってしまうと思いますが、だからこそ活躍のフィールドが多いJR東日本を選んでみても良いと思います。わからないことがたくさんあると思いますのでぜひいろいろなことを会社説明会で聞き出してください!

OFF SHOT

休日の過ごし方と、趣味・特技を教えてください。

映画と旅行が好きで、雨の日にはよく借りてきた映画を見たり、ゆっくりとした時間を過ごすのが好きです。また旅行では社会人になり行動の幅も広がったことで、行ったことのない場所や景色を楽しんでいます。職場の方々とも一緒に登山や釣りなど行くこともあり、充実した休日を過ごしています。

職場の方々と富士登山に行き、初めてのご来光を見ることができました。