1. JR東日本新卒採用情報トップ
  2. 社員紹介
  3. 技術職(電気)/佐々木 耕二郎
社員紹介

社員紹介

佐々木 耕二郎
技術職(電気)
列車制御システム
総合職

現場の視点を大切にし、
働く社員に対しても
優しい設備をつくっていく。

佐々木 耕二郎 KOJIRO SASAKI 2002年 入社

入社からこれまで
CAREER

  • 2002年/入社1年目
    東京電気システム開発工事事務所

    信号システム・首都圏で信号システムの工事設計を担当

  • 2003年/入社2年目
    東京電気システム開発工事事務所

    新宿電気工事区で中央線の基本構造を改良する工事の工事監督を担当

  • 2006年/入社5年目
    東京電気システム開発工事事務所

    信号基本構造改良連立化で中央線の高架化工事における信号システムの工事設計を担当

  • 2010年/入社9年目
    東京電気システム開発工事事務所

    工事管理室で工事計画書作成・予算工程管理を担当

  • 2011年/入社10年目
    東京電気システム開発工事事務所

    立川電気システム工事区で中央線の高架化工事における工事監督を担当

  • 2013年/入社12年目
    東京電気システム開発工事事務所

    総務課で人材育成計画・研修を担当

  • 2015年/入社14年目
    東京電気システム開発工事事務所

    中央線へのグリーン車導入工事における信号システムの改良にむけた工事設計を担当

  • 2016年/入社15年目
    電気ネットワーク部 工事計画グループ

    列車制御システム・情報通信の設備投資計画・工事計画を担当

  • 2018年/入社17年目〜
    新潟支社 新潟信号通信技術センター

    設備保守 職場のマネジメントを担当

志望動機

ヨーロッパ旅行で、各都市の古代ローマ帝国時代のインフラの完成度の高さに驚きました。その後、インフラが国や社会発展に与える影響などを学んでいくうちに、首都圏や地方との鉄道ネットワークがもつJR東日本のポテンシャルに魅力を感じ、鉄道インフラにかかわることで社会に広く貢献したいと考えるようになりました。

現在取り組んでいる仕事

信号通信技術センターには列車を安全に走らせる「列車制御システム」と「情報通信」設備があり、それらをメンテナンスする重要な役割を担っています。列車の安全・安定輸送を維持するため、設備の検査・修繕・更新や設備故障の迅速な復旧を行っております。鉄道の安全・安定輸送を着実にレベルアップさせるために設備がどうあるべきかを、現場社員の気づきや視点を大事にして考えることが大切です。これからも設備強化や設備数の削減を確実に推進しながら故障に強くメンテナンスしやすい設備を追求し、働く社員に対しても優しい設備となるよう取り組んでいきます。

印象に残っている仕事

入社4年目から担当した中央線の高架化工事における信号システムの工事設計の仕事です。高架化工事は、土木・線路・建築・列車制御システム・情報通信・エネルギーなどさまざまな仕事の担当者と打ち合わせや現場を確認しながら進めますが、いずれの担当も同世代の若手が多く、これほどの工事を若手に任せてくれるということに驚きを覚えました。失敗できないというプレッシャーはありましたが、任せられたことで会社や地域のお客さまの期待をより肌で感じることができ、必ず安全にそしてお客さまにご迷惑をかけることなく期限までに完成させるんだという使命感に満ちていました。今でも、完成して最初の列車が走り終わったときの感動と達成感が心に残っています。

チャレンジしたいこと・
夢・ビジョン

鉄道は常に社会のニーズに適応し、日本社会の変化にも対応できるものでなくてはなりません。私は、これまでの建設工事部門のキャリアと現在のメンテナンス部門で経験を活かし、さらなる安全・安定輸送を目指した列車制御システム・情報通信設備の抜本的なシステムチェンジの推進に挑戦したいと思います。

入社してわかった
JR東日本の魅力

JR東日本は絶えず進化し続ける会社です。正直入社後17年間で、鉄道の技術革新、Suica、国際事業の展開や駅やまちづくりなどがここまで進化するとは全く思っていませんでした。この社会の変化を前向きにとらえ挑戦し続けるエネルギーがあることが、JR東日本の大きな魅力だと思います。

学生へのメッセージ

就職活動を進める中では、多くの会社の人と話す機会があると思います。一期一会かもしれませんが、そのとき会って話した人のことは、今でも鮮明に覚えております。是非、受け身の気持ちではなく、さまざまな会社で働いている人と直接話ができる機会を楽しんでしまおうという前向きな気持ちで臨んでいただければと思います。

OFF SHOT

休日の過ごし方と、趣味・特技を教えてください。

JR東日本には交響楽団に入社とともに入団し、定例の合奏練習や個人練習を通じて趣味のバイオリンを演奏しています。音楽でつながったさまざまな職種の人と幅広く交流することができ、新たな発想に気づいたり気分転換にもなります。しっかり頭をリフレッシュし、明日の仕事にしっかりと備えます。

JR東日本交響楽団の定期演奏会のリハーサル