1. JR東日本新卒採用情報トップ
  2. 社員紹介
  3. 事務職(IT)・技術職(IT)/小松 瑠実
社員紹介

社員紹介

小松 瑠実
事務職(IT)・
技術職(IT)

IT
総合職

データの利用価値を高め、
お客さまへのサービス提供を支援する。

小松 瑠実 RUMI KOMATSU 2013年 入社

入社からこれまで
CAREER

  • 2013年/入社1年目
    八王子支社 三鷹車両センター

    車両メンテナンス全般を担当

  • 2014年/入社2年目
    八王子支社 豊田運輸区

    車掌として中央快速線にて乗務

  • 2015年/入社3年目
    東京支社 運輸車両部

    東京総合指令室にて輸送指令として中央線の運行管理を担当

  • 2016年/入社4年目
    (株)JR東日本情報システム 出向

    車両管理システムの開発運用を担当

  • 2018年/入社6年目
    本社 IT・Suica事業本部

    情報ビジネスセンターにてデータ分析を担当

  • 2018年/入社6年目〜
    本社 技術イノベーション推進本部

    情報ビジネス戦略グループにてデータ分析を担当

志望動機

学生時代は、公共事業体における災害時の対応体制や情報処理の過程について研究をしており、社会インフラ機能を継続するにあたって情報システムの活用は重要だと感じていました。その経験から、鉄道という社会インフラを支える企業であり、Suicaの開発などICT活用に積極的に取り組んでいるJR東日本に魅力を感じ志望しました。

現在取り組んでいる仕事

JR東日本グループをご利用いただいているお客さまにより良いサービスを提供することを目的に、Suicaにかかわるデータを中心にデータ分析をしています。発行枚数7,000万枚を超えるSuicaのデータからは、移動に関する情報、購買に関する情報などを読み取ることができます。これらを統計処理し、お客さまの移動傾向や店舗利用状況などを「感覚」ではなく「データ」で可視化することで、輸送サービスをはじめ、生活サービス、IT・Suicaサービスなど当社のさまざまな領域における業務の改善を推進しています。データの利用価値を高め、お客さまへのサービス提供を支援するという重要な役割を数名のメンバーで担っており、その中の一人として日々やりがいを感じながら業務に取り組んでいます。

印象に残っている仕事

印象に残っている仕事は東京総合指令室での輸送指令業務です。輸送指令は日々の列車運行を管理し、輸送障害が発生した際にはその事象の対応と運転整理を行い列車の遅れを回復させます。私は運転整理の核となるダイヤの計画担当に挑戦したく、上司や先輩に相談し、指令経験は周りより浅い中で計画担当を任せていただくことになりました。はじめは指示・計画が思うようにできず苦労しましたが、運転整理の訓練を続け、ある人身事故が発生した際に周りに助けられながらも運転整理を無事終えることができました。自らの計画が当社の輸送サービスに直結するという責任ある仕事をチームで乗り越え、自分自身もそのような仕事に挑戦することで成長することができた経験でした。

チャレンジしたいこと・
夢・ビジョン

社内にはSuicaデータのほか、列車運行に関するデータや設備メンテナンスに関するデータなどさまざまなデータが存在しています。また、AIなどの発展で分析手段も高度化してきています。これらのデータ、手段を最大限に活用し、当社およびJR東日本グループの業務改善を推進していくことで、データ利活用の文化を根付かせていきたいと考えています。

入社してわかった
JR東日本の魅力

輸送サービスという基盤の上に生活サービスやIT・Suicaサービスなどさまざまなサービスを展開しているため、人も仕事も多種多様である点です。仕事をしていく中で新しい視点・発見を多く感じながら成長できる企業だと思います。実際に今所属しているグループのメンバーも皆異なる仕事を経験してきた社員で、それぞれの仕事の視点・知識を共有することができ非常に勉強になっています。

学生へのメッセージ

お客さまの生活スタイルをダイレクトに変え、それを目に見えて実感することができる点が当社での仕事の一番の面白みだと思います。特にITはどんな仕事にも関わりがあり、ITを活用して当社が社会に与えるインパクトは非常に大きいと感じています。ぜひ当社で一緒にお客さまの生活スタイルの変革にチャレンジしませんか。

OFF SHOT

休日の過ごし方と、趣味・特技を教えてください。

休日は国内外問わず旅行をすることが多いです。国内は北は北海道、南は沖縄まで、綺麗な景色と美味しいご飯を求めて旅に行きます。国外は日本では見ることができないような壮大な自然や街に訪れることでリフレッシュしています。現地の人とコミュニケーションをとって楽しむことも旅の醍醐味の一つです。

モロッコ・シャウエンでの一枚。「青い街」と言われる理由は諸説あるようですが、旅行はその土地の歴史などを知る機会にもなり勉強になります。