1. JR東日本新卒採用情報トップ
  2. 社員紹介
  3. 事務職(事務)/川味 剛大
社員紹介

社員紹介

川味 剛大
事務職(事務)
共通
総合職

鉄道サービス向上のため、
社会に自分の仕事を発信し
影響を与える

川味 剛大 TAKEHIRO KAWAMI 2011年 入社

入社からこれまで
CAREER

  • 2011年/入社1年目
    高崎支社 高崎駅

    在来線・新幹線改札でのお客さまのご案内や精算など、改札業務を担当

  • 2012年/入社2年目
    高崎支社 籠原運輸区

    車掌として高崎線、湘南新宿ラインを中心に乗務

  • 2013年/入社3年目
    高崎支社 総務部

    人事課にて社員の改善活動支援などを担当

  • 2014年/入社4年目
    高崎支社 籠原運輸区

    運転士として高崎線、湘南新宿ラインを中心に乗務

  • 2015年/入社5年目
    高崎支社 営業部

    企画課にて営業制度や販売機器の管理、整備を担当

  • 2016/入社6年目
    本社 サービス品質改革部

    マナー向上の啓発活動、帰宅困難者対策、会議運営などを担当

志望動機

大学時代にアメリカンフットボールをしていた経験から、異なる専門性をもったチームが、協力して同じ目標に取り組むことにやりがいを感じていました。JR東日本は非常に多くの部門がありながら、お客さまのために会社全体で一丸となってさまざまな施策に取り組むところや、大きなフィールドで仕事ができることに魅力を感じ志望しました。

現在取り組んでいる仕事

サービス品質改革部では、「顧客満足度 鉄道業界 No.1」を達成するため、輸送品質の向上やお客さまに優しい鉄道サービスの実現のための施策を行っています。そのなかで私は、全てのお客さまに安心して快適にJR東日本をご利用いただくため、お客さまの駅・車内でのマナー向上のための啓発活動を担当しています。お客さまから頂くご意見や社会の動向、ときには法令の改正なども注視しながら啓発内容を定め、お客さま向けの広告物を作成したり、駅・車内での案内放送の設定や啓発イベントの企画などを行っています。行政やほかの鉄道事業者、関連する業界の企業・団体と連携することも多く、社内外と連携しながら日々業務に励んでいます。

印象に残っている仕事

駅構内での歩きスマホによるお客さまのお怪我を防止するためのキャンペーンを担当したことです。より多くのお客さまに歩きスマホの危険性を認識していただきたいと考え、それまでJR東日本と携帯事業者が連携して実施していたキャンペーンを、全国の鉄道事業者にもご協力いただくようにしました。各社の担当者や広告会社とともにポスターや動画を作成したり、プレス資料や社員周知用資料の作成、キックオフイベントの企画といった多岐に渡る業務に限られた時間の中で取り組みました。多くの関係者の意見を取り纏め形にすることは苦労もありましたが、自分の仕事が社会に発信されニュースや記事になっていくことに、影響力の大きさややりがいを強く感じました。

チャレンジしたいこと・
夢・ビジョン

私はこれまで現場や企画部門にて、お客さまと直接接する仕事を担当してきました。現場ではシステムやルールを整備し管理することも大切ですが、何よりも社員一人ひとりがやりがいを感じながら、自ら考えて業務に取り組むことが重要だと感じています。今後は現場の管理者となり、社員の教育や育成にチャレンジしたいと考えています。

入社してわかった
JR東日本の魅力

JR東日本では日々多くのお客さまからさまざまなご意見、ご要望を頂戴しますが、こうしたお声を受けての改善には、企画部門だけでなく現場でも取り組める仕組みが整っています。自分がやりたいことや改善したいと思うことに、新入社員のころからチャレンジでき、若いうちから責任感をもって仕事に取り組める環境が一番の魅力だと感じています。

学生へのメッセージ

働く業界ごとに特色があるように、鉄道会社にもそれぞれに特色があります。使命感や責任感をもって仕事をしたい方、好奇心が旺盛でさまざまなことにチャレンジしたい方、広いフィールドで仕事をしたい方は、当社に向いていると思います。大変なことも多いと思いますが、みなさんの就職活動が悔いのないものとなることを願っています。

OFF SHOT

休日の過ごし方と、趣味・特技を教えてください。

休日は趣味の自転車に乗ったり、スポーツ観戦をしています。まとまった休みには家族や友人と旅行へ行くことが多いです。特に海外旅行が好きで、昨年は新婚旅行でキューバに行きました。異なる文化や環境に触れ、その土地ならではの体験をすることで、仕事にも良い刺激をもらっています。

カナダで犬ぞりに乗った際の写真。マイナス30度を超える寒さの中、凍った湖の上での貴重な体験でした。